★阿修羅♪ > 戦争99 > 656.html
 ★阿修羅♪
藤田幸久議員による911事件(ビデオライブラリを文章化)
http://www.asyura2.com/07/war99/msg/656.html
投稿者 木村愛二 日時 2008 年 1 月 11 日 22:35:42: CjMHiEP28ibKM
 

藤田幸久議員による911事件(ビデオライブラリを文章化)

----------------------------------------------------------
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/01/911_e96c.html
2008年1月11日 (金)
911疑惑に関する国会質疑(1)

1月10日(木)参議院・外交防衛委員会(第十八回)、
民主党新緑風会、藤田幸久議員による、ニューヨーク911同時テロ事件に関する質疑応答部分。(参院インターネット審議中継ビデオライブラリを文章化)

【9.11疑惑部分 その1】

藤田議員:    
 限られた時間の中で、私は今日あえて9.11について・・・あまりにも世界中で色々な疑問の情報が実は出されておられる。世界の有力な指導者のほうからも出されている。そんな中で、私は当然犠牲者に対してやっぱり日本政府が責任を取るであるならば、そうした日本政府が断定したアルカイダであるということについて、もしそれに対して疑念が出ているのであるならば、しっかり否定をし、そしてこのテロとの戦いの原点についての確認を取るということが私は重要ではないかとそういう観点から、いくつか質問させていただきます。

 まず、ペンタゴンでございますけれども、ちょっとパネルをご覧いただき、そして閣僚の皆さんにはこの写真をお配りしておりますので、ご覧いただきたいと思います。
 一枚目は全部色々な映像その他が、具体的なエビデンスとして残っておりますので、それを集めたものでございます。これ(一枚目写真:ボーイング757型機がペンタゴンに突入する前を合成)だけはたまたま合成したものでありますけれど、要するにペンタゴンにこれだけの幅の飛行機が突っ込んでいます。それで757というのはかなり大型の飛行機です。幅が38メートル。ところが実際ご覧になって判るように、この飛行機が突入したにもかかわらず、これだけの穴しか実は開いていない。これだけの幅の穴が開いていないと。
 それと二枚目(757突入後の建物正面)ですね。これは火災が起きたということで、ワシントンの消防士が消火活動にあたっておりますけれども、これを見てもとてもとてもこれだけの幅、それから尾翼の高さに当たるような建物が破壊をされていない。と同時にこの手前の芝生をご覧いただきたいと思いますが、芝生にも全然残骸がないんです。
 それから三枚目(消火中の正面)です。これもやはり同じペンタゴンですけども、これは上に書いてありますけれど、屋根がそのまま残っているという風に、このアメリカのテレビ局で字幕が入っています。つまり、飛行機が突入したにもかかわらず、ほとんどそれだけの大きさの傷が落ちていないわけですね。
 それから次の写真(四枚目:突入後の穴のアップ)をご覧いただきたいと思います。これは穴が開いておりますけれども、これは石破大臣が良くご存知の通り、ペンタゴンというのは非常に強固な幾重にも五角形になっている建物ですけれども、それがこれを貫通しているんです。ご承知の通り、飛行機というのは出来るだけ機体を軽くするために、軽い材質で出来ているようなものが、こんなに穴を開けられるはずがない、というのが具体的にこのペンタゴンの物証として判る事です。
 それからこれは次の写真(五枚目:ペンタゴン上空に757が飛行してきた様子を図解)をご覧いただきたいと思いますが、飛行機がどうやって突っ込んだかという事についての写真でございますけれども、つまり上の方から飛行してきた飛行機が曲芸飛行の様にUターンをして、しかも国防長官なんかが居ない反対側にわざわざ回り込んで、一番強化をしておりましたこの建物に突っ込んだ、というような事があるんですね。
 これはいくつかお配りした資料の中で、この9.11に疑問を呈する発言という中の5頁の真ん中辺に、このアメリカ軍の空軍対応した方の発言が載っておりますけれども、この人が言っておりますけれど、「私自身、この9.11に関わった二つの飛行機を操縦した事がある。このテロリストと呼ばれている人が、いきなり初めてこの757の操縦席に座って、機体を垂直に操縦する事は可能とは思えない。そしてこういうような曲芸的な飛行が出来るはずがない」という風に言っています。
 それからご承知の通り、この4機の飛行機のフライトレコーダーもほとんど出てきていない。それからペンタゴンには監視カメラが八十何台ありますけれども、5機の監視カメラの映像が出てきただけで、ほとんど出てきていない。それでとにかく今もご覧になっていただいた様に、一枚目は合成したものですけども、今までペンタゴンに突っ込んだ飛行機の映像・機体・残骸等々は、一切我々の眼に留まったことがないというおかしな状況なんですね。
 それで大臣、市谷に新しい防衛省がございますけれど、首都において、しかもニューヨークにおいて飛行機が最初に突入してから一時間半ぐらい経ってからペンタゴンに飛行機が飛んでいるわけですね。その間、その首都の防衛省に飛行機が突っ込むという事があり得るんだろうか。そして、実際に今申し上げたような状況が起こっているということについて、たいへん航空機にお詳しい大臣でございますので、こういった事実についてどうお考えになるのか。それからこういった事が日本においてもあり得るとすれば、あるいは日本が同盟としておりますアメリカの防空体制がこういう事であるという事も含めまして、今申し上げたような事例について防衛大臣から見解をお聞きしたいと思います。
石破防衛大臣:
 ご通告をいただいておりませんのでその場の答弁で恐縮ですが、やはり合衆国としても相当に意表を突かれたという事だと承知をいたしております。その後どうするようになったかと言えば、こういう事態が生起した時に空軍が上がる、そしてまたそれを打ち落とすことあり得べしというような対応が、この後に定められたという風に承知をいたしております。
 これがドイツにおきましては憲法裁判所において、そのような事は違憲であるという旨の判じがなされたという風に承知をいたしております。じゃあ日本ではどうなのだという事でございますが、それはそのような飛行機がどの国籍なのか、それを乗っ取って操縦しているものが何なのか、その意図が何であるのかという事によって、対応する法制が異なるのだと思っております。これが日本国籍の飛行機でなければ、領空侵犯阻止というのは外国の航空機という事に定められておりますから、これは該当しないのだろう。しかしながら単に高度をどんどん下げておるという事だけで、我が国に対する急迫性の武力行為というような法的な評価が出来るかと言えば、それは困難な場合があるかもしれない。だとすればぎりぎり考えると、航空自衛隊に対して治安出動を命令するという事しか今の法体系では難しかろう。さすれば閣議決定等等の時間的な余裕をどう見るかという議論、そして航空機の多くの、それこそ無辜の民が乗っておられるわけですから、その場合にどうするのかという議論は、やはり私はしておかねばならんのではないかと思います。
 昔昔のことですが、児玉誉士夫という人の家にセスナ機が突っ込んだという事がありました。あるいは全日空の函館行きの飛行機が乗っ取られて、パイロットが殺害されたという事件もありました。私どもは色々な事に対して、そういう事がないのが一番良いのですが、色々な法整備というものは、そして運用というものは考えておかねばならないし、もちろん国会の議論を十分たまわればならないという風に考えております。
(つづく)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/01/911_8d30.html
2008年1月11日 (金)

ネオコン・ブッシュ、その偽装疑惑の頂点としての911


 1月10日、参院外交防衛委員会で給油新法が審議され、民主党など反対多数で否決された。お昼に近い午後だったと思うが、私はNHKで放送していたこの審議をたまたま途中から見はじめたが、何の気なく聞いていてびっくりした。何と、民主党新緑風会の藤田幸久議員がニューヨークの9.11テロ事件の謀略性に関する質問を行なっていた。

 詳しくは聞き取れなかったが、WTCツインタワービルの近くのビル(崩壊した)の建設に関してインサイダー取引の事実があったことを、ドイツの連銀筋が把握していたとか。プットオプションが働いていたと。つまり、テロ直前にそういう動きがあったことをドイツ政府筋が掴んでいたことを言っていた。藤田議員は大きな二枚のパネルを用意していて、ビル崩壊という事象の不自然さも指摘していた。たとえば、ビル崩壊の様子は、建物が傾かずに対称的な形状のままストンと垂直に落下していることや、ペンタゴンに飛行機が突っ込んだあとの破壊の穴が、不自然に小さすぎることをどう思うかなども質問していた。これに対し、政府側答弁は“西側自由陣営対テロとの対峙”という当たり障りのない受け答えに終始しており、テロそのものの謀略性を問いかける質問は完全に無視していた。

 これを偶然に見ていた私は、この話はリチャード・コシミズさん、ベンジャミン・フルフォードさん、マッド・アマノさん、きくちゆみさんなどが語っていた、ブッシュJr・ネオコン政権による謀略による偽装テロ事件のことではないかとわが耳を疑った。まさか、日本の国会審議でこれが出てくるものとは思っていなかったからである。そこで私はリチャード・コシミズさんにメールでその国会審議の様子を知らせた。すると、コシミズさんから、すぐに私に返事があり、下記のような見解をいただいた。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200801/article_12.html

藤田議員のバックグラウンドはよくわかりませんが、衆院選の東京選挙区で、公明党の太田にも勝った事のある正統派?の民主党議員であるかと思います。「反ロシア」的な部分がちょっと気になりますが。

民主党の中にも、こういったユダヤ権力の意にそわない議員がまだまだいるわけで、その意味で、小沢は大連立を仕掛けたのであると思います。つまり、大連立に従わない民主党議員を追い出して、党内を「浄化」し、ロックフェラー様のための大政翼賛政権を作ろうとしたのではないでしょうか?

911疑惑追及が、今後も国会でなされることを希望しますが、恐らく、小沢執行部がブレーキを掛けるでしょう。ユダヤ権力に直結した福田統一教会内閣が、総論否定に徹して、細部への言及を避けたのは当然であると思います。

 あれから一日が経過しているが、メディアでこの質疑応答を紹介しているのは自分では見つけられなかった。これをきちんと取り上げて伝えているメディアをご存知の方がいたら教えていただきたい。コシミズさんはブログにメディアはこれを黙殺するだろうと書かれていたが、まさにその通りのことが起きているようだ。理由は明白であろう。911テロがネオコン政権による偽装事件だったとすれば、アメリカは世界を欺いたことになり、ブッシュ・ネオコンのイラク開戦にいち早く賛同の意を表した小泉政権の責任が問われるからである。小泉構造改革を継承する福田政権が、国会でこの質疑に応答した場合、藤田議員のこの質問は、政権の存立基盤を根底からぐらつかせる性格を秘めているからだ。従って、政府側はいっさい反応せずに黙殺を決め込んでいるのだろう。

 私はブッシュ・ネオコンがあの911の直後に、異常な憎悪と怒りを喚起するために、アフガン侵攻の作戦名を“無限の正義作戦 (OIJ: Operation Infinite Justice)”と名づけて怒り狂っていたブッシュJrの顔を思い出す。その時、アメリカの独善性に対して心底腹を立てた記憶がある。大体、アメリカが何の権威を以って“無限の正義”などと言うのか、アメリカのどこがそんなにパーフェクトなんだというのが率直な思いであった。これはWASP、つまりアメリカ・キリスト教白人層の思い上がり以外の何物でもないと思った。地球人類で自分たちだけが正しいのだという傲慢性には辟易する以外にない。インディアンを虐殺し、他国へ原爆を投下したお国柄である。無限の正義を唱えるあつかましさは、まさに神への冒涜であろう。この作戦名は他の連合諸国に評判が悪く、わずか一日ぐらいで“不朽の自由作戦”と変えられた。

 世界史的に観た場合、911テロが中東覇権を念頭に置いたアメリカのやらせだとすれば、このテロ事件は世界を欺く非常に悪質な大偽装事件だろう。だからこそ、日本は同盟国として、この事件の真実を問いかける義務があると思う。ところが小泉氏はブッシュ夫妻の前でプレスリーの馬鹿踊りを行い、従米ポチの儀式的な誓いを最も恥ずかしい形で行なった。国家の品格以前の恥さらしである。ネオコンの覇権主義に追従した小泉政権は国会で国民の弾劾を受けるべきである。
 ※尚、昨日の該当箇所に関し、藤田幸久議員の質疑応答部分は、今友人が動画を書き起こしているので出来上がったら公開する予定です。
----------------------------------------------------------

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争99掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。