★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 993.html
 ★阿修羅♪
選挙を見て(雑感)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/993.html
投稿者 ゆすらうめ 日時 2007 年 7 月 31 日 21:12:25: 7mIUmAgWYOxYs
 

選挙を見て・・・

・この期に及んでも、投票率が伸びない。投票に行ったのが「組織された人間」「老人」「あきらめない護憲派」「政治的知識・思考力のある人」だったと考えると、今回棄権した「そうでない人」は、もはや政治に関しても経済に関しても感受性がなく、したがって、自分の生活に関しても主体性を放棄したとみなされても仕方ないのでは?(ただしファシズムの草刈場には最適である。治安などをダシにした動きには引き続き警戒が必要。)

・「案外、ふたを開けてみれば僅差なのでは?」という懸念は、「ハズレ」でした。とりあえず、よかった!

・ただし、「護憲・現状の流れと反対の改憲」という点では、僅差。特に、議員個人のアクティビティーを計算に入れると(印象で、計算したわけではないが…)、僅差「負け」の可能性もある。いや、僅差負けと見たほうが安全だと思う。

・現時点での自民党の支持者は強固で好戦的だろうから、今後かなり荒っぽい方法も使うかも。毎日新聞の分析などを見ると、防衛・遺族会などの集票比率が上向いている。
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/archive/news/2007/07/20070731ddm010010127000c.html
遺族会は、メンタリティーを若い人に伝えるのに成功したのかもしれない。これは、
遺族2世はもちろん、一部に3世が出てきているのか。まさにじっちゃんと孫の世界。
「ハイカルチャー」「公式」の場面を一時占めていた「反戦・護憲」が、いまひとつ世代間の継承に成功できなかった(本質的に難しい)のと対照的に見える。

・大差がついたので、個人レベルの「寝返り」のインセンティブは当分の間低下した。その反面、「大量現象としての寝返り」(特に憲法問題で)の危険はいまだ大きいのではないだろうか。民主党内の護憲派の比率はほとんど変わっていない。

また折を見て自分なりに考えてみたいと思います。……。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。