★阿修羅♪ > 社会問題5 > 353.html
 ★阿修羅♪
【デジタル『紙の爆弾』】 林真須美被告が大阪拘置所から語った「死刑の当日」
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/353.html
投稿者 passenger 日時 2007 年 12 月 30 日 13:48:58: eZ/Nw96TErl1Y
 

【デジタル『紙の爆弾』】 林真須美被告が大阪拘置所から語った「死刑の当日」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (引用元:http://kamibaku.com/modules/weblog/details.php?blog_id=158

林真須美被告が大阪拘置所から語った「死刑の当日」

      (カテゴリ: 裁判・検察・弁護士・司法ネタ :)
             執筆者: kamibaku (12:53 pm)

和歌山カレー毒物混入事件の犯人として逮捕され、1審、控訴審と死刑判決を受け、
現在は上告中の林真須美被告。
12月7日に全国の刑務所で死刑が執行。真須美被告のいる、大阪拘置所でも、
池本登死刑囚の執行が行われた。
その時の拘置所の様子を真須美被告が明かした。

「執行の何日か前から、夜になると消灯される廊下などで煌々と明かりが灯るようになった。
そろそろ、死刑の執行があるんかなぁ〜と思った。
時期が12月でしょう。去年もあったから、今年もかなと感じていた」
「いつもと違う時間で風呂を入れるようになっていた」
と様子の変化を真須美被告は感じていたという。

そして
「刑場を掃除していたらしい」 「刑場の電気がずっと点灯している」 という話も耳に入ってきた。

「12月3日くらいから、いよいよ今年もかと予感していた。そしたら、12月7日に
なぜか廊下にでなきゃいけない収容者が出してもらえない。刑務官の先生が
『待ってくれ』とえらい緊張したトーンでなだめていた。ついにと思ったら、やっぱり
死刑でした」

「宅間君 (2001年大阪府池田市の付属池田小大量殺人事件の容疑者。2004年死刑執行)
のときは、カラスが鳴いていたんよね。それで、今日かなと予感した」

真須美被告は間もなく大阪拘置所では6回目となる新年を迎える。
上告審の判決いかんで、自身も死刑囚という立場になってしまうのだが

「私は犯人やない。そんなこと、ならんよ」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 社会問題5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。