★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK44 > 894.html
 ★阿修羅♪
騙されるな!「保険料凍結」は1300万人中200万人のみ、老人殺しの本質変わらず。
http://www.asyura2.com/07/senkyo44/msg/894.html
投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2007 年 12 月 05 日 08:48:45: Nk87MbMkz45iQ
 

(回答先: 全てのアップ・内容説明を完了!大阪府後期高齢者医療広域連合議会審議の実態 投稿者 ヒゲ-戸田 日時 2007 年 12 月 05 日 07:34:04)

 自公政府は後期高齢者医療制度への批判の高まりをかわすために、盛んに保険料徴収を
凍結したとか延期したとかを宣伝し、各地の広域連合もそれに沿った条例規定をしているが、
これは衆院選対策のための誤魔化しでしかない。
 「保険料凍結」は1300万人中200万人のみで、全ての高齢者個々人を強制加入させ、保険料
を強制徴収し、医療のランクを落とす等の、「老人殺し・収奪強化」の本質は何ら変わってい
ない。
 そこらへんを、分かり易く解説している共産党の宮本たけし氏のHPから引用する

高齢者医療費負担増など凍結、「凍結」とはどういうことか
http://www.miyamoto-net.net/column/diary/1190809065.html
 
自民・公明両党がとり結んだ「政権合意」には、高齢者医療費の負担増凍結に関して、
・75歳以上の「後期高齢者」の一部約200万人が新たに負担する保険料の凍結期間を
 来年4月から1年未満とすることや、
・70〜74歳の高齢者の窓口負担を1割から2割に引き上げる措置を少なくとも来年度
 1年間「凍結」すること、
などがもりこまれました。

 しかし後期高齢者医療制度の保険料徴収の「凍結」も、全員ではありません。
1300万人といわれる対象者の内、「子供らの扶養を受ける人」約200万人が対象、
残る1000万人以上は保険料を払わねばなりません。

 しかも当初与党は「早ければ今国会に議員立法で凍結法案を提出し、成立を目指す」と言
っていました。ところがその後の経過の中で、1割の差額部分などを全額国費で補てんする
よう予算措置し、今臨時国会への法案提出は見送る模様と報じられています。 

 そして本日、政府・与党は、これらの財源を担保するため、07年度補正を軸に予算措置
をする調整に入りました。
 来年4月から70〜74歳の医療費窓口負担割合(現行1割)を2割に引き上げることで
増える自己負担分や、75歳以上から新たに徴収する保険料などを国庫で補てんします。
 補正規模は、社会保障関係だけで最大1600億円超に上る見通しだといいます。

 具体的な中身は、窓口負担が倍増する70〜74歳の人(約500万人)の負担増分など
1200億〜1300億円に加え、新たに保険料を徴収される人が初年度に払う400億円
のうち、半年〜9カ月分(200億〜300億円)を政府が肩代わり。
 それ以外に母子家庭の児童扶養手当削減を「凍結」する予算も含めて、補正規模は1500
億〜1600億円超になると試算しています。

 しかし、そもそも「凍結」というのは「制度の枠組みは変えず、一時的に国が肩代わりして
負担を軽減する」というもの…つまり「やめる気はありません」ということでもあります。
 与党の当初の方針通りならば、新たな法案提出で「制度そのものを見直す」という含みも
ありましたが、補正予算で措置するというのでは、制度はそのまま、「国民がうるさいので、
お金の問題だけしばらく実施を待ってやる」というだけの話です。

戸田HP http://www.hige-toda.com/

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK44掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。