★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK40 > 741.html
 ★阿修羅♪
小池防衛相と田中真紀子氏「常識外という点では、極めて似ている」…宗男氏バッサリ(スポーツ報知)
http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/741.html
投稿者 JAXVN 日時 2007 年 8 月 16 日 16:32:33: fSuEJ1ZfVg3Og
 

「小池防衛相は真紀子氏そっくり…宗男氏バッサリ

防衛省の事務次官人事を巡り、小池百合子防衛相と守屋武昌防衛事務次官の対立が深まり、政府内で混乱が続いている。小池氏は15日、塩崎恭久官房長官らが小池氏の手法を「調整不足」と批判したことについて「私は何も手順的に間違えていない」と強く反論。守屋氏に対しても、改めて激しく批判した。省内人事をめぐり激しい攻防が展開された例としては、過去に「田中真紀子外相VS外務省」の例があるが、当時を知る新党大地の鈴木宗男衆院議員は「“常識外”という点では極めて似ている」と指摘した。

 大混乱に陥っている防衛事務次官の人事問題。小池氏はこの日、塩崎、守屋両氏に人事構想を伝える前の7日朝に「守屋氏退任、後任は西川氏」と報道されたことが原因と指摘した。

 また、6日夜に守屋氏の携帯電話を2度鳴らしたが、守屋氏から電話があったのは7日朝だったと説明し「返事が翌朝というのは危機管理上どうか。(守屋氏は)新聞を見て驚いたというが、私は連絡を取ろうとしていた」と批判。

 さらに、守屋氏が小池氏の人事に反対していることについても「役所の意図決定を明確にするのは、大臣の役割だ」と不快感を示し、改めて警察庁出身の西川徹矢官房長の起用を求める姿勢を示した。

 一方、守屋氏も報道で自身の退任を知った7日、小池氏に対し「事前に直接伝えてほしかった。こんな仕打ちは許せません」と怒りを伝えた。14日に小池氏と会談した際も、後任について「(小池氏の推す)西川氏では組織はまとまらない」と反発している。

 小池氏の一連の行動について「人間性を疑う。もし“クビ”にするなら本人を呼んで、じかに面接をして話をしないといけない」と話すのは新党大地の鈴木宗男氏だ。後任人事については「本来、後任に誰がふさわしいか、守屋氏に相談すべきだった」と指摘する。

 今回の省内人事をめぐる混乱で思い出されるのが「田中真紀子氏VS外務省」のケース。01〜02年に外相を務めた真紀子氏は、人事課長の更迭を求めて人事課にろう城するなど、ことあるごとに外務官僚と対立。最後は真紀子氏と事務次官が更迭されるという形で幕引きが行われた。

 当時を知る宗男氏は「常識外という点では、極めて似ているケース」とし、「経験や能力があって組織を知っていれば、自分の判断でいい。だが、小池氏は防衛省を知らない。省内も『大丈夫か』と思っている。その点も真紀子氏と似ている」と指摘。今後の解決法については「事務次官だけ代えるのはアンフェア。大臣も新しくすべきだ」と話した。」
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070816-OHT1T00107.htm

関連
小池防衛相「人事案変えない」 守屋次官との会談物別れ【東京新聞】
http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/614.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2007 年 8 月 14 日 21:46:24: YdRawkln5F9XQ

小池防衛相が守屋次官を批判(8月15日12時14分配信 産経新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo40/msg/650.html
投稿者 まさちゃん 日時 2007 年 8 月 15 日 13:17:39: Sn9PPGX/.xYlo

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK40掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。