★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 423.html
 ★阿修羅♪
臨床政治学 永田町のウラを読む=伊藤惇夫 予測不可能それが選挙 [中央公論]
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/423.html
投稿者 white 日時 2007 年 7 月 25 日 16:36:41: QYBiAyr6jr5Ac
 

□臨床政治学 永田町のウラを読む=伊藤惇夫 <第8回>予測不可能それが選挙 [中央公論]

 http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20070724-02-0501.html

2007年7月25日
臨床政治学 永田町のウラを読む=伊藤惇夫 <第8回>予測不可能それが選挙
年金問題で、逆風が吹き荒れる安倍政権。けれど、向かうは、エンジンなし、帆は穴だらけの「民主党丸」。どちらが勝つか。そんなことは、「蓋を開けるまで」わからない
 
 民主党の事務局長時代、参議院選挙を二回、総選挙を一回戦った。国政選挙を前にして、必ず実行した“儀式”は、辞表を書くことだった。別に誰かに強制されたわけではないが、それなりに責任のあるポジションについている以上、結果についても責任を持とうと考えたからである。
 もっとも、「いい加減、この稼業から足を洗いたい」という気持ちが心の片隅にあり、選挙での敗北が永田町から逃げ出す絶好の言い訳になるとの思いがあったことも否定できないが……。
 とにかく民主党が選挙で敗北したら本気で辞任しようと思っていた。自身が候補者だったわけではないが、要するに永田町時代、選挙はまさに人生、生活をかけた戦いだったわけである。幸か不幸か、都合三回の選挙では民主党が議席を増やし続けたため、辞表を提出する機会は訪れなかったが。 
 さて、いよいよ参議院選挙が迫ってきた。この選挙の最大の焦点は、いうまでもなく「与野党逆転が実現するかどうか」にある。民主党の小沢一郎代表は就任以来、すべてをその一点に集中してきた。参議院での与野党逆転を梃子に、最終的には政界再編に繋げるというのが小沢戦略であることは間違いない。支持率急落以降の安倍政権の「慌てふためき」ぶりは、有権者の政権に対する失望感に拍車をかけている。一見、情勢は小沢氏の思惑通りとも見える。だが、自身の経験に照らしてみて、確信を持って断言できることが一つある。選挙結果は投票箱の蓋が開くまでわからない、というのがそれだ。それこそ「身も蓋もない」いいかたになるが、それが当事者として何度も選挙をくぐり抜けてきた上での結論だからしかたがない。
 衆参両院の選挙を前にすると、必ず週刊誌などいろいろなメディアから候補者の当落予想あるいは各政党の獲得議席予想を依頼されるが、依頼に応じたことはない。理由は簡単。「わからない」からだ。当たり前だが、選挙に臨む政党は、あらゆる手段を講じて一人でも多くの当選者を生み出そうとする。選挙情勢を把握するため、確度の面でも回数の面でもマスコミを凌駕する調査を行い、それに基づいた対策も講じている。だが、それでも大接戦を演じている選挙区の行方は最後までわからないし、これらの選挙区が全体の勝敗の鍵を握っているのが現実だ。
 経験的にいうと、その選挙の勝敗がほぼ見えてくるのは、せいぜい投票日の三日か四日前くらいである。そのあたりになると、ようやく“肌感覚”で「いけそうだ」あるいは「駄目そうだ」が感じ取れるようになる。だが、それすら確実とはいえない。
 第一、投票日の天気しだいで投票率は変わる。投票率が数パーセント変わるだけで、政党の獲得議席が三つ四つと動くことも少なくない。投票日の天気は良すぎても悪すぎても投票率は下がり、中途半端だと上がる。体験に基づけば、もっとも投票率が上がる天気は「雨のち曇り」である。晴れると遊びに出かける人が増え、投票率は下がる。逆に一日中雨でも、投票所に出向くのが億劫になる。午前中は雨で、多くの人が家に足留めされ、午後から雨が上がる。すると、暇になった人たちが投票所に足を運ぶという寸法だ。
 確かに、このところ安倍政権あるいは自民党に対して激しい逆風が吹いていることは間違いない。その逆風の“発生源”はどこか。固定的政党支持層はほとんど動かないから、政権の支持率が急落した原因は、いわゆる無党派層が大きくシフトしたことにある。
 では、今回、無党派層なるものが、何をきっかけに化学反応を起こしたのか。おそらく誰もが年金問題を挙げるだろうが、すでに二月ごろには話題化していた「宙に浮いた五〇〇〇万件」が、なぜ、五月末になって突然“ブレーク”したのかは誰にも説明できないはず。つまり、選挙の動向を決定的に左右する存在となった無党派層がいつ、どんな激しい反応を示すかは予測不能なのである。となると、安倍政権がこれ以上ブレを見せず、落ち着きを取り戻すことができれば、吹き付けていた逆風が徐々に収まる可能性もないとはいえない。エンジンなし、セール(帆)は穴だらけなのに、強烈な追い風に乗って前進していた「民主党丸」というヨットが、微風に変わった途端に海上を漂流しだすことだってありうる。
 やはり選挙は予想もできない展開になるからこそ面白い?のでは……。
 
(いとうあつお 政治アナリスト。元民主党事務局長。明治学院大学非常勤講師)
 

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。