★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 1260.html
 ★阿修羅♪
中核・革マルの「内ゲバ」の真相は日本国家権力が中核派を装って実行、それを中核派が追認したもの。
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/1260.html
投稿者 竹中半兵衛 日時 2007 年 11 月 13 日 01:17:16: 0iYhrg5rK5QpI
 

(回答先: Re: 内ゲバの総括すらできない中核派は大衆運動から排除すべき。(本文なし) 投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 11 月 11 日 01:09:32)

愚民党さん、久しぶりだす。ダイナモさん、初めてだす。おら、今関東でクーリーやってるもんで、くたくただす。クーリーは惜しみなく思考ば奪う。なんとか減退する思考力ば取り戻すために、久しぶりに阿修羅を覗いて、ここさ到着。

んで、天国通信(4の1)だ。

まだ。戦争板さは行ってねえす。なんせ、妄想の競演だすて、ちょっとばかすい、勉強すねとな。smacさんやらNEOさんやバルセロナさんらと、会話ば楽しむには、いろいろと前知識が必要だすてからに。鉄骨組屋さ聞いてみたら、切断するときに使うアセチレントーチってのは、骨組みを作るときに溶断する場合、鉄が切断面から溶出するもんで、必要な鉄骨には溶解した鉄がくっついてはなんねえらすい。ふんで、吹き飛ばす作業もあるんだとは。んだから、必要ねえ溶けた鉄はくっついたまんまだ。おらは、テルミットで爆破した切断面ば見てえもんだすがや。

話は変わるっすが、この、中核派ばおらが非難すたとすても、おらと愚民党さあの間柄にはなんもわだかまりはあんめべす。ミャンマーでの僧侶の決起以来、しばらくおらも発奮すてますた。ほれに10月中旬からの9.11疑惑の番組論。んで、おらの出稼ぎ、ってなわけで、愚民党さあとは話ばsるひまがねがったんで、ちょうどいいべ、ここで、また中核派批判ば、風邪ひいてくしゃみしながらだども、飯場の片隅で、眠れねえもんで、酒飲んで、ようやぐ阿修羅さ来た。独り言だども・・・ハックショイ。

と言いつつ、時間がきてすまった。今日も早ぐおきる予定だすて、ちょっくら眠るべい。

いまや中核派はポンタ無く、シミタケの位牌も投げ捨てて、中野(前千葉動労委員長)が委員長面すてからに、CIAスパイ宮崎学の掌の中だったってばれつまった。ふんで、宮崎もろとも用済みさされた(公安調査庁スパイ工作集)。その結末とすて、学生戦線も労働戦線も足はねえ。「革命」っつてもあのフヤケタデモば見てどこさ「革命性」があんだすがや?中核派がまるごとスパイだったって2001年夏に完全にばらされた。「内ゲバ」は権力がやって、それを中核派が追認すてただけだ。日本階級闘争はこの残虐な「殺され方」さみなびびったすい、メディアもみんなチキンになって黙らされた。権力に反抗するとこういう目にあうよって。殺戮部隊ばもってるはずの「中核派」が、ヘルメットもかぶらねで、なすてあだらふやけたデモやんだべ?もともと居ねがったんだよ、襲撃部隊なんて。

んで、いまや、自称左翼ば束ねる元締めは、CIAさによって、元公安調査庁の人間とか元中核派反戦自衛官小西なにがしとかいう真性CIAスパイだっていわれてる。2001年で入れ替わったんだ。

なつかすい会話ば下さ付けとくっす。
ダイナモさんも、どうぞ、ご意見くだはい。

http://www.akanebooks.com/tatiyomi1.htm
http://www.asyura2.com/0311/senkyo1/msg/750.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。