★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 195.html
 ★阿修羅♪
いったん頓挫した「大連立」に思うこと(21世紀の日本と国際政治=浅井基文さんのHP)
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/195.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 11 月 13 日 19:01:30: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2007/198.html

いったん頓挫した「大連立」に思うこと

10月30日の福田・小沢両党首会談にはじまり、11月7日の小沢党首の続投表明においてとりあえず区切りがついた形の今回の自民党と民主党の大連立を目ざす動きは、私たちのような日本の民主政治のあるべき姿・方向を真剣に模索するものにとって、いくつかの重要な考えるべき課題・ポイントを提起していると思います。こういう課題・ポイントこそが国民的議論の中心に座るべきだと思うのですが、残念ながら多くのマス・メディアは「政局」としての取り上げ方しかしていない(いつものことですが)ので、せめて私のコラムを見て下さる方には私の問題意識を共有していただきたいと思った次第です(2007年11月7日)。


1.今後本格化する保守勢力の大連立・大野合を目ざす動きの「先駆け」

自民党及び民主党(以下両党を一括して呼ぶときは「保守勢力」)は、ともに日本国憲法(特に第9条)の「改正」を目ざす改憲勢力です。確かに、自民党の「新憲法草案」及び民主党の「憲法提言」を読むかぎり、軍事面での対米無原則協力(それを正当化しようとするキー・ワードが「国際協調」)を志向する自民党と、国連安保理決議に根拠をおく国際的軍事活動に力点を置く民主党との間には、一見距離があるようにみられます。今問題になっている新テロ特措法に関する両党の対立も、以上の立場の違いに基づくものであることはよく知られているとおりです。

しかし、今回の両党首の密室会談で明らかになったことは、以上の立場の違いは政治的判断でいかようにも調整される(政治的妥協が図られる)性質のものにすぎないという事実でした。多くの報道で伝えられているのは、自衛隊の海外活動に関する恒久法制定(小沢氏の年来の主張)と引き換えに、新テロ特措法への弾力的対応(この点では、新法断念に福田氏が応じたとする小沢氏の説明がありますが、その後の福田氏の発言では引き続き新法の成立を目ざすと言っており、訪米を控えた福田氏が新法断念に応じたとする小沢氏の解釈は大いに割り引いて考える必要があるでしょう)で両者が一致したということです。そうであるとすれば、本丸とでも言うべき改憲問題での両党の立場の相違も、両党のホンネからすれば、いかようにも妥協が図られうる程度のものにすぎないことは明らかだと言わなければなりません。

そして、この点が重要なところですが、改憲(特に9条改憲)は、米日軍事同盟の変質強化(すでにかなり進んでいる!)を目指すアメリカの日本に対する本格的要求であるということです。また、同じく重要なことは、この点では共和党と民主党とはまったく同じ立場であり(第2アーミテージ報告参照)、アメリカの大統領選挙の帰趨にかかわらず、日本が対米従属政策を続けるかぎり(そして、この点にこそ日本の保守勢力の本質があります)、日本の保守勢力としては、なるべく早い時期にアメリカの意向を満足させる内容の改憲をなし遂げなくてはならないということです。

確かに今回の党首会談は、衆参での「ねじれ現象」で国会が空転していること、そしてその中で新テロ特措法案が暗礁に乗り上げている状況を打破しようとする福田首相のせっぱ詰まった事情と、来るべき衆議院総選挙に対する展望(したがって民主党主導の政権交代の可能性)を持てない小沢党首の「結果がすべて」的発想とが結びついて実現したという偶然性の側面はあります。しかし、アメリカの対日改憲要求が今後強まることはあっても弱まることはありそうにないことを考えるとき、保守勢力の大連合・大野合に向けた動きは今後もとどまることはない、と見ておかなければならないと思います。

確かに今回の党首会談は、衆参での「ねじれ現象」で国会が空転していること、そしてその中で新テロ特措法案が暗礁に乗り上げている状況を打破しようとする福田首相のせっぱ詰まった事情と、来るべき衆議院総選挙に対する展望(したがって民主党主導の政権交代の可能性)を持てない小沢党首の「結果がすべて」的発想とが結びついて実現したという偶然性の側面はあります。しかし、アメリカの対日改憲要求が今後強まることはあっても弱まることはありそうにないことを考えるとき、保守勢力の大連合・大野合に向けた動きは今後もとどまることはない、と見ておかなければならないと思います。

この関連で指摘しておきたいことは、福田首相の危険性ということです。危険性がきわめて分かりやすかった安倍前首相に比べると、なんとなく「物わかりよさげ」でソフト・ムードな感じを与える福田首相ですが、私たちとしては、小泉政治を長年にわたって取り仕切ったのは福田官房長官であったこと、彼の最初の組閣に当たって、安倍内閣のほとんどの閣僚をとどめながら、数少ない新任として現行・テロ特措法及び武力攻撃事態対処法など一連の有事法制の成立を担当した「軍事お宅」の石破防衛庁長官を防衛相として登用したことを思い出すべきです。その彼にして今回の行動があるのです。ソフトなファシズムは往々にして軍服姿のファシズムより危険です。


2.保守勢力の反民主的体質

福田・小沢密室会談及び政治的取引を行おうとした両者の政治感覚ほど、日本の保守勢力に共通する主権者・国民の意志を完全に無視する反民主的体質を如実に示したものはないと思います。そのことは、自民党については特にはっきりしています。10月30日の第1回目の会談に際しては自民党内からも様々な不協和音が聞こえましたが、11月2日の第2回目の会談を受けて小沢氏が大連立提案を持ちかえる事態になると、一気に大連立による「政局」打開への期待の声が圧倒的になりました。そこには、政治的目的実現のためには手段を選ばない自民党の体質が見事なまでに浮き彫りになっていました。

その点、民主党においては、小沢氏の提案に対して、役員会でこぞって、「大政翼賛的だ」、「これでは国民に対応(説明)できない」という声が噴出して、「あくまで選挙で政権交代を目ざす」ということで、大連立提案を拒否することになりました。だからといって、自民党より主権者・国民に対して目が向いていると言えるでしょうか。「『自民党はだめだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか』という疑問が提起され続け、次期総選挙での勝利はたいへん厳しい情勢にある」(11月5日付しんぶん赤旗)と述べた小沢氏(もっとも小沢氏自身は、その趣旨は参議院選挙の勝利に浮かれているのでは衆議院総選挙での勝利は難しいという意味だった、と釈明したそうですが)に対して、党内から反発は出ましたが、結局は全党の総意として慰留に奔走したのです。本当に民主党が主権者・国民の意志に忠実で、民主政治に深くコミットしているのであれば、ありえない行動です。要するに、小沢氏が自らに忠実な参議院議員を引き連れて民主党を離脱して自民党と手を組む可能性(そうすれば、国会の「ねじれ」現象は解消してしまう)を恐れ、また、民主党自体がガタガタになってしまうことを恐れる気持ちが支配したという以外にありません。つまり民主党の党益しか眼中にないことがさらけ出されたのです。

私は、以上から、日本の保守勢力に対して主権者・国民が期待を抱くことは危険であり、幻想にしかすぎないことを強く言いたいと思います。


3.「二大政党政治」を宣伝するメディアの責任

今回の一大茶番劇から最も深刻な教訓をくみ取り、主権者・国民に対して深く謝罪するべきは、「二大政党政治」に深々とコミットし、それ以外の選択肢はありえないかのように大宣伝を行ってきた大新聞、テレビの中央キー局であると、私は強く思います。

そもそも、日本の民主政治の可能性をこの上もなく深く傷つけたのは、「二大政党政治」を可能にする小選挙区制の導入でした。しかし、日本のマス・メディアは、既成事実に極端に弱いという日本政治における常の悪習を自らの属性としています。そのため、導入前にはその是非について大いに議論があった小選挙区制を前提として物事を考えることが当たり前となり、その結果として「二大政党政治」をも前提として考えるには時間がかからなかったのです。その結果マス・メディアは、「政権交代ができる制度が即ち民主政治である」という、なんら歴史の検証にも堪えない仮説以上の何ものでもない考え方を、あたかも普遍の真理であるかのように私たちに押しつけることになりました。

二大政党政治及びそれを生み出しやすい小選挙区制が民主政治にとって決して最良でもなんでもない制度であることについては、イギリス及びアメリカの現実がそれぞれ異なる形で答えを与えています。民主政治発祥の地であるイギリスにおいては、長年にわたる二大政党政治に割り込む形で自由党という第3政党が現実政治に登場しています。また、アメリカの二大政党政治が、民主党と共和党の大同小異ゆえに、アメリカ政治の長年にわたる沈滞と低迷さらには腐敗を招いていることは秘密でもなんでもありません。民主政治が行われているほかの国々の実践を見れば、むしろ多党政治が当たり前であり、民意をより良く反映する政治形態であることを確認することができます。

今回の一大茶番劇が示した最も重要な事実は、日本のように民主政治が形骸化し、空洞化しているところでは、「二大政党政治」が一夜にして大政翼賛政治に陥る重大な危険性を内に秘めているということでした。しかし、私の承知するかぎり、マス・メディアはその点については知らぬふりを決め込み、もっぱら表面的な政治現象を追いかけることに終始しています。ここまでくるともはや主権者・国民に対して犯罪的ですらあります。残念ながら、今のマス・メディアに自浄作用を期待することはきわめて非現実的でしょう。私としては、主権者・国民が一大覚醒・一大奮起することに期待を寄せるほかありません。

==========================================

http://www.ne.jp/asahi/nd4m-asi/jiwen/thoughts/2007/199.html

「いったん頓挫した「大連立」に思うこと」への読者の感想

*「いったん頓挫した「大連立」に思うこと」と題した私のコラムの文章にメールで感想を寄せてくださった方が、私の述べた、主権者・国民の一大覚醒・一大奮起に期待を寄せるほかにない、という点に関して、どういう方策があるのかという極めてもっともな(そしていろいろな集会で私が常に出会う)疑問を提起されました。このコラムを読まれた多くの方が感じられる疑問でもあると思いますので、その方の文章とともに、私がその方にお返ししたメールの文章を紹介しておきたいと思います(11月9日記)。


<読者の方のメール>

浅井様の論文からいろいろと勉強させていただいています。
 マスメディアのだらしなさ、特にテレビのひどさは今に始まった事ではありませんが、テレビの背後にはスポンサーがあり、その意向に従った番組製作になり勝ちだと思うのです。これを変えるには、スポンサー企業へ直接抗議の手紙を出すとか、不買運動をするくらいしかないのかもしれません。視聴率が下がらない限りその変化は期待できないでしょう。今のテレビは刹那的に視聴者の気を引きさえすれば良いという考えではないでしょうか。社会的責任を考えての番組は少ないです。
 「主権者・国民が一大覚醒・一大奮起することに期待を寄せるほかありません。」とお書きになっていますが、市民が覚醒するにはどうすればいいのでしょうか? 「おとなしい日本人」、これまた日本人に長年にわたって染み付いた性格だと思うのです。それを変える事は革命的に困難な事のように感じられます。どうすれば変えることが出来るか、浅井様はどうお考えですか、その方策をいつかお書き願いたいです。
           一読者


<私の返信メール>

「一読者」様
感想・質問を寄せてくださいまして、本当にありがとうございます。私の友人の一人が中央キー局に長年勤めていて、本人はとても良心的なんですが、やはり視聴率がすべてだ、ともらしています。この状況は、日本の政治そのものが根本的に変わらない限り、改まる見込みはないと思わざるを得ません。抗議の手紙を出すといっても、不買運動をするといっても、やはりその大波を起こすためには日本の根本的変革が不可欠であり、そのためには主権者・国民の一大覚醒・一大奮起がなくては始まりませんでしょうから。
したがって、やはり問題は一大覚醒・一大奮起をどうすれば実現できるのか、というご質問の点に立ち返るということになるのではないでしょうか。「おとなしい日本人」ということに問題があるのではなく(日本人は決して「おとなしい」という形容が当たる民ではないと思います)、むしろ「群れる」したがって「自分がない」人が多いということに根本的な原因があるのではないか、と私は思うようになっております。私が最近コラムなどで「他者感覚」についてしばしば書くようになっているのはそのためです。
とはいえ、「他者感覚」を身につけることは決して簡単なことではないと言わざるを得ません。他方、「他者感覚」が身につかない日本人は、南京大虐殺のようにあるいは太平洋戦争への突入へののめり込みのように、なにかパニック状況が起これば、再び暴走する危険性が極めて高いと思います。今の北朝鮮に対する国民的敵意の爆発はその予兆です。ですから、主権者・国民の一大覚醒・一大奮起は、どうしても「他者感覚」を備えた上でのものでないと危ないのです。
では出口がない、ということになってしまうんでしょうか。私にももちろん結論はありませんし、ましてや「方策」などあろう筈がありません(そんな「方策」があったならば、とっくの昔に提案しています)。ただ、私は人類の歴史には信頼を置いています。紆余曲折はあるにせよ、人類は前進を遂げつつあります。私は、この人類史的歩みの中にある日本・日本人ということに期待を寄せています。したがって、私としては、自分の考えを地道に発信し続ける以外にないと思い極めているのです(私はもう66歳ですので、発信を続けるという以外の選択肢はないことを認識しています)。私としては、問題意識を持つすべての日本人が、自分の条件の許す範囲内で最大限の努力をすることが必ずや国民の一大覚醒・一大奮起につながると確信して、その最善を尽くすことを期待したいという「方策」しか思いつきません。
長々と書きました。お答えになっていないでしょうが、お許しください。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。