★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK45 > 847.html
 ★阿修羅♪
「きわめて過激な仏教の信者たちのグループが自衛隊や警察に入りこんでいる」 愛川欽也パックイン・ジャーナル
http://www.asyura2.com/07/senkyo45/msg/847.html
投稿者 外野 日時 2008 年 1 月 06 日 11:12:28: XZP4hFjFHTtWY
 


「Yahoo!動画」の『愛川欽也パックイン・ジャーナル 〜1兆円、イージス艦からミサイル迎撃大丈夫か』で、神奈川県警の公安警察のトップが“宗教”詐欺の片棒を担いでいた件の話から、「きわめて過激な仏教の信者たちのグループ」が自衛隊や警察、そしてメディアなどに入り込んでいる危険性という話がなされた。

そこに出てくる「この宗教で国を支配しなければいけないという教義」の「きわめて過激な仏教」というのはもちろん創価学会のことであり、その”教義”は「広宣流布」(この稿の最後に少し紹介)という。

番組の収録の中から、その部分のみを抜き出したのが次の音声ファイル。

Windows Media Player 32Kbps 3分43秒
http://carrier.sakura.ne.jp/video/pij071222.wma


──────────────────────────

Yahoo!動画
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00064/v00134/v0013400000000425641/

愛川欽也パックイン・ジャーナル

1兆円、イージス艦からミサイル迎撃大丈夫か(00:49:23)
(C)朝日ニュースター

イージス艦からのミサイル迎撃実射実験に成功! が何になる? (12月22日放送)
防衛省が米ハワイ沖で弾道ミサイル防衛の海上配備型迎撃ミサイルの実験に初めて成功したと発表した。今後のミサイル配備には1兆円を越す費用がかかるが、果たしてその効果は……? パックが斬る!

配信期間 2007年12月22日〜2008年2月1日

料金/利用期間 無料

利用条件 日本国内でのみ視聴できます。
──────────────────────────


以下は『創価学会は日蓮を殺す』赤間剛著(1998年06月刊)から。

──────────────────────────
 神崎は現職の検事でありながら、1970年に一大社会問題化した創価学会・公明党の言論出版妨害事件の折、政教分離を宣言した池田大作創価学会(当時)の原稿作りに参画。
 さらに同年夏には、山崎正友を中心とした共産党・宮本議長宅盗聴事件の後始末を同僚の福島啓充検事(現学会副会長)とともにモミ消した。
 また七二年に創価学会は、大石寺正本堂の教義解釈をめぐって日蓮正宗の一つの信徒組織である妙信講と対立し、再び盗聴を実行するが、その盗聴にも神崎が関与していたという。
「自然友の会」というグループがある。神崎をはじめ検事、判事、司法関係者の隠れ創価学会員の集まりだ。年に数回、池田大作と会食するなどして直接情報交換する。「鳳会」は外務省の職員の会だ。もちろん学会員で、その数は二〇〇とも三〇〇ともいわれている。
 池田の海外旅行を下支えし、要人との会見などの根回しをする弁護士グループは「カーネーション・グループ」という名称をもっており、公然ないし秘密裡に創価学会や池田のために働いている。
 かつて池田は、創価学会を指して、「内部戦艦、外部豪華客船」と形容した。また、「世間がアッといったときが、広宣流布」とも発言している。要するに本当は池田の天下盗りの「先兵」であるにもかかわらず、外面は一般人を装っている。そうした手駒が天下をとったときに一斉に決起するときが、「広宣流布」だといい、これを「総体革命」と名づけている。
──────────────────────────


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK45掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。