★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 1286.html
 ★阿修羅♪
日本/米国:米下院決議は「従軍慰安婦」の正義実現に向けた重要な一歩 = アムネスティ・インターナショナル
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1286.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 8 月 04 日 12:29:43: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=347

アムネスティ・インターナショナルは、本日、米下院が決議121を採択したことを称賛する。同決議は、日本政府に対し、第二次大戦中に日本軍が女性たちを強制的に性奴隷とした責任を最終的に受け入れるよう求めるものである。

「米下院決議は、第二次大戦中に日本軍によって売春を強制された被害者たちに対する正義が長年にわたって実現していないということを、日本政府にはっきりと伝えている」と、アムネスティのプルナ・セン・アジア太平洋部長は語った。

「同決議はまた、サバイバーたちに対しても強いメッセージを送っている。彼女たちは苦難と恥辱の烙印を押された人生を戦い抜き、今も性奴隷の恐ろしい傷痕に耐えている。その彼女たちに対して、彼女たちの苦境は今も忘れられてはおらず、正義と賠償を望む意思は、女性への暴力が今もはびこる世界の中で、関わりのある問題として存在し続けている、と伝えているのである」。

「アムネスティは、日本政府に対し、性奴隷のサバイバーたちに対する法的補償と完全な謝罪、そして完全な賠償、すなわち原状回復、社会復帰、再発防止の確約などを実現するため、迅速に措置を講ずるよう、求める」。

背景情報第二次大戦前および戦中に、誘拐されたり騙されたりした何万人もの女性たちが、様々な占領国で軍の管理下に置かれた「慰安所」において性奴隷にされた。アムネスティは、これらの女性たちに対して行われた犯罪は、人道に対する罪にあたると考えている。今日に至るまで、日本政府は元「従軍慰安婦」たちに対して犯した罪の責任を完全かつ明確に認めることを拒否している。

参考資料日本:60年経てなお待ちつづける―日本軍性奴隷制のサバイバーたちに正義を(原文、2005年発表)
http://www.amnesty.or.jp/uploads/Japan_Sexual_Slavery_0727.pdf

AI Index: ASA22/009/2007
2007年7月30日

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。