★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 756.html
 ★阿修羅♪
証人喚問 政治的泥仕合の道具にするな、という、問題の政治的道具の仕方と、民主主義の否定、これが日本の良識だ?
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/756.html
投稿者 ヤハウエハのタタリ、祟りじゃ〜!! 日時 2007 年 11 月 30 日 06:29:25: DO6P.hRyTTh86
 

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071129ig90.htm

証人喚問 政治的泥仕合の道具にするな(11月30日付・読売社説)

 衆参ねじれの下で、民主党は参院第1党としての責任をどう考えているのか。額賀財務相の証人喚問をめぐる民主党の対応は、極めて疑問だ。

 参院財政金融委員会が、自民、公明の両与党欠席のまま、民主党など野党の賛成多数で、額賀財務相を12月3日に証人喚問することを決めている。

 喚問決定後、共産党は、喚問に賛成したのは誤りだった、としている。国民新党にも同様の意見がある。それでも、民主党は喚問を断行するという。

 国政調査権に関し、憲法62条の規定で、証人の出頭と証言を求めることが出来る。議院証言法では、偽証すれば、最高で10年以下の懲役に処される。

 証人の人権にもかかわるからこそ、恣意(しい)的に行われることのないよう、証人喚問の決定は、制度が出来て以来、全会一致が原則とされてきた。

 先に前防衛次官の守屋武昌容疑者を参院外交防衛委員会で証人喚問した際、当初は、与党欠席のまま、野党の多数で喚問を決めた。だが、その後、全会一致で議決し直したのも、長年の慣例を守るためだったはずだ。

 それにもかかわらず、民主党が慣例を破ってまで喚問に固執したのは、喚問の場を政治的に利用しようという意図からではないか。「数の論理」におぼれているとしか見えない。

 額賀財務相の問題は、守屋容疑者の「山田洋行の元専務も交えた会合で同席した」とする証言がきっかけだった。額賀財務相は、当日の日程表や出席者の証言などを示して、全面否定している。

 宴席に出ていたかどうかということと、防衛省の調達をめぐる疑惑とは関係ない。額賀財務相の問題で、喚問までする必要があるのか、疑問だ。

 民主党の小沢代表は、「(宴席に同席していたかどうかが)問題ではなく、政官業の癒着の疑念がある」と言う。これでは、具体的な疑惑もなしに、まず証人喚問ありきということになる。

 自民党内には、小沢代表を喚問してはどうかという声もある。小沢代表の政治団体が、1995年以降、2006年までの間、山田洋行から、計600万円の献金を受けていた。献金は全額返還したと言うが、それでも十分、喚問の理由になる、という見方からだ。

 衆院では、与党が圧倒的多数だ。多数決による喚問決定がまかり通れば、衆参双方で喚問の応酬になる。それこそ泥仕合である。そうなれば国会は何をしているのか、という批判は免れまい。

 証人喚問を政治的泥仕合の道具にすることなど、あってはならない。

(2007年11月30日1時59分 読売新聞)

-------------------------------------------------------------------------------
自民党や読売新聞や保守的御用評論家のいう「良識」には臭いものにはふたをせよという思惑がある。政争の具ってどういうことですか?民主主義には政争の道具という概念はありません。

 ある時は民主主義が正しい、数の上での民主主義の正統性を説きながら、法律の多数決によるごりと通しをよしとし、都合が悪くなると、問題を政争の愚にするなという。
その根拠をどこに求めるのだろうか?よくわからん話です。

 今回も額賀先生が料亭に行ったかどうかが問われているのだが、その是非は堂々と証人喚問でもしてもらって、真偽をただしてもらいたいものです。国会の証人喚問は裁判でないとか、大臣を証人喚問するのは偽証だったら、問題があるとか余計な物差でやめさせようとしている。

 民主主義とはそもそも数の上で事の真偽を決めるのでありますから、特に証人喚問して追及しておけば、嘘は後で問い直すことが出来るのですから、結構なことです。政治において、複数の政党が問題を闘わせ、その是非と合理性とか正当性を国民に知らせることは大切なことです。民主主義とはそういう意味でこの法則を使えばいいことです。

 読売新聞のわたなべせんせには胡散臭いものを感じております。つい最近の大連立構想で自民党と民主党が合流することによって、日本の政治が健全に良くなると言うことらしいですが、これは悪くなります。数の論理で日本の保守反動支配体制を堅固にしようとする意図が感じられます。

 わたなべせんせも考えてもらわんと困ります。そもそも1989年ごろ小選挙区制度を取り入れたのも、国民が自民党のやりたい放題に愛想を尽かし、自民党が長期的敗退に入ったので、良識のある二大政党制をになうということで、小選挙区制を導入したのでしょう。そして、自民党は既得権にすがる自民党と改革的野党の二つに割れて、日本共産党や日本社会党や野党が政権を取れないようにするつもりだったのでしょう。
自民党は既得権を守るために、日本社会党を飲み込み、そのほかの野党を飲み込み、公明党を飲み込み、それでも自民党は政権を取れないとのことで、民主党を飲み込もうとしたのでしょう。もう国民は金持ち階級の金持ち階級による金持ち階級の政治に反意を示しているのです。東京トライアングルの中にいると、このことがわからないようですが、今度は正念場です。

 その理由はあなた方が、日本の指導層が大衆を踏み台にして、社会階層を二極分化させて、上流階級と底辺階級の二つに分離してしまったのです。中産階級が消えてのです。俺達の未来に幸せはないと日本の大衆が感じているのです。読売新聞が語る社会の底辺の犯罪に対して、法律を厳しくして社会の犯罪を減らして、社会の安定を計るやり方はもう通用しなくなっているのです。読売報道の犯罪報道方針はこういうふうにみえますが、どうですか?そして、そのようなやりかたをして、日本の社会から犯罪が減りましたか?減らないはずです。底辺にはお金が全然回ってこないのです。人間は衣食住足りて礼節を知るものです。

「犯罪者は社会の敵だ。あいつらはもともと常識も、教養もなく、無知で、金を得るためには手段を選ばないという獣なのだ。このことを大衆にテレビで、新聞で、何度でも何度でも、マインドコントロールして、社会から乖離排除し、他の大衆に見せしめにしろ」

 これはアメリカの指導層もこんなやりかたをしているようです。アメリカは近いうちに内乱になります。内戦になります。そんな事を平気でアメリカはやっています。日本もそうならないようにしてくださいね。

 かくして、日本の55年体制は崩壊します。自民党の先生方、球広いの中曽根せんせやふんけいのお友達の渡辺せんせや山里会の三宅せんせにも、日本の国民にいいます。

次に選挙があったならば、自分が生き残れるかどうかで、投票をしなさい。

@消費税が上がって生活が出来なくなる人は、俺にも生きる権利があるのだといい、自民党に反対しなさい。

Aイラクにお金をやるお金が政府にあるなら、俺にも生きる権利があるのだといい、自民党に反対しなさい。

Bガソリン税などで、人も通らない道路を作る金があるなら、俺にも生きる権利があるのだといい、自民党に反対しなさい。

C老人医療費が上がって、病院から出なければならない老人は俺にも生きる権利があるといい、アメリカの思いやり予算を減らして、俺達にまわせ。

D派遣社員やフリーターで生活が成り立たない人は、俺達を守ってくれず、切捨てにする国家は守るに値しないから、戦争には行かないし、自民党には反対しなさい。

 もう底辺の日本人は来年から生きていくことは出来なくなります。物価はどんどん上がり、収入は増えず、生きる権利は奪われていきます。最後のチャンスです。腹をくくって、やらないと、切り捨てられますよ。これがわからないかなあ〜?


 自民党の微生物のアメーバのような形がなく、餌を求めて何でも取り込んで自分の栄養にしようとしている自民党が、再び国民に胡散臭く思われて言います。あいまいにごまかす時代はもう終わったのです。大衆は白か黒かを求めているのです。誰が一番甘い汁を吸っているかを知りたがっています。誰がうまくやったかを知りたがっています。
 全体の空気と全体の病巣が読めないから、これがわからないのです。

推敲してないので、誤字や脱字があるかもしれませんが、意味を汲み取ってください。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。