★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 859.html
 ★阿修羅♪
私的ノート。新たな出発の,その前にやるべき事。政策的欠陥を是正できる体制とは
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/859.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2007 年 7 月 30 日 14:26:48: ldiFanJt9l51o
 

☆☆☆★★☆☆☆

小異を捨てて大道につくという形の「二大政党制」ではあったが
二大政党制の一方の民主党を、国民が勝たせたのは
あらゆる小異や、弱者の存在、生活の立場を尊重しながら
政治政策に組み入れて、統治を行うように 
との国民の意思表示の結果が出たのだと考えられます。

国民に選ばれた政治家は「総ての立場」を考慮して政治を行う
これが常識でしょう。総ての立場を尊重するには
あらゆる政党の、その存在と立場を尊重し合うことではないでしょうか。

困難があっても、相談しながら小異を残さず政策に組み入れ,その為の
政策を協議し、政治的専門的に工夫して一つ一つに結論を出しながら
政策に取り組むのが、国民から送り出されてきた政治家の役目です。


〜〜〜・***・〜〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜***〜〜

「政策的欠陥の是正は新たなスタートではない」

欠陥是正は、新たなスタートそのものではないのです。
新たなスタートの為に、その障害となっている誤りが存在している事。
まず,その事実に気付く必要があります。
政治姿勢のマイナス点の部分を克服して、その大きな誤りを改善して
ゼロ点を回復した上で、新しい時代のスタート点を(世界に先駆けて)
切る(始める)事ができるようになるのです。

先ず、政治姿勢の誤りを改善し、(新しい時代スタートの前提として)
・米軍国宗教国家への隷属国家日本である事を改める事が重要です。
・米との関係は対等な立場の、日本のパートナーとする事が重要です。
・戦争という原始性を人間社会に持ち込まない政治姿勢が基本です。

先ず以上の政治姿勢の誤りから、生じている政策的欠陥面について
政治家はこの実態を掴み取り、この姿勢が国民に与えている困難な実態に
対し、責任をもって改善する事で、新たな時代に備える事ができるでしょう。

政策的欠陥が国民を苦しめている実態であり。直ぐにも是正が必要です。

〜〜〜・***・〜〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜***〜〜

「政策的欠陥を是正できる政治姿勢とは」

今回野党側が力をつけたら、
小沢氏も提案された国民基礎年金制度の新設(政策的欠陥是正)に
取り組みましょうと、国民市民の皆様に約束しました。

国民の我慢と怒りに応えて
できる事に取り組み実践しながら、「国民の立場を実際によくしていく」
それが国民に選ばれた政治家の本来の仕事です。

選ばれた政治家が、引受けた分野のメリットの為だけの仕事を優先する
為に、政権与党野党というように、壁をつくって内と外という形を作って
しまうのは、政治姿勢としては根本的に大きな誤りでしょう。
総ての立場の政策を論じ、適切な解決をしていくのが政治家の使命です。

日本国民全員の年金問題は、国民代表政治家の全員が全知恵を出し合い
政策的欠陥による国民の日々の苦しみを解決しなければなりません。

解決可能な政治体制とは、全党的な体制。はみ出す立場の国民を生じ
させない,その為の体制は全政党が参加している全党的体制です。
権力側に立つ立場が優先的に勝手放題に政策を略奪するのではなく
国民の小異を残さず、政策の内側に取込んで対応していける政治体制の
為には、権力の内側,外側という枠組みを作ってしまう事こそが(米の占領
統治方法でもあり)、支配層による権力操作の方法でもありましょう。

●全党的体制と言うことで、自民党は何回も懲りずに失敗を繰り返して
きましたが、その原因は「全党的な体制にする」と言いながら、
与党内だけの派閥の総ぐるみ(挙党体制?)を全党的な体制と勘違いして
いるのですから、操作された権力体質の狭い思考力には救いようがなく、
殆どの国民が政策から はみ出す現状となってしまっているのです。

あらゆる立場(経営者から労働者まで)の総ての国民が主体である国会は、
すべての国民の立場が総合的な視点から討議されなければならないのに、
与党側, 野党側というように分断されて、一方的に支配されてしまうのは
(支配の為の政治献金も、それと気付かない慢性的馴れも生じて)
政治家の根本姿勢に問題が生じてしまっているのでしょう。

権力側内部の挙党体制が、全党的体制との勘違いからは何も始まらない。

〜〜〜・***・〜〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜***〜〜

「国民基礎年金制度について」

自民党,民主党提案の政策だったかな,と思いますが、
介護保険や介護に関する事業の取り組みは
国民という主役が
(仕事をする立場、介護をうける老人という当事者が)
かなり放置された、歪んだ方法のままに早急に取り組んでしまった事業の
失敗に近いの例ではなかろうか。一人一人の仕事、受ける一人一人の人権、
このような根本問題が軽視されながら、国民と行政の間に入った人たちの
事業,仕事の獲捕が優先され、肝心の当事者達が政策からはみ出している例
ではないでしょうか。失敗の体験を活かし、取り組み方は正確が必要です。。
人間はミスをする動物です。経験を未来に活かす努力が貴重な効果となって
表れる〈実現できる)ようになると考えます。

消費税は、明らかな二重課税です。
この課税分は国民庶民の生活を圧迫するものです。
((高齢化対策で導入した消費税とは、また別に、
新たに導入した介護保険は、実質的に消費税に上乗せされた分と
見る事が出来るし、一種の国民いじめの暴力的な政策に映ります。))
一般財源に一部でも組み入れるのは、これもまた違法になります。

消費税は国民の福祉面を充実させる為の政策を、
国民の立場にたって作り、運営を国にお願いしたいという願いに応えて、
国が責任をもって運営して上げる、新たな総合的な福祉制度として、
これまでの欠点を改善しながら、取り組むのが良いと考えます。
(国民各立場は忙しく、専門家に効果的に運営してほしい思う人が多い)
まず国民全員の基礎年金制度の新設から、ということで消費税の位置付け
や方法などは、野党側が永い間研究して、その成果もありますから、
(小沢代表の方法なら、
介護保険,国民年金,医療関係を含めても、10%で総てが収められます)
生命の存在保証は自助努力という基本精神で国の政治力と共営する形。
野党全党の合意の上なら、国民の納得の得られる制度は実現できます。

〜〜〜・***・〜〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜***〜〜

「国民基礎年金制度の新設はいつになるのか?」
「早く取り組めたらいいな!」 ・・・(国民の声)・・・

野党側は今回、
国民の期待に応えて、力を付けることが出来ました。

与党側が先に条件として上げたような、この制度の実現ができる姿勢を、
作り示す事ができるかどうかを見極めながら、
※野党側が納得できる情況を、与党が提示してきた場合には
((民主党は今回協力を得た政党,今後協力の可能性があるなら共も含めて
小異を残さず合意形成で納得ができた場合には、全党的な協力で))
この国民基礎年金制度の新設の実践に取り組もうではありませんか。

(次回争点となる、戦争をする米への従属を止める戦い。9条を守る戦い)
★☆この誤りの政権党への対決姿勢を、持続し強める姿勢を保ちながら
同時に、緊急を要する、困難な情況の国民の立場を、少しでも幸せに
そして安心してもらう為に、政治的な活動と実践が必要かと思います。


〜〜〜・***・〜〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜・***・〜〜〜〜〜***〜〜
--------------------------------------------------------------

◆◆◆
毎年、3万人以上の自殺者を出し続ける日本社会!
それが十年以上も続いている異常事態の日本!
-------------------
【政治板】 6.* 「人類生命を自公権力が、これ以上傷めつけるのは許さない!」
http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/315.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2007 年 7 月 29 日 01:10:13: ldiFanJt9l51o

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(小沢代表の全員基礎年金の制度と一致しているものです。)
国民の為の政策は権力にやって貰うのではなく、
国民に選ばれた政策の主体者が内容を正確に実現できるよう、
国民は、その環境作りをする。そのための選挙ですからね。
政策をもつ有能な人物に、仕事をやってもらえる環境を作る。
自公政権は政策がないのに、権力を維持する為に政策を盗んで
いい加減にチャカチャカ、虫食い実践するので
-------------------
【】 6.* 「人類生命を自公権力が、これ以上傷めつけるのは許さない!」
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/570.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2007 年 7 月 27 日 13:17:50: ldiFanJt9l51o

--------------------------------------------------------------

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。