★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 1123.html
 ★阿修羅♪
国民皆保険制度の終焉に向けて
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/1123.html
投稿者 どっちだ 日時 2007 年 11 月 08 日 03:19:28: Neh0eMBXBwlZk
 

(回答先: 【公的医療破壊】 混合診療の保険不給付は違法、東京地裁判決 (日経) 投稿者 どっちだ 日時 2007 年 11 月 07 日 18:16:25)

----Dr.rijinのギモン から転載-------------------------------
http://blog.livedoor.jp/rijin_md/archives/2007-11.html#20071107

2007年11月07日
国民皆保険制度の終焉に向けて

 国家の終わりは、民に見放されてやって来る。

 未だ地裁段階の判決ではあるが、激震である。


「混合診療」禁止は違法、東京地裁が国側敗訴の判決
(2007年11月7日15時16分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071107it08.htm


 国家による医療の管理は、医療サービスの経済学的本質としての供給過少を補うべきものとして出発したが、財政窮乏を理由にしてむしろ供給制限の方向へと舵を切って久しい。

 長期的に見れば、混合診療の解禁は皆保険制度空洞化の一里塚になる可能性が高い。今後、混合診療の必要のないよう政策変更をして行くのか、あるいは国家による医療の管理から手を引いてアメリカ型の需給両面で優勝劣敗の市場放任主義に向かうのか、興味深い時代となった。一部の病者が貧者となって転がり落ちていくのをこれまで通り見すごしているのであれば、その流れは全体に波及する。

 それだけでなく、営々として築き上げられてきた利権の数々は、国民皆保険制度という長大な堤に基礎をおいている。蟻の一穴が開きかけているのだ。

タグ: 国民皆保険制度
rijin_md at 17:13


コメント一欄

1. Posted by Inoue 2007年11月07日 20:09
3 rijinさんへ
「判決文を読んでいないのでお答えできません」
という企業か役所みたいな感想しか言えないんですが、原告はともかく、被告である国はどうやって混合診療禁止の正当性を主張したか興味があります。
 混合診療禁止が必要な理由、解禁された場合の影響まで含めた弁論を行ったはずです。それがどういう内容だったのかを知りたいですね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。