★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK40 > 560.html
 ★阿修羅♪
差異の理解ができないこと―安倍首相の続投と自民党の衰退。【ももち ど ぶろぐ】
http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/560.html
投稿者 そのまんま西 日時 2007 年 8 月 14 日 00:48:56: sypgvaaYz82Hc
 

差異の理解ができないこと―安倍首相の続投と自民党の衰退。【ももち ど ぶろぐ】
2007年07月31日(火)

午前5時30分起床。浅草はくもり。

安倍首相の続投

『安倍首相会見の要旨 産経新聞

すべての責任を負う党総裁として反省すべき点は反省する。そのうえで、景気回復を本物にしなければいけない。国民に実感していただけるところまで引っ張る。この使命を果たすのが私の責任だ。(選挙期間中に)大変厳しい状況を認識した。しかし、ここで逃げてはならない。厳しい中でも政治空白は許されないと続投を決断した。』

安倍さんが続投の意志を示している。安倍さんの続投は自民党の種的弱体化の象徴でしかない(このことについては昨日書いた)。安倍さんは辞めたくとも辞められないという、松岡前農相状態なわけで、「ご安全に」というしかない。

安倍さんの責任感と民意との差異
それにしても安倍さんの経済政策に対する認識は「やばいな」と思う。(なにかの催眠術にでもかかっているのじゃないのか、とも思う)。

『景気回復を本物にしなければいけない。国民に実感していただけるところまで引っ張る。この使命を果たすのが私の責任だ。』

このフレーズでは分かり辛いだろうが、これは新自由主義者、サプライサイド経済学者の使う、唯一の自己正当化理論である「トリクルダウン理論」を根拠にした発言だと(私は)理解している。

トリクルダウン理論(trickle-down theory)とは、富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)するという経済理論あるいは経済思想である。 トリクルダウン(trickle down)とは徐々に流れ落ちるという意味で、政府のお金を公共事業や福祉などで国民(特に低所得層)に直接配分するのではなく、大企業や富裕層の経済活動を活性化させることによって、富が低所得層に向かって徐々に流れ落ち、国民全体の利益となることを示したものである。日本においても、所得税の最高税率を引き下げる時に、この考え方を根拠として用いている。 (Wikipedia)


つまり経済政策的には、小泉‐竹中路線は国民から否定されていない、という考え方なのだろう、と同時に、小泉さんに選ばれた、ということが安倍さんの唯一の拠って立つ足場のように思える。

トリクルダウン理論のレトリック

しかしそのことで、安倍さんは「だめだなぁ」と(私は)思うし、国民からの信頼を回復することは出来ないだろうな、と思う。

「トリクルダウン理論」のレトリックについては、多くの論者が指摘しているように、これは科学的なものではなく、教義のようなものでしかない。

つまり富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)する、というのは迷信のようなもので、実際にはそんなことはあったためしはない。むしろ逆に格差は広がる。(興味があるならスティグリッツでも読んでほしい)。

それを証明するのは意外と簡単で、つまり小泉さん以来の新自由主義的、サプライサイド経済学的経済政策によって、格差は広がっている――ことで、その批判として、今回自民党は大敗した、ということだ。

サプライサイド経済学

ついでに書けば、サプライサイド経済学は失業のことはあんまり問題視しない。それは経済が成長すれば何かしら職はあるだろう、という楽観からだ。

しかしそれは人間のマリアビリティ(可塑性)若しくは自己責任という無責任に基底を置いていることで、多くは自由に職業を選択することなどできないことは自明だろう。(人間は不可逆的なものだ)。

なので失業の吸収は単純な労働になることで、賃金格差は広がる。格差は失業率で計れるものではなく、賃金格差となって表出する。「交換の原理が僕たちを定義しようとしているとき、僕たちは情報を発信しながら、定義されることから逃げ続けなくてはならないだろう。」

しかしそれを敢えて封じ込めるように、安倍さんが『景気回復を本物にしなければいけない。国民に実感していただけるところまで引っ張る。この使命を果たすのが私の責任だ。』というのなら、〈情報/伝達〉の差異の理解が出来ていないことで、自民党は国民とのコミュニケーションを閉ざしてしまう。

そのことで、自民党の末期症状はいよいよ本格化してしまうのだろう、と思う。

自民党という名は残るかもしれないが、あの悪党的で懐の深い、しかしリベラルな自民党は、もうない。

http://www.momoti.com/blog/2007/07/post_736.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK40掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。