★阿修羅♪ > 戦争88 > 697.html
 ★阿修羅♪
新時代の政策を実現する為に、@ 創造力が活かされる為の前提条件について 
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/697.html
投稿者 秋吉悠加 日時 2007 年 2 月 10 日 23:04:30: ldiFanJt9l51o
 


新時代を実現する為に、@創造力が活かされる為の前提条件について

創造力が活かされる(新時代実現の)為の前提条件について

@戦争のない時代を実現しなければならない。
戦争と同時進行の社会では自然界の創造力は活かせない。

まず、戦争のない時代を実現する事が前提でしょう。

地球を緑にする活動も、国民の年金を実現するのも
金持ちの実力に対し適切な税金をかける案についても
国民人類のための優れた創造力が、本当に役立つためには
創った端から戦争で破壊されていってはならないのであり、
政治体制の質も大きな問題となっているのである。

企業の納税が、国民市民の幸せ作りに繋がらなければ
人類生命に与えられている創造力という能力を、
社会に有効に活かす事はできないのである。

平和を実現する活動
これらの実践結果を、いとも容易く破壊してしまうもの
それが戦争である。

活動を水泡に帰すもの、それが蛮勇の,自分さえよければの暴力であり
ムダな場面で、創造力を浪費させる経営力のない活動家であろう。
空回りの結果、人々を不幸にする社会が実現してしまう。
結果としての戦争の絶えない現況が、それを露呈している。

現政権も現状の政治姿勢では、米追従の戦争のできる軍事大国にしょうと
するだけで、創造力が活かせるような政治構造にするのは不可能でしょう。
野党側が、国民の立場で政権に影響力を与える立場を強化できなければ
そして米従属の、兵力を出せる軍事国家にする事に歯止めを掛けなけれは、
人々を幸せにする創造力を、活用できる日本にする事はできないでしょう。

現状の日本は、米追従,軍事大国の日本,格差拡大の自殺大国である。
創造力の利用方法の間違いは、国民人類の平和とは逆の現象を現わし
両体制の欠点面が二極面から、日本の社会に現れているのである。

先ず、戦争体質を改めることが格差の是正の為には重要でありましょう。
言葉だけではなく行動で示す〈実現する)ことが、何より重要である。

現時点の戦争体質の政権が、新時代政策に着手すると発言する事も
何の保障の裏付けもない、無責任すぎる言葉と言えるでしょう。

**********************  ・ ************************

戦争をしながら、真の平和は実現できないのである。
壊れると分かっているものを築いていく事は出来ません。
常識ある人なら、誰でも簡単に分かる事でしょう。
国民代表の政治家の中に解らない人がいる。

あらゆる国民市民の立場の為の、自然界の創造力は、まず
戦争を無くする時代の実現から始まる。その為に力を合わせて
戦争体質、米蛮勇権力の行動を規制せねばならないのである。
和平のまやかしを繰り返し、人類社会は騙され続けてきた。当面の平和を
演出するのは、一時しのぎの誤魔化しであり、政治ではないのである。
このままでは、米の独走,先制攻撃に歯止めを掛けるものがなくなり、
ずるずると滅亡の第三次世界大戦が本格化していくだろう。
米の蛮勇侵略行為に世界中が迷惑しているときに北朝鮮は
何をしているか。理解できない。近隣の親切を仇で返すのであろうか。
米,野獣権力の子分(子供)という事であったのか。。。。

**********************  ・ ************************

野獣,米よ!人の迷惑を省りみず、何をそんなに荒れ狂い醜態を晒すのか
野獣の子は、本当に可愛いのか?世渡りの方便に過ぎないのでは?
北朝鮮権力が、北の国民を悲惨な状況に放置しているのを知らない訳じゃ
あるまえし、人を連れ去る異常な政権で近隣を恐れさせているのも眼中に
入らないようだ。米国に尽くし従属してきた日本の主張は殆んど無視され
意に介さないアメリカ、日本の政権も全く立つ瀬がないようだ。

米は、人類社会を破壊し人命を殺傷し、何故そんなに迷惑を掛けるのか?
人間の形をした人獣では、そこから新たなもの生れないし創れもしない。
(政治の前面に出るから人獣となり、伝統文化なら尊敬される立場である)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞
人類生命が地上で、ここまで繁栄して生き延びてこれたのは
他の猛獣達を規制しながら、人知により力を合わせて
人命とその社会を存続させてきたからである。

他の野獣から人命を守ってきた「生存競争本能」という機能も、
人類社会の運営の中で既に必要のない機能となって久しいのである。

現在、人の形はしているのだが、人間の中の退化して行く段階にきて
いる (生存競争本能)その機能が野放し状態であるため、
人類の生命・社会を内部破壊(共喰い)している。
先制攻撃・占領行為をを止めねばならない。

国際社会が規制すべきものは、人間野獣の本能に任せた
独占・収奪の侵略行為、破壊・人喰いの蛮行なのである。

高度の武力をもち 荒狂う人間野獣に対しては、人知を結集して
規制しなければ、人間社会はそこで終了する。破壊され滅亡する。

人獣の退化していく機能を強化する(増派する)度に
その都度、人類社会の被害が大きくなるだけである。
この侵略行為から新しい価値は生まれないのである。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞
人類全員の生存権が認められる新しい時代にまもなく入ろうとしている。
もはや、必要のなくなっていく機能(生存競争本能)なのである。
新時代とは、ヒトが進化する場面でもあろう。


新時代を望むなら、退化する機能を新しい時代に持ち込んではならない。

生存競争本能で、さらにイラクに侵入し破壊・人喰いを続行するのは
もう止めにしなければならない。 人間の形をした米野獣は、速やかに
撤退するのが常識である。侵略した占領軍の手で回復作業をやろうなど
相手国をバカにした感覚であるから、いつまでも戦争を終わらせる事が
出来ずに、イラク国民を苦しめている。収奪の侵略者の手で最初から
その目的の復興事業など、安穏と取り組む事は許されないであろう。
[nmw] イラク「復興」事業で巨額談合
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/653.html
米,侵略占領軍の「撤退と同時」に
各国から軍隊ではなく、武器をもたない平和隊と指導ボランテアが
入れ替わりに入ればよいのである。国連要請の平和隊員であっても
武器の必要はない(普段の装備で十分である・戦闘などは行わない)
人類の生存権が認められる社会になれば争いも激減するし、国連よりも
日本の今後に、選挙により実現する新政権が未来を見通す目が備わって
いるのであり、国連の要請が日本政権の上にあると考える必要もない。

米野獣の、自己中心の戦争展開は、国民人類の大迷惑である。
誤りの先制攻撃による侵略占領軍の、イラク国からの撤退は当然である。


**********************  ・ ************************

戦争をしながら、真の平和は実現できないのである。
努力して構築しても、簡単に破壊されてしまうからである。

戦争と同時進行の社会を肯定する立場は、創造力を国民人類の為に
役立てる技術を持たない(資格がない)立場という事である。この事は、
活動家(政治専門外の立場の慈善事業家)の強引な介入で、新時代の
実現が妨げられ、平和を実現すると言いながら滅亡へと向っている事に
気付き難くしているのである。用意もなく油断している間に、取返しの
つかない事態に突入する事になるのも時間の問題である。

壊れる事を、承知で強引に実践する立場とはなんだろう?
平気で国民の為の財源を無駄使いできる立場とはなんだろう?
やる事なす事、一部現場の一時的改善にしかならない事業の為に
(全体を念頭に置く必要ある)政治的立場の足を引張る立場とは何か?

あるイデオロギーを基にした自信ある活動かもしれないが、時代遅れを
省みようとしなければ、時代の行く手を塞ぐ行動となってしまうだけである。

戦争をしながら、真の平和は構築できないのである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新時代を実現する為に、A世界人類が新しい時代に移行する時は
立場上、日本が(新政権を作り)その役割を果す段取となっている!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争88掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。