★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 889.html
 ★阿修羅♪
これこそ日本の出番ではないのか?−−イラクでダム崩壊の恐れ
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/889.html
投稿者 ヤマボウシ 日時 2007 年 11 月 03 日 04:35:47: WlgZY.vL1Urv.
 


ブログ「机の上の空 大沼安史の個人新聞」より
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2007/11/post_ca80.html

〔イラクから〕 モスル・ダム 崩壊の恐れ 洪水で50万人 溺死の恐れ 奔流はバグダッドにも及ぶ

 ワシントン・ポスト紙(電子版)が10月30日、報じたところによると、ティグリス川をせき止めている「モスル・ダム」が崩壊の危機に立っていると、米軍工兵隊が警告した。

 英紙インディペンデントのパトリック・コバーン記者も同紙電子版で翌31日、ポスト紙に続き、警告を発した。

 「モスル・ダム」が決壊する恐れについては、コバーン記者がことし8月8日にいち早く報道、警鐘を鳴らしていた。

 「モスル・ダム」は北部のイラク第3の都市、モスル(人口170万人)の32キロ上流に1984年、建設されたものだが、地盤が水に溶ける岩で出来ており、崩壊の危険性が指摘されていた。
 
 ダム決壊によって、最悪の場合、水位20メートルもの奔流がモスルを襲い、下流のバグダッドにも4.5メートル近い「高波」が押し寄せ、50万人もが溺死する恐れがあるという。
--------------------------------

〔ヤマボウシのコメント〕

日本には本来のダム建設技術のみならず、青函海底トンネルを代表とする関連の大規模土木技術のノウハウが蓄積されています。また、海底トンネルなどの出水事故に備えて、砂や軟らかい岩石を固化するセメント・ミルクといった資材の備蓄もある程度はあるはずです。

輸送はロシアの超大型輸送機をチャーターすれば、比較的短時間で準備も可能でしょう。

人員が問題ですが、ダム関係者やトンネル工事関係者の現役・OBに呼びかけて、数十人単位が集まれば十分ではないでしょうか(あとは現地の土木関係者も合流してもらう)。

これこそが<真の国際貢献>であるはずです。

今回の件には間に合わないでしょうが、こうした海外の大規模災害に備えて柔軟に編成可能な救援隊を設置するべきです。もちろん、その財源には今問題になっている怪しい防衛費を転用し、資材の備蓄施設や飛行場などには沖縄の米軍基地を返還させてその一部を充てればいいのです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。