★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 499.html
 ★阿修羅♪
【産経「僕を問責できる人がいるのか」 首相発言に民主反発】(問責の軽重を決めるのは福田ではなく国民です)
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/499.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 11 月 22 日 11:30:10: 4sIKljvd9SgGs
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000102-san-pol
「僕を問責できる人がいるのか」 首相発言に民主反発
11月22日8時1分配信 産経新聞


 民主党の鳩山由紀夫幹事長は21日、福田康夫首相が同行記者団との懇談で「自分を問責できる人がいるのか」などと発言したことについて「大変不謹慎な話だ。ご自分の胸に手を当てて反省されたらいい」と述べ、強く反発した。

 鳩山氏は、22日の党首会談で、首相から新テロ対策特別措置法案成立への協力を求められても「譲歩するつもりは一切ない」と強調。さらに同法案が衆院で再議決されるケースについて「国民の審判は参院選で下っている。その参院で否決された法案をなぜ衆院へ戻すのかという気持ちが国民に出てくるだろう。その環境を見定めて、取るべき対応を取りたい」と述べ、首相の問責決議案提出がありえるとの見方を改めて示した。

 同党の簗瀬進参院国対委員長も同日の記者会見で「(首相問責は)非常に重い決議案だが他人事(ひとごと)のようだ。責任意識がそんなに希薄でいいのか」と批判した。また簗瀬氏は、守屋武昌前防衛事務次官が先の証人喚問で宴席に同席したと証言している額賀福志郎財務相、久間章生元防衛相、「日米平和・文化交流協会」の秋山直紀専務理事の3氏を、証人喚問や参考人で参院に招致する考えを示した。

【関連記事】
・ 民主 新テロ法案、衆院再議決なら 首相に問責決議案
・ 問責、引き延ばしで解散も 伊吹氏が民主をけん制
・ 民主・鳩山幹事長、問責は世論の動向を見て判断
・ 「恒久法なら協力」を否定 民主・鳩山氏
・ 自衛隊派遣「恒久法の制定必要」 首相と小沢氏


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。