★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 1435.html
 ★阿修羅♪
<太田洋子のこと>62回目の8月6日によせて(土佐高知の雑記帳)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/1435.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 8 月 06 日 20:23:52: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-860.html から転載。

62回目の8月6日によせて

きょうは62回目の8月6日である。ゆうべ大田洋子(http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/hlm-society/OtaYokoEx2006.html)のことをテレビで初めて知った。この作家のことを知らなかった。42歳で被爆。原爆のことを小説に書き続けた。

「屍の街」はGHQの検閲にひっかかって、小説は発行できなかった。
原爆投下を命じたトルーマン大統領を被告にした裁判を弁護士とともに起こそうとするが、莫大な費用がかかるために断念した。

原爆の悲惨さを訴え続けるが、その激しさゆえにまわりから孤立していく洋子。
そして、世間は原爆のことに無関心だった。
その孤独感は痛々しいものがある。

第5福竜丸が被爆して、全国で原水爆禁止運動がもりあがったとき、洋子は東京に放射能が降るのを「ざまをみろ」と書き、原水爆禁止運動からは距離を置く。

ここらへんの気持ちは、わかるような気がする。
一生懸命にとりくんできた者の、ある種のシラケである。
だが、そこに踏みとどまってはならない。

番組は、しばらく原爆から遠ざかっていた洋子が新しく書き始めた小説が、原爆投下のエノラゲイが飛び立ったテニアン島を題材にしていたこと、それは未完のまま猪苗代町で急死したことを描く。

いろいろと考えさせられた番組だった。

広島、長崎への原爆投下は米国政府による人道にたいする犯罪である。
このことは、声を大にして言い続けなければならない。
その償いは、米国政府が核兵器廃絶を率先して行い、その先頭に立つことである。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。