★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ52 > 502.html
 ★阿修羅♪
【選択的非殺傷兵器の現況】 テレパシー的な光線銃で戯れる米軍
http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/502.html
投稿者 passenger 日時 2008 年 3 月 30 日 20:49:09: eZ/Nw96TErl1Y
 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Source: http://technology.newscientist.com/article/dn13513-us-army-toyed-with-telepathic-ray-gun.html

■テレパシー的な光線銃で戯れる米軍
(US Army toyed with telepathic ray gun:3月27日英語版配信分全訳)

2008年3月21日

David Hambling

最近になって機密指定の解除を受けた非殺傷兵器の生物学的効果に関する米
軍の報告書によって、「光線銃」装置の異様な計画が明らかになっている。
人々に人工的な発熱をもたらしたり、脳内に音声を発生させたりするという
ものである。

「選択的非殺傷兵器の生物的効果」と題されたその報告書は、米国情報自由
法にもとづいて公開されており、このウェブサイトにて入手可能となってい
る。(pdf形式)国防総省はNew Scientist誌に対し、ドキュメント類の公開
と、そこで述べられているマイクロ波やレーザー波、音波を用いた5種類の
「ぬかりなき非殺傷兵器」の詳細について認めている。

米国メリーランド州フォートミードにある米国陸軍情報・保安司令部が公開
した1998年作成の報告書の内容によると、群衆をコントロールしたりその他
の応用のための指向性エネルギー兵器に関する当時の最先端技術の概要が述
べられている。

▼耳に聞こえる言葉

数ある技術の中には概念的なものもあり、てんかんを患う人々が経験するよ
うな発作を引き起こさせる電磁波といったものが含まれている。その他には、
人々の耳に直接言葉を「ビーム」として送り込むマイクロ波の銃があり、実
際に実験も行われている。人の耳に聞き取れる音を生み出させるために、い
わゆる「フレイ効果」を利用し、至近距離でマイクロ波を用いて研究室の向
こう側にいるボランティアたちの耳に1から10までの数字を送り、聞き取っ
てもらうという研究に用いたと主張している。

米国海軍は2004年、フレイ効果を利用して群衆の耳に「不快な」音をもたら
す、という研究に資金供給している。

また報告書では、人体を加熱することによって「人工的な発熱」を引き起こ
して不具にし得るマイクロ波兵器にも触れている。この考えに関する実験に
は触れられていないが、必要な装置類は「すぐにでも入手可能なもの」であ
ると記されている。望みどおりの「発熱」効果を発揮するためには、少なく
とも15分を要するだろうとする一方、「安全な範囲で望みどおりのいかなる
ポイント」にもほとんど対応し、人々の能力を奪うことに用いることができ
るだろうとしている。

レーザー・ダズラー[訳注:目潰しを目的とするレーザー兵器]や平衡感覚を
かく乱するに十分な巨大音量発生装置を含め、控えめに言っても異様としか
言いようのない数々の技術について論じられている。この二つの兵器につい
ては、報告書が執筆されてから数年後に実現化された。米軍はレーザー・ダ
ズラーをイラクで使用しており、一方、長距離音響装置は軍事用および民生
用として使用され、ソマリア沖で海賊船を撃退する際に用いられたことがあ
る。

しかし、人工的な発熱や発作、あるいは人の耳に声を発生させる兵器類の試
験については、報告書の中で一切触れられていない。

▼潜在的な拷問

安全分野の専門家であるリーズ・メトロポリタン大学(英国)のスティーブ
・ライト氏は、記載されている数々の技術が拷問に利用される危険性を指摘
する。欧州議会は1998年、人間の脳に無断で干渉を及ぼして無能力化を図る
潜在的な危険性をともなう兵器類を禁じる動議を可決している。

「てんかん発作の誘発装置は、まったく無責任なものであり、決して配備す
べきではありません」とするスティーブ・ライト氏は、「犠牲者がその後も
『悪化させられた』ままとなり、最初の攻撃を受けた後も自発的にてんかん
性発作に再び襲われるかもしれないのです。(化学作用による)人工的に誘
発された発作の犠牲者は区別できます」と語る。

聴覚管に影響を与え、運動感覚を混乱させる音響的エネルギー装置は、その
効果を発揮するには危険なほどの巨大音量を必要とする、と指摘するのはド
ルトムント大学(ドイツ)の物理学者であるJuergen Altmann氏。彼は新し
い軍事技術に関心を寄せている。


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://technology.newscientist.com/article/dn13513-us-army-toyed-with-telepathic-ray-gun.html

US Army toyed with telepathic ray gun

12:00 21 March 2008
NewScientist.com news service
David Hambling

A recently declassified US Army report on the biological effects of non-lethal weapons reveals outlandish plans for "ray gun" devices, which would cause artificial fevers or beam voices into people's heads.
The report titled "Bioeffects Of Selected Nonlethal Weapons" was released under the US Freedom of Information Act and is available on this website (pdf). The DoD has confirmed to New Scientist that it released the documents, which detail five different "maturing non-lethal technologies" using microwaves, lasers and sound.

Released by US Army Intelligence and Security Command at Fort Meade, Maryland, US, the 1998 report gives an overview of what was then the state of the art in directed energy weapons for crowd control and other applications.

A word in your ear
Some of the technologies are conceptual, such as an electromagnetic pulse that causes a seizure like those experienced by people with epilepsy. Other ideas, like a microwave gun to "beam" words directly into people's ears, have been tested. It is claimed that the so-called "Frey Effect" – using close-range microwaves to produce audible sounds in a person's ears – has been used to project the spoken numbers 1 to 10 across a lab to volunteers'.

In 2004 the US Navy funded research into using the Frey effect to project sound that caused "discomfort" into the ears of crowds.

The report also discusses a microwave weapon able to produce a disabling "artificial fever" by heating a person's body. While tests of the idea are not mentioned, the report notes that the necessary equipment "is available today". It adds that while it would take at least fifteen minutes to achieve the desired "fever" effect, it could be used to incapacitate people for almost "any desired period consistent with safety."

Less exotic technologies discussed include laser dazzlers and a sound source loud enough to disturb the sense of balance. Both have been realised in the years since the report was written. The US army uses laser dazzlers in Iraq, while the Long Range Acoustic Device has military and civilian users, and has been used on one occasion to repel pirates off Somalia.

However, the report does not mention any trials of weapons for producing artificial fever or seizures, or beaming voices into people's heads.

Potentially torturous
Steve Wright, a security expert at Leeds Metropolitan University, UK, warns that the technologies described could be used for torture. In 1998 the European Parliament passed a motion banning potentially dangerous incapacitating technologies that interfere with the human brain.

"The epileptic seizure inducing device is grossly irresponsible and should never be fielded," says Steve Wright "We know from similar [chemically] artificially-induced fits that the victim subsequently remains "potentiated" and may spontaneously suffer epileptic fits again after the initial attack."

The acoustic energy device that affects the ear canals, disrupting the motion sense, may require dangerously loud sound levels to be effective, points out Juergen Altmann, a physicist at Dortmund University, Germany, who is interested in new military technologies.

"[There is] inconsistency between the part that says "interesting" effects occur at 130-155 dB and the Recovery/Safety section that says that 115 dB is to be avoided - without commenting on the difference."

Weapons Technology - Keep up with the latest innovations in our cutting edge special report.

Focus on America - Delve into the science and technology questions facing the USA in our special report.

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ52掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。