★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 601.html
 ★阿修羅♪
拉致問題「被害者が数人帰国なら進展」…高村外相が発言(読売新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/601.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 10 月 26 日 14:52:14: 2nLReFHhGZ7P6
 

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071026i301.htm

 高村外相は25日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮による日本人拉致問題について、「(被害者のうち)数人の方が帰るということで解決というわけにはいかないが、進展にはなりうる」との考えを示した。

 閣僚が拉致問題進展の具体的基準に言及するのは異例だ。

 政府は拉致問題が進展しない限り、北朝鮮支援を行わない方針だが、進展の基準についてはこれまで「北朝鮮に手の内を示すことはできない」として明らかにしてこなかった。

 北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議では、寧辺の核施設の無能力化が具体的に実施される段階になり、米国などは停滞している日朝交渉を懸念し、日本政府に対して、拉致問題進展の基準を明確にするよう求めていた。外相の発言は各国の求めに配慮したものと見られる。

(2007年10月26日3時3分 読売新聞)

関連記事:朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1026/TKY200710260155.html

拉致進展で支援も 日朝政策、対話に転換 政府方針
2007年10月26日12時02分

 政府は日朝関係を打開するため、一部の拉致被害者が帰国すれば拉致問題の「進展」と受け止め、核、ミサイル問題に対する北朝鮮の対応に応じて段階的に制裁解除や支援を検討する方針を固めた。北朝鮮との対話を重視する福田首相の意向を踏まえたもので、安倍前首相の強硬路線から対話路線への政策転換となる。

 高村外相は26日の閣議後の記者会見で、「何人かでも(拉致被害者が)帰国すれば進展であることは明らかだ」と述べたうえで、「進展すれば、我々も進展の度合いに応じて行動をとっていく。日朝間の改善のために、それは当然だ」と語った。北朝鮮の対応次第では、制裁措置の緩和や、経済支援の検討の可能性を示唆したものだ。

 政府はこれまで「進展」の定義をあいまいにしてきたが、それを明確化することで、拉致問題で態度を硬化させている北朝鮮に歩み寄りを促す狙いがある。日朝双方が段階的な措置をとり、日朝国交正常化の条件として日本側が掲げている「生存者全員の帰国」を最終的に実現するために、日本側が政策を転換したといえる。近く開催される日朝作業部会でも議論になるとみられる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。