★阿修羅♪ > 戦争88 > 923.html
 ★阿修羅♪
3・11から7・7へ:「イスラム=テロリスト」心理戦争の完全犯罪
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/923.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2007 年 2 月 16 日 22:50:06: SO0fHq1bYvRzo
 

3・11から7・7へ:「イスラム=テロリスト」心理戦争の完全犯罪


マドリッドで3・11マドリッド列車爆破「イスラム=テロ」の茶番裁判が開始したのを記念して、欧州で起こった二つの自作自演テロによる「イスラム=テロリスト」心理戦争の完全犯罪について、改めて読者諸氏にご注意を促したいと思います。

下記の阿修羅投稿によりますと、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/07/war88/msg/908.html
投稿者 地方自治 日時 2007 年 2 月 16 日 09:16:03
スペイン列車爆破裁判関係
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヨタ売新聞、失礼!読売新聞の記事にこのように書かれていました。
************************************************************
 29人の被告は、いずれも国際テロ組織アル・カーイダ系のイスラム過激派組織に所属、内訳はモロッコ人15人、スペイン人9人など。このうち、エジプト人のサエド・アフメド被告(35)やモロッコ人のハサン・アル・ハサキ被告(43)ら数人が、マドリード市内のモスク(イスラム教礼拝所)などで他の被告に組織への参加を呼びかけ、2004年3月11日早朝、マドリード市内のアトーチャ駅など3か所で起きた列車同時爆破テロを企てたとしている。
【中略】
今後の公判では、29人の被告とアル・カーイダとの関係解明が焦点となる。
************************************************************

まあ、この世界に誇る日本語与太新聞に今さら何を言ってもしょうがない、というようなものなのですが、29人の被告が『いずれも国際テロ組織アル・カーイダ系のイスラム過激派組織に所属』と(何を根拠にそう言うのか知らないが)断定したうえで、『今後の公判では、29人の被告とアル・カーイダとの関係解明が焦点となる』と書いていますね。裁判の過程でしか分からないことを最初に断定するという、与太新聞ならではの書きっぷりです。

ここに「テロ=アルカイダ=イスラム」の連立方程式が描かれているのですが、これが世界中の与太マス(粗大)ゴミどもを大量破壊兵器として使って行う心理戦争の実弾攻撃であることは言うまでもありません。脳細胞が垂直崩壊した右や左のダンナ様方が固く信奉しているこの「テロ=アルカイダ=イスラム」神話の捏造過程について、3・11と7・7ロンドン交通機関爆破事件に共通して見られた心理攻撃について、イランへの(ひょっとして核攻撃を含む)戦争計画が実現に近づいている現在、もう一度筋を通して説明しておきたいと思います。


●2005年7月7日にロンドンで、2004年3月11日にマドリッドで起きた二つの「爆破テロ」事件には、ほとんど誰にも気付かれること無い、「テロ」と「イスラム」を永遠に結び付けるすばらしい『手品』が世界に向かって披露されていたのです。ここでその手品の「種明かし」をやっておきましょう。

マドリッド3・11直後に、当時の国民党政府は「ETAのテロ」と断定しました。自分達がイラク戦争を熱心に支持し、党首のアスナール自らがブッシュやブレアーと共にアゾレス諸島でイラク戦争の「旗揚げ式」を敢行しただけに、3・11とイラクを結び付けられると、3日後に迫った総選挙での命取りになりかねないからです。その上に、数ヶ月前からETAによるテロとテロ未遂事件が、これでもかこれでもか、とばかりにスペイン中で続いていました(ETAは昔からCIAと密接なつながりを持っており3・11の「狂言回し」としての役割は明白)。国民党はもはやETAテロ説にしがみつく以外に選択の余地が無かったわけです。

そしてスペイン国民はこの見え透いた嘘に怒りを爆発させ、3月14日の総選挙で、「イラク撤退」を公約にするサパテロ政権を誕生させました。こういうことです。スペイン国民の多くは《自らの意思と判断で!》テロとイラクを結び付け、『3・11=イスラム・テロ』と断定し、反戦意識の高い人ほど進んで『反テロ世界戦争』に組み込まれていきました。

《自らの意思と判断で!》なのです!

(この事件の真犯人はどこかの豪邸で腹を抱えて笑ったことだろう。彼らにとっては、スペインに何党の政府ができようが、どうせ大した役には立たないスペイン軍がイラクから引き上げようが、何の問題でもなかった。西側世界の国民の心に「テロ=アルカイダ=イスラム」神話が定着することこそ、彼らの最大の願望だったのだ。)

そして同じことが繰り返されました。7・7事件後、ブレアは明らかに故意に!7・7とイスラムを結び付ける発言を控えたのです。外相のストロウはイラクからの撤退計画を否定し、ブレアはイラク戦争の内幕を描いた前国連大使の回想録の発刊を差し止める措置を取ることすらしました。このような英国首脳の言動を報道する英国各紙は「政府はイラク戦争への批判を避けている」という論調を煽り、野党自由民主党も「イラク隠し」への批判を強めていきました。
(参照)
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/324.html
イラク戦内幕本の発行差し止め=ブレア政権、批判再燃恐れる?−英紙 (時事通信)
http://www.guardian.co.uk/attackonlondon/story/0,16132,1531005,00.html
Straw rejects war link to bombings(Guardian)

そしてそのうえで、7月18日にガーディアンによる世論調査が行われ、『英国国民の3分の2がイラク戦争を7・7の原因と考えている』ことが大々的に報道されたのです。(スペインでは選挙、英国では世論調査!)
(参照)
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/367.html
英国人の3分の2がロンドン爆破とイラク戦争を結びつける:国民を説得できない労働党(ガーディアン)

駄目押しとして、6月半ば以前にすでに英国諜報機関の合同テロ対策チームが『イラク戦争がテロの主要な動機として作用し続けている』とブレアに忠告していた、という内容の「機密文書」が19日のニューヨークタイムズ紙ですっぱ抜かれたのです。(それにしても英国はよく「機密」が漏れる国だ!)
(参照)
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/377.html
リークされた内部報告書では”主要動機”と (NYTですが)
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/388.html
リークにうろたえる英政府(ガーディアン、タイムズ報道)

これは言うまでも無く英国政府とガーディアン、ニューヨークタイムズが息を合わせて演じて見せた茶番劇ですが、英国国民は《自らの意思と判断で!》、自国政府への不信と怒りに燃えて、「7・7はイラク戦争に反発したイスラム・テロである」と固く信じ込むに至ったということになります。

またしても《自らの意思と判断で!》!

こういった心理作戦のシナリオ・ライターは複数の諜報機関の合同チームでしょうが、ものの見事に世界をペテンにかけたわけです。見事な演出! まさに完全犯罪だ! 

英国首脳がこの「機密漏洩」に対して涼しい顔をし続けたことは言うまでも無いでしょう。そしてマスコミは『対テロ世界戦争』の実戦部隊として行動したというわけです。
(参照)
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/491.html
恐怖を煽り、「イスラム」を悪魔化し、警察力強化を叫ぶ英国各紙


●ところで、その「イスラム=テロ」を実行する者の正体とは?
(参照)
http://asyura2.com/0510/bd42/msg/926.html
911、WTC解体『施工業者』:言わずと知れたブッシュ・ファミリー!!
http://www.asyura2.com/0610/war86/msg/926.html
【全対訳】9・11『11便ハイジャック犯はイスラエル人だった』:The Truth Seeker
http://www.asyura2.com/0610/war85/msg/480.html
現イスラエル首相エフッド・オルメルトも9・11にリンクの情報
http://asyura2.com/0601/war80/msg/270.html
爆破解体前のWTC7に巣食っていた悪魔どもの一覧
http://asyura2.com/0601/war80/msg/325.html
3・11「犯人」の大多数が、事件前に警察のコントロール下にあった(エル・ムンド)
http://www.asyura2.com/0505/war74/msg/422.html
3・11:「爆薬入手の密告屋」は警察に頼まれて「実行犯」に近づいた(エル・ムンド
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/556.html
3・11「不発弾」は警察が捏造していた?(エル・ムンド紙の爆弾?報道!!)
http://www.asyura2.com/0505/war74/msg/431.html
英国軍の牢破り:スペイン紙も速報「逮捕時にアラブ人の服装で爆発物を所持していた!」
http://www.asyura2.com/0505/war74/msg/499.html
英国製アルカイダ正体暴露:イラク議員インタビューの全文【グローバル・リサーチ】
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/169.html
またしても「自爆テロ与太話」の大合唱【バリ爆破】:遠隔操作で自爆??だって!
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/288.html
やっぱり自爆でなかったバリ島爆弾事件
http://asyura2.com/0510/war75/msg/1386.html
アンマン、ホテル爆破:イスラエル人は事前の警告で退避していた(ハアレツ)
http://asyura2.com/0510/war75/msg/1438.html
アンマン爆破「イスラエル人だけ事前に避難」に裏付け!(LAタイムズ記事)
http://asyura2.com/0510/war76/msg/134.html
アンマンのホテル爆破、天井裏に仕掛けられた爆弾の証拠写真
http://asyura2.com/0510/war76/msg/144.html
『劇団‘与太’自爆テロ物語』連続公演:ロンドンでは怪談話、アンマンでは心中未遂のメロドラマ
http://asyura2.com/0510/war75/msg/1412.html
米国とイスラエルによる「人間虫ケラ、隠蔽、大嘘つき」大作戦が丸見えになった!


●ところで、この心理戦争ですが、戦争と言う限りは「敵」と「味方」がいるはずです。ではこの心理戦争を仕掛ける「敵」とは一体誰なのでしょうか。

次の拙稿より引用します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://www.asyura2.com/0601/war84/msg/279.html
「おかしなもの」を見て「おかしい」と言えるための「草の根の運動」

【引用開始、前略】

5年前、バルセロナのテレビでWTCがバシャバシャと横に広がりながらぶっ崩れるのを見ていて「アリャ??」と思い、ペンタゴンに飛行機の残骸が何も見えないのを見て「コリャマタ!?」と思い、次にチンパン・ブッシュが歯をむき出して「戦争!!」とわめくのを見て「ナント!!」と叫んでしまいました。「アメリカめが、またやりやがった!」ということです。

スペインはメイン号謀略テロで米国にコッピドイ目に遭わされていますし、一般に欧州人は米国人ほど単純ではありませんから、黙っていても腹の底では「ケッ!またかよ!」と思っている人が大勢います。先日の英国の茶番「テロ未遂」なんぞ英国人の2割しか政府発表を信用していない、マドリッド3・11の「公式見解」でもスペイン人の66%が疑っている、といった状態です。

アンデルセンはデンマーク人ですが、「裸の王様」を見た通り「裸だ」と感じるセンスは、2千年来支配者の謀略に付き合わされてきた欧州人が平均して持っているものでしょう。しかし本当は(少なくとも江戸時代の前くらいまでは)日本人もそうだったと思うのですね。明治以降はそれが先手を打って押し潰されたようです。江戸末期から明治の時期に成り上がった支配者は、世の中で何が一番恐ろしいのかよく知っていたのでしょう。

私がよく引用する明智光秀の言葉ですが、「武士の嘘を武略と言い、仏の嘘を方便と言う。土民百姓はかわゆきものなり」。支配者にとって本当の敵は外国人じゃないのですね。自分の下にいる被支配民なのです。だからそこに対して「武略(政治謀略とプロパガンダ)」と「方便(情報操作によるマインドコントロール)」を駆使して攻撃を仕掛ける。「おかしなものはおかしい」という単純素朴な土民百姓のセンスこそが、これを跳ね返すことができる。

【後略、引用終り】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

支配者にとって本当の敵は外国人じゃないのですね。自分の下にいる被支配民なのです。だからそこに対して「武略(政治謀略とプロパガンダ)」と「方便(情報操作によるマインドコントロール)」を駆使して攻撃を仕掛ける。「おかしなものはおかしい」という単純素朴な土民百姓のセンスこそが、これを跳ね返すことができる。

以上です。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争88掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。