★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 146.html
 ★阿修羅♪
奴等は焦つてゐる
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/146.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 9 月 07 日 15:20:43: Gsx84HOp6wiqQ
 

 
 
 
 
一つは近親婚を繰り返した結果として當然の血の劣化、遺傳子の劣化ゆゑ。
もう一つは太陽活動の變動に據る地球的規模の影響、問題ゆゑであらう。
幾ら奴等でも宇宙的規模で起こる太陽活動まで制御出來はしないのである。
太陽活動の變動は全地球的規模で影響を受ける事は自明である。
其處から逃れる事が出來る者は此の地球上に唯の一人として存在しない。
其れは奴等とて同じである。
ゆゑに奴等は焦るのである。
ゆゑに地球温暖化二酸化炭素原因説と云ふ謀略を仕掛けたのである。
 
 
 
此れは血を巡る戰ひである
http://www.asyura2.com/0610/idletalk21/msg/416.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2006 年 12 月 13 日 00:01:02: Gsx84HOp6wiqQ

太陽の黒點が約百年ぶりに零に、地球の気候に大影響か
http://www.asyura2.com/08/nature3/msg/381.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2008 年 9 月 05 日 01:55:56: KqrEdYmDwf7cM

叛ロスチヤイルド同盟 掲示板
太陽の黒點が約百年ぶりに零に
http://www.anti-rothschild.net/bbs/cbbs.cgi?mode=one&namber=3198&type=0&space=0&no=0
 
 
 
 
 
マヤびとは其れを知つてゐた。
二〇一二年一二月二二日
 
 
 
二二を超えてゆけ。
 
 
 
 
 
 
凱風社刊
平成十年(西暦一九九八年)十一月二十八日發行
エイドリアン・ギルバート氏、 モーリス・コツトレル氏著 田中真知氏飜譯
「マヤの豫言」


出版社/著者からの内容紹介
マヤの暦の正確さと數表記の複雜さは名高い。コツトレルは太陽の黒點活動からマヤの數祕術の解讀にたどりついた。ギルバートは、エジプトのピラミツドとオリオン星坐の關聯を指摘した『オリオン・ミステリー』の共著者である。二人は、マヤ暦が確固たる科學的な基礎の上に成り立ち、マヤ人が惑星の長大な周期と影響を熟知してゐた事を證明した。 【内容】 マヤの時と數/太陽占星學/水晶の頭蓋骨/大洋の彼方/アトランテイス/金星の誕生と死/2012年12月22日/理論編
 
 
 
 
ナチユラルスピリツト刊
平成十五年(西暦二〇〇三年)十一月十一日發行
辻麻里子女史著
「22を超えてゆけ―宇宙圖書館(アカシツク・レコード)をめぐる大冒險」
 
 
 
 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。