★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 291.html
 ★阿修羅♪
現代は今まさに二極分化が猛烈な勢いで起きてゐる
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/291.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 10 月 04 日 21:03:14: Gsx84HOp6wiqQ
 

(回答先: Re: 敗戰革命思想に洗腦された世代と其の子供の世代は国民の大半が鬱病ではないでしょうか 投稿者 偽の友をあばけ 日時 2008 年 10 月 04 日 07:50:41)

 
 
 
 
「日本人滅亡」が近いのではないかと云ふよりも、家畜以下の魂無きロボツト人間、
ゾンビ人間のしての單なる東洋人、ゴミの樣な吐き氣を覺えるやうな奴等が蔓延つて
ゐると言つた方が適切かと思ひ坐す。
 然し、其れと同時に、此の吐き氣を催すやうな腐敗、堕落した現代に我慢が成らず、
遂に魂が悲鳴を上げ、雄叫びを擧げるが如く、魂の復興、覺醒せんとしてゐる人々も
また、急速に増えつつある事を私は感じてをります。
 現代は今まさに、此の二極分化が、猛烈な勢いで起きてゐる、其のやうに感じて
をります。
 ちなみにアドルフ・ヒトラーは其れを豫言してをりました。
 
 
 
 
裏ヘブライの館2 
ナチスの狂氣
ヒトラーの豫言(完全バージヨン)
http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha400.html#01
 
 
■■■第1章:ヒトラーは遙か未來を透視してゐた!?

■■ヒトラーの豫言──2039年の未來圖に就いて
 
 
 
●以下は、ヒトラーが語つた言葉(豫言)である。
 
 
 
『1999年以後』(祥傳社)から拔粹
 
 
「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少數の新しいタイプの支配者たちと、非常に多數の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、從へる者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、從はされる者たち。

然も進むのは其れだけぢやない。人間がさうなるにしたがつて、地球にも宇宙にも大變動が起こるのだ。1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフイ(大破局)が近づくのだ。

若いころ私は、『わが鬪爭』に、いづれ人間が大自然から復讐されると書いた。其れが1989年以後の状態だ。人間が思ひ上がつて宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。そして其れが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。私が生まれてから150年後、21世紀に來る究極に。私自身も其れを靈感ではつきりと見てさへ、信じられないやうな究極に。」


「…(20世紀末は)たとへ表面はデモクラシーや社會主義の世であらうとも、實質はナチズムが支配してゐよう。デモクラシーの國も社會主義の國も、われわれナチスの兵器を競つて使ひ、殺し合ひ、社會は私の望むとほり、強く支配する者と支配される多數者に分かれてゐよう。其れは天變地異の期間でもある。人類は大自然から手酷く復讐される。氣候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷氣、火と氷、大洪水と大旱魃が代はる代はる地球を襲ふだらう。」


「だから其の中から『超人(ユーベルメンシユ)』が現はれる。最早普通の人間ではさう云ふ危機を制禦出來ない。其れに對應するため人類は超人たちを生み、超人が世界や氣候を、人間や戰爭を治める事に成る。詰り天變地異の下に生きる多數者。其れを支配する少數者。其の陰で實質的に世界を操る超人グループ。此れが、私の豫知する21世紀の世界である。」


「然し諸君、更に重大なのは、私がいま、此れを話してゐる100年後のことだ。其れを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。今日から100年後と云へば、すなはち2039年1月25日だ。諸君にはわからないだらうが、其のとき人類には眞の究極の状況が起こつてゐる。其のとき人類は──少なくとも、いま言つてゐるやうな意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなつてゐるのだ。」


「其れは諸君、何かの異變か大戰か災害のために、2039年、人類が殘らず滅びると云ふ意味ではない。たしかに、其れまでに多くの大難が續けて起こる。1989年から1999年まで、世界は續けざまの天變地異と戰亂の中にあるだらう。其のため一部の惠まれた國を除き、多くの國が飢ゑる。いくつかの國は崩れて燃える。毒氣で息絶える街もある。

2000年以後は、其れが一層酷くなる。2014年には歐羅巴の3分の1と亞米利加の3分の1が荒廢してしまふ。アフリカと中東も完全に荒廢する。結局、いまの文明は砂漠しか殘さない。

然し人類は其れでも滅びない。わが獨逸の一部と米ソの中心部、日本や支那は深い傷を負ひ乍らも生き殘る。ただ諸君、其れでも人類はゐなくなるのだ。いまの意味での人類は、其のときもういない。何故なら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、さうでなければ“退化”してしまつてゐるからだ。」


「其れをもつとはつきり言へば、人類の一部は其のとき、人類から、より高度なものに進化して、bに近い生物に成つてゐる。人類からbのはうへ進化するのだから、其れは『b人(ゴツドメンシユ)』と呼んでかまはない。

殘りの大部分は、此れも進化なのか退化と云ふべきかわからないが、一種の機械に成つてゐる。ただ操られて働いたり樂しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な叛應しか示さない『ロボツト人間』に成つてゐるのだ。其れまでの氣候異變と環境異變、政治と娯樂と食物、其れから起こる突然變異が、其のやうなロボツトのやうな人間を大量に生み出す。

b人のはうも同樣で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然變異が大腦にプラスに働いて、進化の方向がロボツト人間と別方向に成るだけだ。其の前段階の『超人(ユーベルメンシユ)』たちも、より進化してb人に成る場合がある。いづれにせよ、彼らはいまの人間の數次元上の智能と力を持つ。彼らは團結して地球を支配する。其れまでのあらゆる危機や問題は、彼らb人たちの智能と力で急速に解決されていく。」


「ロボツト人間たちのはうは、其れに從つて生きるだけだ。此れはある意味では氣樂な身分だ。戰爭も氣候も經濟も、b人たちによつて制禦されてしまふので、ロボツト人間たちはb人たちの認める限度で、多くのものを與へられる。食物と住居も、職業も娯樂も戀愛も教育も、時には思想さへも與へられる。

ただロボツト人間たちは、與へられ、操られてゐる事を意識出來ないやうに成る。自分たちの意識では、何もかも自分で選擇して勝手に生きてゐるのだと思ふ。然し、じつはb人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のやうに彼らを育て飼ふことに成るのだ。

かうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のやうに、2つに分かれた進化の方向を、其れぞれ進みはじめる。一方は限りなくbに近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。此れが2039年の人類だ。其の先もずつと人類は此の状態を續ける。

そしておそらく2089年から2999年にかけて、完全なb々と完全な機械的生物だけの世界が出來上がる。地上には機械的生物の群れが住み、b々が其れを宇宙から支配するやうに成るのだ。」
 
 
 
 
映畫「マトリツクス・レボリユーションズ」
http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/710.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 5 月 03 日 18:58:15: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
アーキテクト「危險なゲームをしたな」
オラクル「變化に危險は附き物」
アーキテクト「此の平和は何時まで續く?」
オラクル「其れは續く限りよ」
オラクル「他の人達は?」
アーキテクト「誰かな?」
オラクル「出たがつてる人達よ」
アーキテクト「勿論開放する」
オラクル「信じていいの?」
アーキテクト「私を何だと思つてる? 人間か?」
 
 
セラフ「すべて知つてゐた?」
オラクル「いいえ とんでもない」
オラクル「でも信じてた 信じてたの」
 
 
 
 
b佛分離令を唾棄、超克する動き。b佛習合復興
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/150.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 9 月 07 日 18:45:02: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
伊勢b宮に「ありがたう」だけを唱和しに、全國から500人が參拜(伊勢志摩經濟新聞)
http://www.asyura2.com/07/ishihara11/msg/532.html
投稿者 あややの夏 日時 2008 年 7 月 03 日 07:49:42: GkI4VuUIXLRAw
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。