★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 226.html
 ★阿修羅♪
集団自決をめぐる教科書検定問題は超党派の課題だ――10・15総決起集会と要請団との面談 = 辻元清美
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/226.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 10 月 16 日 22:45:09: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2007/10/16-1389.html

10月16日、沖縄で11万6千人を集めた集団自決をめぐる「教科書検定意見撤回を求める県民大会」の実行委員会の方々が上京しました。経済団体の代表や超党派の自治体議員の方々です。官房副長官への要請などの後、星陵会館で集会を行いました。

そして翌17日、社民党本部で国会議員に要望書が手渡され、意見交換が行われました。実行委員の方々の多くは、悲惨な沖縄戦の記憶を持っている方々。一人ひとりの言葉から、立場を超えた「戦争の辛い記憶」がひしひしと伝わってきました。
私は、「検定意見がついたことを知ったときは、身が裂かれる思いでした。情けない、なんたる政治や、と怒りでいっぱいでした」と振り返りました。そのとき、社民党の照屋寛徳議員に「絶対に許したらアカン。照屋さん、なんとかとめましょう!」と勢い込んで電話したところ、照屋さんに「まあまあ、そう興奮するな」とたしなめられた話をしました。
このとき、闘いは長い、よく考えて闘おうと照屋さんは静かにおっしゃった。お腹にためた怒りを集めて、大きな力にする道筋を考えていたに違いない。「気持ち的には私はそちら(要望側)に座っています」といって笑いをとった山内トクシン議員や、実行委員の方々、大会に参加した11万6千人の方々。みんなの怒りがうねりとなって、国会を動かしている。福田政権は、この波をきちっと受け止めなければなりません。

今後、問題となることは3点あります。
一つ目は、記述内容を「軍の関与」などの言葉でごまかさないようにチェックすること。きちっと「軍の強制・誘導・命令」と書き込ませなければならない。
二つ目は、教科書会社からの修正申請で「なかったこと」にするのでなく、文部科学省の責任を明確にすること。
そして三つ目は、なぜ「安倍政権下」でこんなことが起こったのか、プロセスを明らかにすること。
この点に関しては与党も野党もない。沖縄同様、国会も超党派でとりくむべき課題なのです。
10月19日金曜日、今国会はじめての安保委員会の一般質疑が行われます。私はそこで、防衛大臣にこの問題を問うつもり。閣僚である以上、この歴史認識の問題は向き合うべき問題だから。すべての大臣、国会議員が自分の問題として考える、その契機となるよう論戦を挑む準備を重ねています。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。