★阿修羅♪ > 戦争88 > 524.html
 ★阿修羅♪
Getting killed for an illusion:幻想に殺される:Amira Hass
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/524.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2007 年 2 月 06 日 04:52:04: 6nR1V99SGL7yY
 

http://www.haaretz.com/hasen/spages/819666.html

For years Gaza has been identified with rifles held aloft,
with mothers expressing joy at the fact that
their sons have committed suicide in an attack against Israelis,
and with pleading looks by people who have nothing to eat at home.
Not only Israelis see these television scenes as representing reality
in its entirety, so do those Palestinians living in the West Bank who
have never entered Gaza - certainly not during the past 16 years,
since Israel began to prevent free entry and exit from
this impoverished and crowded strip of land.
何年もの間ガザは、高く掲げられる自動小銃、
息子達がイスラエルに対する攻撃で自殺したという事実に母親達が喜びを表し、
家に何も食べ物がない人々の懇願するような表情とみなされてきました。
ただイスラエル人だけではなく、
貧困に陥り、混雑したガザへの自由な出入りを
これまでの16年間だけではなく、イスラエルが妨害し始めたので
一度もガザに入ったことがない西岸に住むパレスチナ人も
これらのテレビ映像が全部現実を表していると考えます。

Only a prolonged stay among the residents of Gaza can add
other nuances to the televised version.
The jokes and the rumors, the talent for self-mockery,
the power of endurance that alternates with fatalism, the frankness,
the generosity, the ability to be both emotional and tough at once,
the common sense acquired over 60 years of exile and loss,
the shouting and the silence,
the pain over the fact that education was once the highest priority.
These are only some of the character traits that endear
the residents of Gaza to those who know them well.
ただガザの住民の間での長期の滞在だけが
テレビで放送されたバージョンに他のニュアンスを加えることができます。
冗談と噂、自己嘲笑の才能、運命論で交替する忍耐力の政権、率直さ、寛容、
同時に感情的でタフな能力、60年以上の追放と損失により獲得された常識、
叫びと静寂、
教育がかつて最優先であったという事実への痛み。
これらはただ彼らをよく知る人達に
ガザの住民を慕わせる特徴に過ぎません。

And these are the nuances that have been erased in recent weeks,
as Gaza has come to be identified first and foremost with lethal
internecine battles between armed men from two hostile political
movements, with mutual killing that everyone says is insane but
which they are unable to stop.
そしてこれらはここ数週間で消去されたニュアンスです。
ガザが何よりもまず第一に
二つの敵対的な政治的運動の武装した男達の間の致死的な血なまぐさい戦闘、
皆が正気でないと言うが、しかし止めることが不可能な相互の殺害と
みなされるようになるにつれて。

To the point that two days ago, after the terror attack in Eilat,
residents of Gaza were hoping that the Israel Defense Forces would
invade the Strip and detain some of the armed men and chase others
out of the streets.
The clear signals that the IDF does not intend to do so are additional
proof for them that Israel wants this internal war to continue.
二日前のエイラトでのテロ事件の後に、ガザの住民達はイスラエル軍が
ガザに侵攻し、武装した男達を拘留し、道路から他の人達を追い出すだろうと
希望していたという点に至るまで。
IDF がそうするつもりはないという明確なシグナルは、イスラエルが
この内戦が継続することを望むという彼らのための追加の証明です。

Despite the new cease-firesigned early yesterday morning,
there is a fear in Gaza that many families are still seeking revenge
for their children's blood, and will act at some point.
The fear hints at another certainty:
the fact that there is no chance that there will be a political,
national leadership that will be able to restrain dangerous hamula
(extended family) traditions in the foreseeable future.
昨日早朝の新しい停戦協定にもかかわらず、
多くの家族が子供達の血の復讐をまだ求めており、
ある時点で行動するだろうというガザの恐れがあります。
恐れはもう一つの確実性をほのめかします:
近い将来、危険な hamula(拡大家族)慣習を抑制可能な政治的、国家的
指導体制ができるというチャンスがないという事実。

Fatah is interested in emphasizing the danger of a civil war
in order to undermine the legitimacy of the Hamas government.
However, there are some who express hope that in spite of everything,
the war of the security organizations will not deteriorate into
an overall civil war.
In one typical Gaza home, we were told, one brother is the driver of
a senior member of the Fatah security organizations,
and another brother is the driver of a senior Hamas minister.
Members of Hamas and Fatah, who have been friends since their school
days, sit together in the evening and openly discuss the seriousness
of the situation.
ファタハはハマス政府の正当性を傷つける為に
内戦の危機を強調することに興味を持っています。
しかし全てのことにもかかわらず、
治安機関の戦闘が内戦へと悪化しないだろうという希望を表明する者もいます。
ある典型的なガザの家庭で我々は言われました。
一人の兄弟がファタハ治安組織の上級のメンバーの運転手で、
もう一人の兄弟が上級のハマスの大臣の運転手です。
学生時代から友人であったハマスとファタハのメンバーが
夜一緒に座り、公然と事態の重大性を論じます。

All this is in contrast to the 1980s.
Back then, when members of the Islamic movement (the Muslim Brotherhood)
confronted leftist and Fatah activists,
they would not speak to one another,
but felt and behaved like two mutually antagonistic nations.
Today the lethal hostility is limited to the armed men on both sides.
Those who are unarmed continue to support their own political streams
and to justify the behavior of the different security organs,
but not at the price of personal quarrels.
They are all afraid of being caught in an exchange of fire,
of being hit by a bullet or an RPG bomb.
この全ては1980年代と対照的です。
その当時、イスラム運動(ムスリム同胞団)のメンバーが
左派とファタハ活動家と対面した時、彼らはお互いに話をしようとはせず、
二つの相互に対立する国のように感じ、振る舞いました。
今日、致命的な敵意は双方の武装した男達に限定されます。
非武装の人達は彼ら自身の政治的潮流をサポートし、
異なる治安機関の行動を正当化し続けます。
しかし個人的な口論を犠牲にはしません。
彼らは皆、銃弾や RPG の応酬に巻き込まれることを恐れています。

The Palestinians are right in placing the overall blame
for the present situation on the occupation:
It is the occupation that determines the framework of an economic siege
(which also existed before the intifada and
before the establishment of the Hamas government),
it is the occupation that has imprisoned the residents of Gaza
in a huge holding pen since 1991,
without any opportunities and without hope for improvement.
The imprisonment is the cause of the widespread ignorance.
The severance from the rest of the world only reinforces
the loyalty to hamulas, including such acts as blood revenge,
because in the absence of political and economic hope,
the only source of support for the individual is once again the hamula.
パレスチナ人が現状を占領に対して全体的な非難を与えることは正しいです:
経済的な包囲攻撃の枠組みを決定するのは占領です。
(インティファーダやハマス政府樹立の前にも存在していた)
1991年から、どんな機会もなく、発展に対する希望もなしで
ガザの住民を巨大な囲いの中に入れたのは占領です。
投獄は広範囲にわたる無知の原因です。
世界中からの援助はただ、血の復讐のような行為を含めて、
hamulas への忠誠を強化するだけです。
政治的、経済的な希望がないので、個人に対する支援の唯一の源が
もう一度 hamula であるからです。

But those Palestinians who are tired of hearing that
the occupation is to blame are also right.
A war of the security organs and a civil war are also the product of
decisions and instructions by those who see themselves as leaders,
and must therefore be aware of the results of their acts.
しかし占領が悪いと耳にすることがもう嫌なパレスチナ人も正しいです。
治安機関の戦闘と内戦は、彼ら自身をリーダーとみなし、行為の結果を
知っているに違いない人達による決定と指示が生み出したものでもあります。

There is no point in asking "Who started?"
(Fatah started with the armed provocations).
In any case, the lethal confrontation stems
from two ills both rivals share.
「誰が始めたのか」という問いかけには意味がありません。
(ファタハは武装した挑発から始めました)
いずれにしても致死的な対立は双方のライバルが共有する
二つの悪から生じます。

One is the cult of armed men and weapons, which has spread
in Palestinian society and has silenced any attempt to discuss
the huge damage the use of weapons has caused the struggle against
the Israeli occupation.
The other is the illusion that the Oslo process
(or "democratic" elections in the shadow of the occupation)
can enable a Palestinian party to govern,
and that a Palestinian party is able to form a respectable government
as is the case in an independent state.
一つは、武装した男達と武器のカルトです。
それはパレスチナ社会に広がり、
イスラエルの占領に対する武器の使用がもたらした莫大な損害を議論する
どんな試みでも沈黙させました。
もう一つは、オスロ同意(あるいは占領の影の下での「民主主義的」選挙)が
パレスチナの政党が統治することができる、
そして独立国家であるかのように、
パレスチナの政党が立派な政府を組織することが可能であるという幻想です。

The armed security organs of Fatah and Hamas were sent to fight,
to kill and to endanger the welfare of the entire public in order
to uphold the illusion of self-government under a foreign occupier,
disguised as a concerned neighbor.
ファタハとハマスの武装した治安機関は、
心配している隣人を装う外国の占領者の下での自治という幻想を守る為に
戦い、殺し、全ての民衆の生活を危険にさらす為に送られました。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争88掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。