★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 147.html
 ★阿修羅♪
<みなさん、この自民党議員を笑ってやりましょう>何故、国民の間にこんな破壊衝動が生まれたのか(早川忠孝・自民党衆院議員)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/147.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 7 月 22 日 13:11:51: KbIx4LOvH6Ccw
 

「これでは、自民党の公認を得て、懸命に参議院選挙を闘っている候補者が気の毒である。一生懸命に仕事をしている安倍内閣が、可哀想である。」なんて世迷い言をまだ言っている自民党衆院議員がここにいる。よ〜く、自分の胸に手をあてて聞け、ちゅうんだ。みなさん、笑ってやりましょう。

以下は http://ameblo.jp/gusya-h/day-20070719.html からの転載。

--------------------------------------------------------------

何故、国民の間にこんな破壊衝動が生まれたのか

最近のマスコミ報道によって自民党に対するマイナスイメージがますます増幅されてしまった。

ちょっと手がつけられない。

和光市駅で晩の駅頭をしているときに、これで自民党は終わりだ、と捨て台詞を吐き出すようにして脇を通り過ぎた男性がいた。

何故こんなに自民党に対する悪感情を露にする人が現れるようになったのか。

単なる嫌悪感ではなく、敵意といったものさえ感じる。

平成8年以来駅頭に出て挨拶を続けているが、たしか橋本内閣のときだと思うが、朝の挨拶をする私に向かって、自民党は嫌いだ、これまで自民党に投票してきたが今度は共産党に投票する、などと通りすがりに叫んだ人がいたが、あのときより酷い。

昨日の晩は、朝霞駅で夜の駅頭をしていたところ、何故早川さんは自民党を離党しないのですか、などと、まるで現在の自民党の存在そのものが悪いかのような議論をする人までいた。

なにか多勢に無勢の感じである。

古い自民党から新しい自民党に生まれ変わってきている、ということを、いくら丁寧に説明しても聴く耳が無い。

私は仕事をするために衆議院に議席を頂戴した。なんでも反対の評論家になるわけには行かない、と言っても納得しない。

与党でなければ、創る仕事はできない。

小泉内閣と安倍内閣は、官僚依存、官僚支配の日本の政治システムを大きく変えてきた。

この改革を後戻りさせてはならない。

改革を加速することで、一人ひとりの国民の可能性を最大限に引き出すことができる、柔軟でしたたかな国に日本を作り変えていかなければならない。

などと、口を酸っぱくして説明しても、分かろうとしない。

そんな口車には絶対に乗らないぞ、といった風情である。

自民党内閣をぶっ壊したい、といった破壊衝動が一部の国民の間に醸成されてきているようである。

庶民が一揆を起こしたくなるほど、誰かがとんでもない悪いことをしたのだろうか。

このままでは、日本は壊れていく。

これでは、自民党の公認を得て、懸命に参議院選挙を闘っている候補者が気の毒である。

一生懸命に仕事をしている安倍内閣が、可哀想である。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。