★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 939.html
 ★阿修羅♪
小沢氏は「KY」じゃない気がする。
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/939.html
投稿者 スカイキャット 日時 2007 年 11 月 04 日 08:08:58: 3nXimNhwS3/Ls
 

(回答先: Re: <暖簾に腕押し糠に釘>板違いの投稿は連発するし… 小沢氏と同じで全くの“KY” 投稿者 gataro 日時 2007 年 11 月 04 日 07:57:24)

<<喜八ログより一部引用です。>>

「小沢一郎氏恐るべし…」

流石は「小沢一郎氏」です。
流石は「田中角栄氏」が惚れて後継者に選んだ「男」ですね。

凄まじいまでの「肉弾戦略」です。
大将自らが突撃するなんて誰も想像しなかったでしょう。

「自民党はマンマと罠に嵌ってしまった」
「新聞テレビも罠に嵌ってしまった」
「公明党は完全に追い込まれてしまった」
「民主党凌雲会:前原グループは型に嵌められてしまった」

もう完全に国会は「小沢一郎氏」の掌中に入ってしまいました。

それでも尚、新聞テレビは悪足掻きをしています。

「小沢神話に翳《かげ》り」

などと報道しています。
しかし翳りが出たのは「新聞テレビ」でしょう。
これから新聞テレビは必死になって「小沢バッシング」を開始するでしょう。
恐らくは…

「小沢一郎氏を福田総理と『心中』させるべく『偏向報道』を徹底的に行う」

そんな事、小沢氏は百も承知です。
然るべく「手」は打ってある筈です。

「与謝野馨氏との『ほのぼの囲碁』も…」
「福田康夫氏との『もったいぶった二度の密談』も…」

小沢一郎氏の「用意周到」な罠であった。

私「r」はそう確信しました。
言うまでもなくあの「密談」の背景には「宗主国・アメリカ合衆国」による「強圧」があった事でしょう。
その「意」を汲んだ「一部買弁(※)大物マスコミ人」と「買弁の大勲位」による「懇願」もあった事でしょう。

(※買弁=自国の利益を顧みず、外国資本に奉仕して私利をはかること)

「小沢一郎氏は「強圧」に負けたフリをして、全てを引っくり返してしまった!」

私「r」はそう確信しています。
確信の根拠は他にもあります。
それは…

「日本共産党」
「社民党」
「国民新党」

これら「野党」が極めて冷静な態度を取った事です。
「公明党」や「民主党前原グループ」が「顔面蒼白」の焦りを見せていたのと対照的に他の野党は極めて「クール」だった。
それは恐らく「小沢一郎氏」が事前に何らかのメッセージを送っていたのではないでしょうか?
それは例えば…

「何が起きても報道されても『あなた達との約束』は必ず守る。私を信じてくれ」

などではないでしょうか?
一応、他の野党はその「建前」から「密談」に対して「批判的言動」を行います。
そして「大連立騒動」に関しても同様です。
されど野党各党代表者の表情は極めてクールだった。

それが何よりの証拠だ、と私「r」は思います。

さて…
重複しますが読者の皆さん、これから新聞テレビは本気になって「小沢一郎バッシング」を開始しますよ!
新聞テレビの「世論誘導」「世論操作」「世論煽動」がどこまで通用するか、見ものですよ♪

私たちも「野党各党」の代表者と同じように「冷静」に事の成り行きを見守りましょう!

http://kihachin.net/klog/archives/2007/11/dairenritsu.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。