★阿修羅♪ > 戦争92 > 608.html
 ★阿修羅♪
レバノンのファタハ・イスラム G
http://www.asyura2.com/07/war92/msg/608.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2007 年 6 月 01 日 00:07:42: 6nR1V99SGL7yY
 

膨れあがる難民キャンプ、その現状 (VIDEO 2:01)
http://www.afpbb.com/article/politics/2232632/1641150

Nahr al-Bared is a ghost town, smelling death
http://www.irinnews.org/Report.aspx?ReportId=72404

Interviews with PLO spokesman in Lebanon and PFLP official
http://electronicintifada.net/v2/article6963.shtml

軍とファタハ・イスラムとの戦闘で民間人の犠牲を憂慮
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=305

ファタハ・アル=イスラームとレバノン軍が一時停戦
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20070528_125149.html

レバノン全土を戦場化する―ファタハ・イスラム指揮官言明
http://memri.jp/bin/articles.cgi?ID=SP159907

「72時間後に攻撃」シニオラ首相が最後通告 汎アラブ紙報道
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/news/20070528ddm007030024000c.html
レバノンのパレスチナ各派はこれまで政府軍支持を強調してきたが、ここに来て
「ファタハ・イスラムを国外追放する政治的解決」を首相に求め始めた。
UNRWAによるとキャンプ人口の約3分の2に当たる4422世帯(約28,000人)が
26日までに脱出。
しかし依然として最大9,000人の難民がキャンプ内に閉じ込められている模様だ。
米国や親米アラブ諸国から弾薬などの軍事支援物資が続々と到着しており、
支援物資の配備完了後に総攻撃が始まるとの見方も浮上している」

手りゅう弾爆発で5人負傷 治安悪化進む
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/news/20070528k0000e030013000c.html
Grenade attack at Beirut crossroads
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/85B5346C-013E-41B6-80F5-D4977CD0E201.htm

Lebanon militants vow to fight (VIDEO 1:35)
http://news.bbc.co.uk/player/nol/newsid_6690000/newsid_6696900/6696995.stm?bw=nb&mp=wm


Mosaic:World News From The Middle East - May 25, 2007 (VIDEO)
http://www.linktv.org/mosaic/20070525
Mosaic Intelligence Report: Hot Summer in Lebanon (VIDEO 19:51〜)
http://www.linktv.org/scripts/episode_transcript.php?episode=mosaic20070525
Nahr El-Bared, which means “Cold River”
Some Lebanese officials claim that Fatah al-Islam has been used
by the Syrian intelligence as a tool to derail UN moves to establish
the Hariri tribunal.
Supporters of the opposition, however, claim that
the recent clashes are a ploy by the Western-backed Lebanese government
to further implicate Syria and to disarm Hezbollah.
What is interesting about what is going on in Nahr al-Bared is the fact
that most of the rebel fighters infiltrated to Lebanon through Syria
but are armed mostly with American made weapons.
Are the weapons really heading to Nahr Al-Bared or
are they meant for future confrontations with Hezbollah?
ナハル・バレドは、「冷たい川」を意味します。
レバノン当局者の中には、ファタアル・イスラムがシリアの諜報機関によって
ハリリ法廷を設立する国連の動きを頓挫させる道具として使用されたと
主張する者もいます。
しかし、野党支持者は、最近の衝突は、シリアを巻き込み、ヒズボラを武装解除
する為の、西側に支持されたレバノン政府による策略であると主張します。
ナハル・アル・バレドで何が起こっているかについて、面白いことは、
戦闘員の大部分がシリアを通ってレバノンに潜入し、
しかし主としてアメリカ製の武器で武装されているという事実です。
武器は本当にナハル・アル・バレドに向かっていますか、
それともヒズボラとの将来の対決のためですか?


<参照>
レバノンのファタハ・イスラム@〜F
http://asyura2.com/07/war92/msg/345.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争92掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。