★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 1016.html
 ★阿修羅♪
新テロ法案:民主党内で「年内採決論」強まる(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/1016.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2007 年 12 月 08 日 14:38:12: twUjz/PjYItws
 

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20071208k0000m010142000c.html

 新テロ対策特別措置法案を審議中の参院外交防衛委員会の北沢俊美委員長(民主党)は7日、国会内で記者団に「採決が年末年始にずれこむのはいかがか。衆院の審議時間(約41時間)が尺度になる」と語り、国会の会期延長を前提に同委で40時間の審議が見込まれる12月下旬に採決する可能性を示唆した。民主党内で年内採決論が強まったことは、政府・与党が検討している会期再延長問題で、延長幅を小幅とする議論を後押しするとみられる。

 国会は15日に会期末を迎えるが、会期内の成立は困難な情勢で、政府・与党は会期を延長する方針。北沢氏は「必ず採決する。(衆院通過後60日で参院で否決とみなす)規定は参院の存立にかかわる」と述べ、採決引き延ばしに慎重な姿勢を示した。民主党の鳩山由紀夫幹事長もさきに「越年も辞さずという思いもあるが、審議時間が担保されれば採決は当然だ」と語っている。

 政府・与党内には衆院解散につながりかねない越年の大幅延長を避け、年内の小幅延長を模索する動きがある。ただ、民主党が引き延ばし戦術を徹底した場合、廃案に追い込まれることが懸念材料となっている。与党は同法案を参院否決後に衆院の3分の2以上の賛成で再可決、成立させることも辞さない方針。その場合、民主党が参院で首相問責決議案を提出するかも焦点だが、公明党の太田昭宏代表は7日の記者会見で「(国民の中で)3分の2というシステムにある程度の理解が進んできているのではないか」と述べ、再可決しても首相問責決議案には当たらないとの見方を示した。【田中成之】



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。