★阿修羅♪ > 戦争89 > 513.html
 ★阿修羅♪
<「戦争の館」(“House of War”)>3.10東京大空襲はアメリカによる「ホロコースト」だった。
http://www.asyura2.com/07/war89/msg/513.html
投稿者 gataro 日時 2007 年 3 月 07 日 09:33:19: KbIx4LOvH6Ccw
 

3月7日付「しんぶん赤旗」文化欄で、「朝の風」というコラムがアメリカで出版された「戦争の館」(“House of War”)を紹介している。

著者はボストン・グローブ紙コラムニストのジェイムズ・キャロル氏。「戦争の館」には、3.10空襲をはじめ第2次大戦末期の日本諸都市への焼夷弾攻撃が、連合軍機のドイツ空襲とは比較にならないほど残忍であったことが、具体的に分析されているという。

ドイツへの空襲はロンドンから指揮されたが、日本へはワシントンからの司令で行った。焼夷弾で焼けこげる生身の人間への想像力を希薄にするためだったそうだ。またドイツへの空襲が人口密集地の場合には一定の制限が設けられていたにもかかわらず、日本への場合は無制限だったという。

日本の木造家屋を焼き尽くすための焼夷弾が開発され、被害が甚大となるようにグアム基地でマクナマラ(大戦後に米国防長官になる)を中心にして周到に計画された空襲だった。

後に著者がマクナマラに「東京で起きたことを知らなかったのか」と問いつめると「知らなかった」と答え、「今はどうか?」と念を押すと泣き出さんばかりの顔になったという。

3.10空襲翌日のニューヨーク・タイムズ紙は、「朝の風」によると、焼夷弾集中投下の実行を「ホロコースト」と表現しているという。

庭に落ちた焼夷弾の残骸をイス代わりにして遊んでいた子ども時代を、小生はふと思い出した。

House of War (Hardcover) by James Carroll (Author)
http://www.amazon.com/House-War-James-Carroll/dp/0618187804


http://www.democracynow.org/article.pl?sid=06/05/10/1345217
Wednesday, May 10th, 2006
House of War: James Carroll on the Pentagon and the Disastrous Rise of American Power(Democrcy Now!)

We speak with James Carroll - one of Boston's best-known writers - about his new book, "House of War: The Pentagon and the Disastrous Rise of American Power." In it, Carroll examines the growth of the military industrial complex since World War II and his personal connection to the Pentagon. [includes rush transcript]
--------------------------------------------------------------------------------
We speak with James Carroll, one of Boston's best known writers. A decade ago he won the National Book Award for his memoir "An American Requiem: God, My Father and the War that Came between Us." He is also a prize-winning columnist for the Boston Globe.
He has just published a new book titled "House of War: The Pentagon and the Disastrous Rise of American Power."

In the book Carroll examines the growth of the military industrial complex since World War II and his personal connection to the Pentagon.

He grew up in a military family. His father was a three-star general and the first director of the Defense Intelligence Agency. He oversaw the agency throughout much of the Vietnam War.

But Carroll took a different path becoming a vocal opponent of the War and a writer.

For the past six years he has been researching the history of the Pentagon and what he calls the "disastrous rise of American power."


・James Carroll, best-selling author and columnist at the Boston Globe. In 1996 he won the National Book Award for his memoir An American Requiem. His latest book is titled "House of War: The Pentagon and the Disastrous Rise of American Power." Before becoming a writer, Carroll was a Catholic priest.

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争89掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。