★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 805.html
 ★阿修羅♪
日本医師会とは別の新しい医師組織が発足。 2008年1月13日 全国医師連盟設立準備委員会が総決起集会を予定
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/805.html
投稿者 どっちだ 日時 2007 年 12 月 01 日 16:32:24: Neh0eMBXBwlZk
 


---いのげちゃんねる から転載----------------------
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/8599/1196435187/l50


全国医師連盟設立準備委員会 総決起集会

1 :名無しさん:2007/12/01(土) 00:06:27

全国医師連盟設立準備委員会 総決起集会

日時、場所   平成20年1月13日13時より 東京ビックサイト、会議棟7階

参加資格    準備委員会会員および医師新組織の結成に賛同される方
          (参加事前登録が必要です。)先着150名

集会内容
1) 主催者による報告と行動提起
2) 小松秀樹先生による医師への激励挨拶(約20分)
3) 本田宏先生による激励講演(約100分)

会費 医師 2000円、その他 1000円

主催 全国医師連盟 設立準備委員会
http://doctors21.jp/

*参加事前登録  非会員の場合は、氏名、住所、職業、所属、年齢、
  連絡先(アドレス)を記入の上、【1.13集会参加希望】 と明記して
  zai@doctor2007.com まで御連絡ください。

集会に関して、主催者からの詳細なプレスリリースを12/10以降に予定しています。

2 :完全義体:2007/12/01(土) 07:21:51
医師連盟って、日本医師会の政治組織名じゃ?

3 :座位:2007/12/01(土) 11:01:03
全国医師連盟は、日本医師連盟とは異なります。
1.13集会では、小松、本田両先生から、熱い激励、講演をしていただきます。

会の構成など、説明いたします。
==========================
全国医師連盟 設立準備委員会(2007年11月30日現在)

執行部世話役  黒川 衛
執行部     遠山義浩 三輪高之 杉本恵一
運営協力    木田博隆 川嵜 真
運営役員    執行部他 28名
会員数     未公開  

会員構成   平均年齢 42歳、
       公立病院勤務医27%、民間病院勤務医37%、
       研究医14%、開業医20%
http://www.doctors21.jp/index.php?m=pc&a=page_o_sns_privacy
================================
会員数は、三桁は突破しております。現在四桁めざしております。


---------全国医師連盟 設立準備委員会---------------------------
http://www.doctors21.jp/index.php?m=pc&a=page_o_sns_privacy


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
入会御希望の方は、zai@doctor2007.com までご連絡下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

全国医師連盟 設立準備委員会 執行部

 準備委員会に参集された皆さんは、崩壊しつつある現在の医療に、
何らかの危機感を持たれて参加されていると思います。
 仮に医療の崩壊をくい止めるにせよ、医療が崩壊した後、立て直すに
せよ、我々医師が誇りを失わず、モチベーションをもって良い医療を
提供するためには、現場で働く我々が医療の専門家として声を上げ、
社会と行政に訴えかける力を持たなくてはなりません。

既存の医師団体にはない、決意と実行力が必要とされているわけです。

■我々は協力して、医療事故や医療崩壊・医療難民増大の温床になって
いる医師の労働環境の改善を社会に強力に訴えます。
■医療崩壊を加速する医療関連予算抑制政策に反対します。
■医師の為の病院機能情報、労働環境情報の交換の場を創設します。
■開業医の為の経営改善情報の交換の場を創設します。
■日本の医療体制再構築のため、勤務医の労働環境と開業医の診療
経営の改善の為、強力な行動を起こします。
■法曹資格者やIT技術者、各種学識経験者、メディア等の協力を得て、
公正な医療報道、患者さんの安全と補償を担保する医療者にとって
公正な医療裁判、紛争解決を目指します。

【目標】 行政府、立法府、司法、メディアに医療のあり方を提言できる、
地域、世代、診療科、 医局を越えた、真の社会貢献を果たす専門家集団
として医師新組織を創設いたします。

これらの行動を起こすためにはマンパワーが必要です。皆さんの知恵と力
を御結集下さい。

===============================

理念(Ver.3.1)

宣言 患者と医師が病と闘う最善の医療環境を目指します。

人間は十人十色、千差万別です。そんな人間が病気になれば同じ病名
でも多彩な症状が表れます。そんな人々を診察し治療するのが医師です。
医師が診療を行なうのに欠かせない条件に集中力が挙げられます。
患者の病態を診断し、正しい治療を行なうためには高度の集中力が必要
となります。

集中力を高め保ち続けるためには、心身ともに十全である必要があります。
しかし現状は寝不足で朦朧状態であるとか、積み重なる仕事に疲労困憊状態
であり、この様な状態では望ましい診療は行なえません。
これは医師にとって望ましくないだけではなく、医療を受ける患者にとって
も望ましいものではありません。
我々はこの状態の改善を目指します。

===============================

規約案 Ver1.10

(名称)第 1条 本組織は、医師の活動的連帯組織であり名称を○○
    とする。
(目的)第 2条 本組織は、医師間の連帯強化と、医師による社会貢
    献を目的とする。
(会員)第 3条 日本国籍を持つ、あるいは日本在住の会費を納めた
    自覚的な勤務医、開業医、研究医等の医師を会員とする。
    入会にあたっては、入会手続きの後、参加資格委員会の承認を
    必要とする。
    脱会は、自己申告等に基づき、自由にこれを行う。
    除名は、参加資格委員会の決定によりこれを行う。
(会費)第 4条 会費および寄付金は、別に規定を設ける。
(サポーター)
    第 5条 本組織に理解のある法曹資格者、IT技術者、その他の
    有識者を参加資格委員会の判断により、サポーターとして迎入れ
    ることが出来る。
(議決機関)
    第 6条 本組織の最高議決機関を総会とする。
    総会は、活動計画、規約の改正およびその他の重要事項を審議
    し、決定する。
    総会は、執行部と地域の代表によって構成され、総会構成員の
    過半数の出席により成立し、その議事は行使された議決権の過
    半数をもって決する。
    総会は、執行部の議を経て代表が招集し、執行部が運営方法を
    定める。
    二回目以降の地域の代表選出は別に規定を設ける。
(代表と執行部)
    第 7条 本組織に代表を置き、代表は、組織を代表する最高責
    任者とする。
    代表の選出と任期は、総会において決定する。任期途中で代表が
    欠けた場合は執行部に置いて代表代行を選出する。
    代表及び代表代行は、執行部を指名することが出来る。
    第 8条
    本組織の業務の執行に関する事項を審議、決定または承認する
    ため、執行部を設置する。
    執行部は、代表または代表代行がこれを指名する。
    執行部は、必要な部署を設置し役職を指名することが出来る。
    重要な部署や役職の新規設置は、総会又は役員会の承認を得な
    ければならない。
(地方組織と役員会)
    第 9条 地方の組織は、別個に規定された規約に基づき、地方
    組織を設置することが出来る。地方組織の代表は、役員会に出席
    し、各種の議決と重要な提言を行うことが出来る。
    第10条 役員会は、地方組織の代表と執行部から構成され、執
    行部又は、構成員の3分の1の要請によって開くことが出来る。
(各種委員会)
    第11 条 執行部は、次の委員会を設置することが出来る。
    財務、法務、広報情宣、渉外、企画、総務
    労働環境改善委員会、診療所経営支援委員会、組織強化委員会、
(倫理)
    第12条 会員は、医学医療倫理に反する行為、組織の名誉を傷つ
    ける行為、本規約および組織の諸規定に違反する行為を行っては
    ならない。
    会員が前項に違反した場合、所属機関あるいは上部組織において
    当該会員の行為について速やかに調査を行った結果にもとづいて、
    必要な措置を決定する。
(会計および予算等)
    第13 条 本組織の経費は、会費、寄附、事業収入、その他の収
    入をもって充てる。
    執行部は、役員会の議を経て予算を編成し、大会の承認を得なけ
    ればならない。
    第14 条 執行部は、役員会の議を経て会計報告を作成し、会計
    監査の承認を受けた上で総会の承認を得なければならない。
(会計監査)
    第15 条 本会に会計監査若干名を置く。会計監査は会の経理を
     監査する。 
    会計監査は、代表が選任し、大会の承認を得る。その任期は代表
    と同じとする。
(規則等)
    第16 条 本規約で委任を受けた事項または本規約を実施する
    ために必要な事項について、規則等を定めることができる。
     前項の規則等は、総会又は役員会の承認を得なければならない。
(改正規約の発効)
    第17 条 本規約は、決定と同時に発効する。

===============================
全国医師連盟 設立準備委員会(2007年11月30日現在)

執行部世話役 黒川 衛
執行部     遠山義浩 三輪高之 杉本恵一
運営協力    木田博隆 川嵜 真
運営役員    執行部他28名
会員数     未公開

会員構成   平均年齢 42歳、
       公立病院勤務医27%、民間病院勤務医37%、
       研究医14%、開業医20%

連絡先    〒851-3423 
       長崎県西海市西彼町八木原郷3453-1 社宅
       黒川 衛 zai@doctor2007.com

===============================
世話役略歴
  1985年長崎大学医学部卒業、同年九州大学医学部第一内科入局、
  1989年九州大学医学部研究科卒業。1991年福岡逓信病院内科勤務、
  1992年大分医科大学第一内科医員、1997年大分医科大学内科助手、
  1998年大分医科大学付属病院第一内科外来医長、同病棟医長。
  1999年長崎大学医学部解剖学第一講座(神経解剖学)助手、同講師、
  2001年同助教授。同大学大学院医歯薬総合研究科助教授および
  共同研究交流センター助教授兼任。2007年9月長崎大学退職
http://www.jrc.nagasaki-u.ac.jp/dtlrsc.php?ano=579 ←(退職前)
  2007年10月より 長崎県西海市真珠園療養所 内科勤務医  
===============================

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。