★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 1365.html
 ★阿修羅♪
集団的自衛権行使の報告書の提出が11月にずれた!(読売新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1365.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 8 月 05 日 18:35:58: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 集団的自衛権:安保懇報告棚上げへ 法制化に慎重論(毎日新聞) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 8 月 05 日 14:10:26)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070805it02.htm

集団的自衛権の行使容認、11月めどに提言…政府有識者懇

 集団的自衛権に関する個別事例を研究している政府の有識者会議「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長=柳井俊二・前駐米大使)は、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を変更し、行使容認を求める内容の提言を、11月中をめどに安倍首相に提出する方針を固めた。

 参院選での自民党惨敗で政局の行方が不透明となる中、与野党で賛否が鋭く対立する集団的自衛権の議論は避けるべきだとの声もある。しかし、結論の先送りは、議論の勢いや一貫性を損ないかねないとして、「今年秋」の期限ぎりぎりで提言をまとめることにしたものだ。ただ、首相の政権基盤は脆弱(ぜいじゃく)化しており、提言を受けて、首相が実際に憲法解釈の変更に踏み切れるかどうかは微妙な情勢だ。

 懇談会は10日に第4回会合を開き、首相が検討を指示した4類型のうち、同じ国連平和維持活動(PKO)などに従事する他国部隊が攻撃された際、自衛隊が駆けつけて反撃することの是非について議論する。順調に進めば、提言は11月に取りまとめられる見通しだ。

 一方で、首相の判断をめぐっては、厳しい条件が多い。政府は、首相が憲法解釈変更を行う場合には、閣議決定や官房長官談話のような形式でなく、自衛隊法改正や自衛隊海外派遣に関する恒久法制定などを行い、国会論戦を通じて明確にすることを想定している。

 国会では、野党が過半数を占める参院で法案が否決され、行き詰まる可能性が大きい。また、11月から年末にかけては、消費税率の引き上げも含めた税制改革論議など、政局の火種になりかねない課題が集中する。憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認することについては、公明党が「絶対認められない」(幹部)と反対しており、首相に同党を説得する余力が残るか不透明だ。

 このため、首相周辺でも「提言後も首相は判断を先送りすべきだ」とする意見と、「提言をきっかけに政界再編、衆参のねじれ解消を目指せばいい」などの主張が交錯している。

(2007年8月5日9時29分 読売新聞)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。