★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 1026.html
 ★阿修羅♪
【韓国紙】日本公務員社会がすでに安倍政権に背を向け、内閣支持率は現在の30%台から10%台に落ちる可能性もある。
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1026.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 8 月 01 日 10:47:29: 4sIKljvd9SgGs
 

荒波の安倍号、どこへ…(下) 3つのシナリオ

29日の参議院選挙で惨敗した安倍晋三日本首相はひとまず‘退陣論’の火を消すことに成功した。しかし安倍首相の前途は一寸先も見えない闇だ。日本政界では安倍首相の将来について3つのシナリオを想定している。共通しているのは「いかなる形態であれ日本の政治に地殻変動が起きる」という点だ。

◆安倍退陣後、新首相で早期総選挙実施=安倍首相は9月中旬に内閣改造をする予定だった。

しかし安倍首相の‘退陣拒否’は世論の猛烈な非難を受けている。こうした雰囲気を考慮して安倍首相は計画を操り上げ、早ければ今月中旬、遅くともメルケル独首相の訪日行事が終わった直後の来月1日ごろ、内閣改造に踏み切る可能性が高まっている。

問題はこの時からだ。新しく任命された閣僚に対するメディアの‘魔女狩り’式検証が行われるのは明らかだ。

一方、安倍政権の人物検証能力は大きく落ちる。小泉純一郎前首相時は35年間にわたり彼を補佐した飯島勳秘書官が長い間構築した警察・情報・マスコミ界人脈を総動員し、徹底した事前検証を行った。それで閣僚スキャンダルは5年半の任期中1件もなかった。しかし安倍首相の周辺にはそれに相当する人物がいない。

また日本公務員社会がすでに安倍政権に背を向け、‘機密情報’をメディアに流す可能性も高い。この場合、内閣支持率は現在の30%台から10%台に落ちる可能性もある。こうなれば安倍首相が該当閣僚を更迭する線では収拾がつかない。結局、安倍首相が退いて新しい首相が‘救援’で登場し、衆議院解散、総選挙実施に向かうしかないということだ。

現在、政局を傍観している大多数の自民党議員が予想または‘期待’しているシナリオだ。自身の政治生命がかかる与党の衆院議員の間では、すでに「‘安倍看板’で総選挙を行えば百戦百敗」という共感が形成されている。直接安倍首相を引き下ろすことはできないが、‘外部の力’で自然に退陣する状況を待っているのだ。

◆政局反転後、来年初め総選挙実施=参議院で野党に主導権を奪われた安倍政権は、内閣改造で政治家だけでなく、財界・文化界などさまざまな分野の斬新な人物を迎え入れる公算が大きい。小泉前首相が好んだ‘サプライズ’手法だ。

その後、安倍首相は11月1日に期限を迎える「テロ対策特別措置法」をめぐり民主党と‘勝負’するとみられる。テロ対策特別措置法は、アフガニスタンなどで日本の海上自衛隊が対テロ活動をする根拠になる法案だ。

しかし参議院を掌握した民主党の小沢一郎代表は31日、「この法案を阻止する」と明言した。臨時国会が開かれる9月中旬に与党がこの法案を提出すれば、小沢代表は「60日以内に議決しなければ衆議院は参議院が法案を否決したものと見なす」という規定を逆利用、60日近く表決を先送りするのは明らかだ。

早期否決すれば与党が衆議院での再議決を通して法案を通過できるが、60日間かかる場合、法案は11月1日を越すことになる。この場合、海上自衛隊は直ちに撤収しなければならない。

国政全般が乱れて安倍政権も打撃を受けるが、「民主党はいつも反対する」という逆風をさらに強く受ける可能性もある。これを反転のきっかけにして安倍政権が総選挙に乗り出すというシナリオだ。

◆解散せず持ちこたえる=安倍首相の性格上、自ら衆議院を解散して政権交代選挙に動くことはないという分析も多い。与党が3分の2以上の議席を占めている状況で下手に総選挙に踏み切れば、政権を奪われるリスクが大きい。運よく過半数を確保し、政権を維持しても、現在では現議席数を維持するのは事実上不可能だ。

改憲発議条件の‘3分の2議席’が水の泡となる公算も大きい。改憲を至上課題としている安倍首相としては結局、衆議院任期が終わる09年9月まで持ちこたえようとするとの見方が強い。待ってみれば、いつか小沢代表が逆風にさらされるという楽観的期待がその土台にある。相手の失敗を待つということだ。それが現在の安倍首相の状況だ。

東京=キム・ヒョンギ特派員

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。