★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 647.html
 ★阿修羅♪
大谷昭宏:タンコブ記者?否ホクロすら除去 = JCJ
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/647.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 11 月 27 日 12:44:40: mY9T/8MdR98ug
 

http://www.jcj.gr.jp/massinfo.html#20071127

 週刊誌からコメント依頼があった。タイトルは「読売新聞は死んだ」だが、それでいいでしょうかという。確かに大阪本社と、東京本社の違いはあるが、読売と言えば、私の出身母体である。「死んだ」とは穏やかではない。だが、話を伺って、私はそのタイトルのもとで、コメントさせてもらうことにした。
 週刊誌の取材はもちろん、あの連立構想と小沢さんの辞任劇、それをめぐる、読売新聞グループの会長であり、かつ、読売新聞の主筆として厳然たる力を持っている渡辺恒雄氏の関与についてである。
 思えば、1987年、いまは亡き黒田清さんと、私が大阪読売を退社した時、さまざまなメディアが、かのナベツネ氏と、大阪の黒田軍団の確執を書いてくれた。だが、当時から黒田さんは「ボクら、ナベツネに睨まれるほど大層なもんやない。目の上のタンコブどころか、目の下のホクロみたいなもんや。けど、あの人はそのホクロさえも許さんのやなあ」と言っていた。
 さて、目の下のタンコブどころか、ホクロさえ許さない人がこの大連立構想に主筆、いや違った、主役として関与した時、どうなるか。あの小沢さんの辞任撤回の記者会見の席で、朝日・日経以外は信用ならんと発言してきた小沢さんに、あたかもそれを取り消せとばかりに質問した記者は自分の携帯メールを見ながら発言、その様子をテレビカメラが捉えていた。考えたくもないことだが、記者は社命のメールを読んでいたのではないか。
 百歩譲って、もし、大連立が出来てしまって憲法改変から共謀罪、あらゆる危険な法案が雪崩を打って成立、その時になって、記者たちが、しまったと感づいたとしても、それを批判することが果たして出来るだろうか。改めて言うまでもなく、記者の仕事は権力のウオッチャーであると同時にチェッカーでもあるはずだ。その記者が批判さえ許されないとしたら最早、記者とは呼べない。
 朝日新聞の声の欄が目に止まった。
 《「今の読売は権力にすり寄っているなんてもんじゃない。権力者が新聞をつくっているんだ。そんなのジャーナリズムじゃないよ」
 読売新聞大阪本社の社会部長を努めたジャーナリストの故黒田清さんは、古巣の読売についてこう評した。(魚住昭著『渡辺恒雄 メディアと権力』)》(愛知県犬山市・梅沢広昭)
 同じ朝日の「朝日川柳」には、《黒田記者 存命ならば何と書く》とあった。黒田さんが亡くなって7年、存命ならば夜な夜な水割り片手に、私に何を語ってくれただろうか。目の上のだろうと、目の下だろうと、権力にとって、タンコブであるはずの記者たちがホクロであることも許されなくなった新聞はやはり死んだのである。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。