★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK42 > 628.html
 ★阿修羅♪
<殺人・生活破壊・環境破壊>「グローバル化」・「国際貢献」の真偽を見極めよう
http://www.asyura2.com/07/senkyo42/msg/628.html
投稿者 heart 日時 2007 年 9 月 29 日 17:17:07: QS3iy8SiOaheU
 

福田の発言を聞いていると、あのひょうひょうとした調子でテロ特措法の延長もしくは新法制定を「粛々と」やってのけそうな感じがする。
福田は安倍と違い戦争を忌避している、といった論評も見るが、戦争を嫌っていても、軍備強化、戦争支援をすることは正当化するという人はこの世の中山ほどいる。
自民党の大半と民主党の半数くらいはそういう人たちだろう。

そして、厄介なのは、国民の多くもそういう思考回路を持っているということだ。
戦後自民党に投票してきた人たちというのは自民党の解釈改憲(による9条骨抜き)も支持してきた人たちと見てよいだろうが、
そういう人たちは、戦争を嫌と言いつつも、戦争を基本的には支持している人たちだと思う。
彼らは、戦争を支持してなどいない、「日米関係の重要性」という現実を踏まえて自民党を支持してきたのだ、と言うだろう。

しかし日米関係の現実とは何なのか、アメリカが世界に対して現実に行っていることは何なのか。

アメリカこそが紛争拡大、貧富の差の拡大の種を撒いてきた張本人であり、日本はその忠実な下僕となってアメリカを盲目的に支持してきたわけだ。

貧富の差を拡大させるグローバル化とは経済戦争だと思う。
経済を用いて人々の生活を破壊し、人々を実質的に殺し、あるいは従属させていくのだ。
その過程で殺されるのは人間のみならず、動物も、地球環境もである。

日米関係の重要性を強調するとは、こうした戦争すなわち人殺し、生活破壊、環境破壊を擁護することに他ならない。

現実の重要性を唱えるのなら、勢力関係の現実ではなく、人々や環境の実態を見て、よい現実に変えていくためには何が必要かということを考えるべきである。

昨日NHKの太田光の番組で慶応義塾の塾長とやらが、大学の使命は学生に幸せになってもらうことであり、そのためには競争に勝てるよう指導していくことが必要だ、とかのたまっていた。
これは完全に人間の幸せを見失った議論だと言わざるを得ない。
真の幸せは経済戦争の中でうまく生きていく中で得られるのではなく、経済戦争のない世界の中でこそ得られるのだ。
経済戦争の現実と、経済戦争を終結させるためには何が必要かということを考えることこそ重要なのであって、経済戦争の中での「人殺し」戦法を教えるなど、狂気の沙汰である。


競争という名の経済戦争を闘うことが至上命題かのような言説がはびこり、
テロ対策と称して国際的な軍事網を広げ、監視国家化により人々から言論の自由を奪うことが国際貢献と称されるこの世の中。

異常と言わずして何と言おうか。

この異常を正すことこそが今を生きる者たちの使命であると考える。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK42掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。