★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 189.html
 ★阿修羅♪
自公政権を打倒し創価学会の力を削ぎ民主党内右派を打倒する闘い
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/189.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 9 月 13 日 10:34:48: YdRawkln5F9XQ
 

(回答先: 奴等は日本に革命謀略を仕掛けてゐる事を認識しなければ成らない 投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 9 月 12 日 22:15:33)

民主党を中心として政権が成った暁には小沢打倒の闘いが始まる。
今は小沢は自公打倒の為の駒であるに過ぎません。
世界権力の戦略に乗りながら軌道を修正するという高等戦術を駆使しないといけないのです。
世界権力の実態の暴露と世界権力と闘う戦術を白昼の下で議論し実行する大衆的な闘争が必要なのです。
インテリ主導の闘争ではあらぬ方向に持って行かれて破産します。
赤軍派や革共同の総括として私は主張しているのです。

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E9%80%A3%E9%82%A6%E7%B7%8A%E6%80%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%BA%81
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

新しいFEMAのロゴアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(Federal Emergency Management Agency of the United States、略称:FEMA)は、大災害に対応するアメリカ合衆国政府の政府機関である。天災にも人災にも対応する。アメリカ国土安全保障省の一部であり、緊急準備即応次官 (Under Secretary of Emergency Preparedness and Response) の下に置かれている。

FEMAは、洪水、ハリケーン、地震および原子力災害を含む、その他の災害に際して、連邦機関、州政府、その他の地元機関の業務を調整することを請け負っている。また、家屋や工場の再建や企業活動・行政活動の復旧にあたって、資金面からの支援を行う。

各州や連邦政府直轄地等(ワシントンD.C.)には緊急事態管理局という下部組織が存在する。


[編集] 組織
20世紀前半においては、自然災害に対応する連邦政府の部局は、公共道路局(Bureau of Public Roads)やアメリカ陸軍工兵隊など、様々な部局に分散していた。1960年代から1970年代を通じて、ハリケーンや地震災害が相次いだことにより、連邦政府の災害対応部局拡大の一環として1979年にジミー・カーター大統領によって、FEMAが設置された。

国土安全保障省(DHS)発足以前は大統領直属の独立した連邦機関として災害を中心とする緊急事態に対し、連邦軍・州軍を含む他の連邦機関・州及び地方機関に対し、予算執行を含む強力な指揮命令権を有し[1]世界中の緊急事態対策の手本とされてきた。

しかし2003年3月にブッシュ政権によって国土安全保障省の一部とされ、権限・規模が縮小された。その為、2005年に相次いだハリケーン災害への対応が後手後手にまわり、ブッシュ大統領の対テロ政策偏重の姿勢が問われる事となった。

^ 大統領から非常事態宣言、またはそれに準ずる命令等のが発令された場、現地に派遣されたFEMA係官は、現場係官の判断で書類不要で「大統領命令」として当該災害等に関するあらゆる措置を執行でき、書類提出等の事務手続きは事後処理でよかった。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。