★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 730.html
 ★阿修羅♪
143兆のはずが、何と56兆しかない年金積立。   葉山町インサイダー
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/730.html
投稿者 Kotetu 日時 2007 年 7 月 29 日 12:52:56: yWKbgBUfNLcrc
 

143兆のはずが、何と56兆しかない年金積立。

社保庁はいくらずさんだからといって、解体を早めると、
今まで役人が思うように使ってきた金が、解明されずに、
闇にほおむられてしまうよ、と書いた矢先に、解体法案が
通過しちゃいました。

私のブログに書いてくださったpension claimerさんが
年金積立金がどんな状況になっているかを、詳細にかいて
くださいました。

調べてもなかなか出てこなかった情報です。
おそらく内部の方でしよう。
それを紹介します。


引用はじめ

年金積立原資について、日本医師会のシンクタンクによる
「’02年公的年金基積立金の運用実態の研究」のレポートより。

●存在するはずの年金積立金          143兆9858億円

●事実上’破綻’と評価される特殊法人や
地方公共団体に融資され回収見込みがない積立金 87兆8857億円 
●残っている年金積立金             56兆1001億円 

 
レポートを行った森宏一郎氏によると、「<特殊法人だけで60兆の積立
金を食い潰しています。特殊法人自体は営利団体ではないので、元本も利息
も全て税金で借り入れて、税金で返済しているだけです。特殊法人へ流れた
年金は役人の高額給与や退職金、公共事業などで殆ど消えているのが実態で
す。また、グリーンピア事業だけで6兆円もの損失がでています。特別会計、
特殊法人、地方公共団体に流れたお金はほとんど不良債権とみなすべきでし
ょう。」とコメントしている。
ちなみに、「年金食い潰し特殊法人トップ5!」は
@住宅金融公庫      23兆4518億円
A年金資金運用基金    10兆6150億円
B日本政策投資銀行     4兆3490億円
C国際協力銀行       3兆9683億円
D都市基盤整備公団     3兆9017億円
投資運用による損失、税収低下、その後のさらなる特殊法人への融資を
考慮すれば、「年金積立金はさらに食い潰されている」と考えた方がい
いでしょう。また、役人の天下り受け入れ先企業には今なお、年間6兆円
もの税金が「補助金」として支給されています。事実上、年金は歴代の官
僚と内閣により完全に食い物にされてきたわけです。「合法的公金詐取」、
「合法的年金詐欺」と言ってもよいでしょう。
いい加減、怒りましょう。

引用終わり

日本年金機構に移行することがきまった3年後

これら使われた年金は返ってくるのでしようか。

返ってくるわけがありません。

どうするのでしようか。

帳簿ヅラだけ引継ぎして、中身は知らん顔するのでしようか。

欠損処理して税金か国債発行で穴埋めするのでしようか

今思えば、年金受給者の金は、自分たちが積み立てた金で

もらうのではなく、次世代の人が負担する賦課方式に変更

した時、この使い込みを表面化させないため、だったのですね。

次世代の人が払うのでしたら、積立金は内部留保で使えるのだから

自民党は、こんなことを許しちゃいけません。

法律を変えなくてはいけません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )


葉山町インサイダー
http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/d/20070630

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。