★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 1307.html
 ★阿修羅♪
選挙の結果(やっぱり沖縄から政治と医学と映画の愚痴)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1307.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2007 年 8 月 04 日 17:22:06: x0P0raHFBfKZU
 

(回答先: 噂の眞相元編集長が仲井間知事は肝臓が弱っていて次の知事選が早まる可能性を指摘 投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2007 年 8 月 04 日 17:10:42)

2007/08/01 12:15

http://jazzotokoguitar.at.webry.info/200708/article_1.html

民主党が大勝利した、ということが共産党や社民党の衰退につながっている。この弱小政党はどちらも投票率があがると議席をへらすという自民党と連動するような政党になってしまっている。それがなんとも悲しい。実際、先の選挙では衆院で社民党の議席は増えた。

このたび、山内さんが社民党、比例から当選した。なにやらいわゆる「左派」政党は沖縄頼みの雰囲気がつよい。沖縄の人間が名簿の上位にいたりする。当然といえば当然だが、それが党の政策にどれだけ影響力があるのか、わたしにはわからない。とりあえず、憲法論議は振り出しにもどった?本当にそうだろうか。

小沢が政権をとるとしたら、やはり田原もいっているように、自民党賛同者との連立ではないか。その勢いでもって、憲法改正ではないか。その際、もちろん仲の悪い小泉は別政党、小泉民主党?でも作りそうだ。

安倍が止めないのは止めたら、小泉の負けだからだ。安倍が止めるのかどうかは小泉が決めるだろう。選挙で勝てる総理として、誰が選ばれるのか、今のところ、確かに自民党内には誰もいない。だとすると出てくるのはまた小泉かなと、そうも思える。

田中派の流れは今も生きているのではないか。国民新党もあえて言えば田中派の集まりと言えなくもない。

沖縄の場合、糸数さんが勝つとずっと言われてました。その通りになって、また票差がすごかった。これには知事選の同情票もはいっていると思うが、とにもかくにも大勝したと言うことは沖縄の人間にもパッションがあると言うことだろう。西銘という男はもともと人望のないことで有名である。七光り議員の典型である。

仲井間知事にしたって、どうして、こんなに体力のない人間を知事に推すのかまったくわからないが、とにかくじいさんたちの陰謀は崩れた。できれば知事選にも勝っておいて今回の選挙を迎えていれば沖縄もよい方向に行ったろうが。

ところで仲井間知事はもうすぐ辞めると思う。この前脳梗塞で入院したし、いま選挙になれば革新の知事が勝てるかもしれない。

防衛省がさっそくわがままを言って、沖縄に予算をおろさないと言ってきた。革新の知事になったらなおさら締め付けが厳しいだろう。軍にたよらない経済政策を考えないと沖縄の未来はないだろう。もうすでにその予兆が来ている。人材の育成が早急の課題だ。

それにしても共産党、社民党、風前の灯火だ。。。党議党則にしばられていては消滅するしかない。地方議会の議員を増やすのも作戦だとはおもうが、実際そうなっているが、それだけで果たして乗り切れるのか。

あとは菅直人と小沢、鳩山の大げんかだろう。鳩山弟は自民党にいるし。

小沢のマニフェストはまったくのところ、社会党と同じだがあれを小沢が本当にそう思っているとはとうてい思えない。選挙戦略でしかないとは思う。しかしそれを民意として選挙に臨んだ以上、実行してもらいたい。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。