★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 120.html
 ★阿修羅♪
<米にとっては給油活動のストップどころではなかったのだ!>「拉致支援できぬ」と警告 慰安婦問題で米駐日大使(中日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/120.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 11 月 11 日 17:40:45: KbIx4LOvH6Ccw
 

インド洋上の給油活動がストップしてもここまで日本を責めなかったアメリカが、慰安婦問題ではよほど腹に据えかねたのか、直接関係のない拉致問題と絡めて日本を激しく非難していたのだ。

==========================================

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007110802062881.html から転載。

「拉致支援できぬ」と警告 慰安婦問題で米駐日大使
2007年11月8日 夕刊

 従軍慰安婦動員の強制性に関する安倍晋三前首相の発言が日米間の外交問題に発展していた今年3月、シーファー駐日米大使が当時の政府首脳に「このままでは、北朝鮮の拉致問題で日本を支援できなくなる」と強く警告、これに応じて安倍氏が事態収束を図ったことが8日、関係者の証言で分かった。

 拉致問題への支援取りやめをちらつかせて問題の沈静化を迫った米大使の強硬姿勢は、安倍氏の言動で日米関係が危機的な状況に陥っていた実態を浮き彫りにしている。

 今年初めから米下院外交委員会が太平洋戦争中の従軍慰安婦問題をめぐり、日本政府に謝罪を求める決議案を検討。首相就任前、動員の強制性に疑問を投げかけていた安倍氏の対応が焦点だった。

 安倍氏は3月5日の参院予算委員会で、動員の強制性に関し「『慰安婦狩り』のような官憲による強制連行的なものがあったと証明する証言はない。間に入った業者が事実上、強制をしていたというケースもあった。広義の強制性はあったのではないか」と答弁。中国、韓国に加え、米国からも強い批判を招いた。

 事態の悪化を懸念した米大使はこの後、政府首脳と会談し「この状態が続けば、われわれはもう日本を擁護できなくなる。このままでは米国として北朝鮮の拉致問題で日本を支援できなくなる」と伝達した。

 これを受け、安倍氏と当時の塩崎恭久官房長官、麻生太郎外相らが協議。麻生氏が「日米関係は極めて大事だ。拉致問題もあるので、ここは退いたほうがいい」と促し、安倍氏も受け入れた。

 安倍氏はこの後、強制性を「狭義」「広義」と使い分けていた議論を封印。4月3日にはブッシュ米大統領との電話会談で、強制性を認めた1993年の河野洋平官房長官談話の継承を表明した。

 【従軍慰安婦問題】 第2次世界大戦中、朝鮮半島や中国などの女性が、戦地の「慰安所」で日本軍に性的被害を受けたとして、日本政府に謝罪や賠償を求めている問題。今年1月末、米議会に日本政府の謝罪を求める決議案が提出された。日本では自民党議員有志が「おわびと反省」を表明した河野洋平官房長官談話の見直しを検討。安倍晋三前首相も「談話を継承する」と表明する一方で、慰安婦の募集について日本官憲の直接関与を否定するかのような発言を繰り返し米中韓各国から激しい批判が起きた。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。