★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 377.html
 ★阿修羅♪
うそつきの手口・・難波の個室ビデオ店火災、無実の客に全ての自白と、証拠をでっちあげている。殺人罪などで起訴
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/377.html
投稿者 0_0 日時 2008 年 10 月 24 日 17:17:54: YQ201zwHWXfF6
 

うそつきの手口・・難波の個室ビデオ店火災、現場にいた無実の人に殺人の罪をでっちあげ、きせようとしている。殺人罪などで起訴されている。全ての自白と、証拠をでっちあげている。


2008年10月22日、殺人罪で起訴された。
本人は、まったく罪を認めていない。(認めているという報はすべてでっちあげられている。)

全ての自白と、証拠をでっちあげている。
確実に冤罪だ。

長くなるが、事件発生からの流れをいくつか取り出して書き出してみる。
---------
元気者警部の☆対策本部 内 時事問題議論総合スレッドから(一部改稿)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4436/1218705468/605-

--------
605 :元気者警部:2008/10/01(水) 19:06:55
これ違うんじゃないかな・・?
関係ない客に罪をきせいるんじゃないか?
この内容の供述もしていないのに、でっちあげているんじゃないか?

客の男を放火容疑などで逮捕 「生きるの嫌に」、ビル火災
 大阪市浪速区の雑居ビルの個室ビデオ店から出火し、男性客15人が死亡、10人がけがをした火災で、浪速署捜査本部は1日、現住建造物等放火と殺人、殺人未遂の疑いで、火元とみられる個室を利用していた大阪府東大阪市の無職小川和弘容疑者(46)を逮捕した。

 小川容疑者は「生きていくのが嫌になり、火を付けた」と供述しているという。捜査本部は詳しい動機を調べる。

 調べでは、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、浪速区難波中3丁目の「檜ビル」1階にある個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」で、利用した個室内で自分のバッグの新聞紙などに放火し、同店の約37平方メートルなどを焼き、男性客15人を死なせた上、10人にけがをさせた疑い。

 小川容疑者は当初「たばこを吸った。(出火当時は)寝ていた」と説明していたが、その後「火を付けた」と認めたという。

2008/10/01 16:31 【共同通信】
---
607 :元気者警部:2008/10/01(水) 19:08:30
>>605
前の報・・後の供述の方はでっちあげだろう。
先の供述も、ただタバコを吸ったというぐらいではないのか?

客の男を放火容疑などで逮捕 「生きるの嫌に」、ビル火災
 大阪市浪速区の雑居ビルの個室ビデオ店から出火し、男性客15人が死亡、10人がけがをした火災で、浪速署捜査本部は1日午後、現住建造物等放火と殺人、殺人未遂の疑いで、火元とみられる個室を利用していた大阪府東大阪市加納、無職小川和弘容疑者(46)を逮捕した。

 小川容疑者は「生きていくのが嫌になり、キャリーバッグの荷物などにライターで火を付けた」と供述しているという。

 捜査本部は詳しい動機を調べている。店内を現場検証して当時の状況を詳しく捜査し、死亡した15人の身元確認を急いでいる。

 調べでは、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、浪速区難波中の「檜ビル」1階にある個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」の個室18号室で、自分のキャリーバッグの新聞紙と衣類に放火、同店の約37平方メートルなどを焼き、逃げ遅れた男性客15人を死なせた上、男女10人にけがをさせた疑い。

 捜査本部によると、通報で駆け付けた警察官が、店のそばの路上にいた白い肌着とトランクス姿の小川容疑者に「けがはないか」と声を掛けると「ごめんなさい。たばこを吸った。(出火当時は)寝ていた」と話した。

 その後、任意同行して事情を聴くと「死にたかった。火を付けて怖くなり部屋を出て逃げ出した」と容疑を認めた。

2008/10/01 18:44 【共同通信】
---
618 :元気者警部:2008/10/01(水) 21:35:55
朝日新聞の記事が詳しかったので、全文を書き出しておく。

「何やこれは」煙避け脱出 個室ビデオ店火災15人死亡(1/2ページ)
2008年10月1日14時4分

中央の茶色のビルが個室ビデオ店が入っていた雑居ビル=1日午前7時、大阪市浪速区、本社ヘリから、日置康夫撮影


雑居ビルの個室ビデオ店で発生した火災で、多くの死傷者が出た現場=1日午前3時37分、大阪市浪速区、日吉健吾撮影


繁華街にある雑居ビルで発生した火災で、多くの死傷者が出た現場=1日午前3時30分、大阪市浪速区、日吉健吾撮影
 1日未明、大阪・ミナミの繁華街にある個室ビデオ店で起こった火災は、死者15人、負傷者10人を数える大惨事となった。「何やこれは」。狭い通路が入り組む店内には煙が充満し、逃げ出す客らの大声が響いた。すすで真っ黒になった犠牲者たちは、店内の奥に集中していた。都会に林立する個室型店舗。その死角がまた、浮き彫りになった。

 兵庫県伊丹市の会社員男性(37)は、「キャッツなんば店」の入り口から8番目の試写室でテレビを見ていた。

 2〜3平方メートルの小さい個室にソファやDVDデッキなどがある。32室のうち、この日は26室が客で埋まっていた。

 午前3時前、男性は木が焦げるようなにおいに気づいた。慌てて扉を開けると、通路は真っ暗で、白煙が男性の背丈まで立ちこめていた。「うわぁ、何やこれは」。男性の怒鳴り声が聞こえた。

 大きく息を吸い込んで個室を飛び出し、出口までの十数秒、右手で鼻と口を押さえて一気に走った。背後で2、3人が逃げ出そうとしている気配がした。店員の誘導はなかった。

 外に出ると、火災報知機がけたたましく鳴り出した。辺りは黒煙で呼吸もしづらい。客と店員が怒鳴り合っていた。「荷物がまだ中にある」「人の命かかってるのに、何言うとんのや」。その間、何人もが消防隊のストレッチャーに乗せられ、救急車で搬送されていった。

(つづく)
---

619 :607難波の個室ビデオ店火災 朝日:2008/10/01(水) 21:37:09
(2/2ページ)
中央の茶色のビルが個室ビデオ店が入っていた雑居ビル=1日午前7時、大阪市浪速区、本社ヘリから、日置康夫撮影


雑居ビルの個室ビデオ店で発生した火災で、多くの死傷者が出た現場=1日午前3時37分、大阪市浪速区、日吉健吾撮影


繁華街にある雑居ビルで発生した火災で、多くの死傷者が出た現場=1日午前3時30分、大阪市浪速区、日吉健吾撮影
 会社員の男性は「少しでも遅れたら、煙を吸って死んでいたかも」と青ざめた。

 入り口から4番目の部屋にいた男性は出火当時、ビデオを見ていたところ、天井から煙が下りてくるのに気づいた。直後、室内は電気が切れ真っ暗になった。煙が充満する通路を、はいながら外に出た。「自分が最後の生存者ではないか」と話した。

 大阪市消防局には午前2時59分、店側から119番通報が入った。「火事です。建物の中です。中に人がいます」。消防車40台が出動。現場に到着した隊員が救助に向かおうとしたが、熱気がすさまじく、最初はビルに入れなかった。ビルの中は濃い煙で50センチ先も見えない状態だった。

 同消防局によると、犠牲者のほとんどは一酸化炭素中毒とみられるという。

 キャッツの別の店舗で以前に働いていた男性によると、なんば店の通路は2人が余裕をもってすれ違えないほど狭い。ジュースなどの段ボール箱が大人の肩の高さまで積み上げられ、さらに狭くなっている場所もあるという。

 店の常連客の堺市の露天商の男性(47)はこの日、たまたま近くの別のビデオ店に行っていた。「あの店の個室のカギは内側からもかけられ、中で寝入ってしまうと火事でも気づかないだろう」

 約1週間前にこの店を利用した大阪府八尾市の飲食店店員(22)は「非常口は見たことがない。自分が火事に遭ったとしても逃げ切れなかったのでは」と話した。

 深夜から朝まで低料金で宿泊できる個室ビデオ店は終電を逃したサラリーマンや、若者たちが繁華街の「宿代わり」に使用することも多く、連日のにぎわいをみせている。1日未明の火災で亡くなった人の多くも就寝中だった可能性が出ている。

 大阪市消防局によると、同市内の個室ビデオ店は約50店。火災があった「キャッツ」とは別の店舗の従業員によると、個室ビデオ店はここ数年でキタやミナミの繁華街で急増。スーツ姿のサラリーマンが日中や夕方に利用するほか、深夜になると酒に酔ったサラリーマンや若者たちが数多く来店するという。

 別のビデオ店の従業員も「不況になるにつれて、寝泊まりが目的の人が増えてきたと思う。宿泊中心の常連客も多い。深夜になると満室になって、入室を断ることもある」と話す。

 大阪府警によると、火災で死亡した15人の身元確認作業は難航している。運転免許証が確認されたのは半数以下で、定まった住居を持たずにネットカフェや個室ビデオ店などを転々としていた人も多いとみている。遺体の多くが個室内で見つかっていることから、寝込んでいるうちに火災に見舞われた可能性もあるという。

 キャッツのホームページによると「キャッツなんば店」の利用料金は1時間で500円。午後11時から翌午前10時まで利用できるナイトコースは1500円となっていた。

 ホームページは「長い時間のナイトコースで朝まで」とPR。「完全個室だからネットカフェよりゆっくり寝れちゃいます」と、快適に泊まれることを売り物にしていた。同店にはシャワー室も備えられており、毛布やタオルの貸し出しもあった。カップラーメンなどの軽食も販売されていたという。宿泊者に便利なこうしたサービスの充実を図っていたのはキャッツだけではなく、業界で一般的な傾向となっている。

 大阪市によると、こうした業態ではあったが、はっきり宿泊施設であることを打ち出してはおらず、貸し出している毛布も「ひざかけ」とみなされて寝具などの貸し出しには当たらないため、旅館業法の届け出義務の対象にはならないという。

 大阪府警によると、商品の7〜8割を成人向けビデオやDVDが占める個室ビデオ店は風俗営業法に基づく届け出が必要となる。だが、府内で届け出ているのは大阪市内の3店だけ。届け出ると営業時間は深夜0時までになり、ホテル代わりに利用する客を引き込むことが難しくなるため、店側が届け出を敬遠している可能性もある。

アサヒ・コム
---

620 :607難波の個室ビデオ店火災 朝日:2008/10/01(水) 21:37:57
15人死亡火災 46歳男を殺人・放火容疑で逮捕
2008年10月1日15時45分

キャッツなんば店見取り図
 大阪・難波で1日未明、雑居ビル1階の個室ビデオ店から出火し、男性客15人が死亡、10人が負傷した火災で、大阪府警は1日午後、店内で放火したなどとして、大阪府東大阪市の無職、小川和弘容疑者(46)を殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。

 捜査1課の浪速署捜査本部によると、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、客として訪れていた大阪市浪速区難波中3丁目の7階建て雑居ビル「檜(ひのき)ビル」1階にある個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」の店内で新聞紙に放火し、男性客15人を死なせたうえ、10人を負傷させた疑いが持たれている。

 捜査本部は目撃証言などから、小川容疑者が利用していた個室が火元とみて、事情を聴いていたところ、放火を認める供述をしたという。

 この火災では、店舗約220平方メートルのうち約40平方メートルが燃えた。女性1人を含む10人の負傷者のうち、1人が重体、2人が重傷となっている。

アサヒ・コム
---

621 :607難波の個室ビデオ店火災 朝日:2008/10/01(水) 21:38:52
犠牲者、店奥に集中 逃げ場失い中毒死か ミナミ火災(1/2ページ)
2008年10月1日18時18分

店内の入り口付近には、焦げたDVDなどが並んでいた=1日午前7時55分、大阪市浪速区、山本裕之撮影

キャッツなんば店見取り図
 いったん出火すれば、多量の煙が発生し、暗闇のなか逃げ道がふさがれることの多い深夜営業の店舗火災――。多くの人命が失われてきた過去の火災の教訓は生かされていたのか。15人が死亡した1日未明の大阪・ミナミでのビル火災で、現場の構造や防火設備、避難誘導などについて、大阪市消防局や大阪府警の調べが進む。

 過去の店舗火災では、消防設備の不備や違法な改築・改造などが多くの死者を招いた原因として指摘されてきた。

 風俗店を訪れた客ら44人が亡くなった01年9月の東京・歌舞伎町のビル火災では、避難時に使う階段に段ボール箱や用具が所狭しと積まれていた。本来ある店舗内の窓も内装でふさがれていた。さらに、出火の際に防火戸も閉まらず、煙が充満し、多くの客が逃げ場を失った。07年1月に発生した兵庫県宝塚市でカラオケボックスが焼けた火災では、個室の窓がベニヤ板などでふさがれ、2階にいた客らが煙に巻かれて3人が死亡した。

 大阪市消防局によると、今回火災のあった7階建てビルには、消防局が昨年5月に立ち入り検査し、防火戸の開閉にかかわる「温度ヒューズの不具合」など4点にわたって指導していたが、出火場所とみられる1階店舗については重大な違反は確認されなかった。消防法上義務づけられた消火器や屋内消火栓、自動火災報知機などは備えられていたという。消防局によると、出火直後に火災報知機が作動したという客や近所の人らの証言もある。

 では、なぜ15人もの死者が出たのか。その鍵を握るのが、消防局の調べでわかった犠牲者の位置だ。

 現場の個室ビデオ店は、畳1畳程度の試写室が幅1.2〜1.6メートルの廊下をはさんで、両側に32室並ぶ構造だった。利用者は受付を済ませた後、試写室が並ぶ廊下へと通じる唯一の出入り口から奥に進んで入室するが、亡くなった人たちは廊下奥の部屋に集中していた。

(2/2ページ)

店内の入り口付近には、焦げたDVDなどが並んでいた=1日午前7時55分、大阪市浪速区、山本裕之撮影

キャッツなんば店見取り図
 消防局は、廊下の中ほどにある自販機コーナー付近がよく焼けていることを確認しており、利用客が火災報知機で出火に気づいても逃げ場を失って煙に巻かれ、一酸化炭素中毒死したおそれがある。

 火災があった10月1日は、個室型店舗に対する防火体制の強化を盛り込んだ消防法施行令が施行された日だった。

 国は大きな火災が相次ぐたびに、法改正を重ねてきた。01年9月の東京・歌舞伎町のビル火災では、消防法を改正し、自動火災報知機など防火設備の設置基準や消防の取り締まり権限を強化した。

 宝塚市のカラオケ店火災後には、全国のカラオケ店6758店舗を調査し、7割の店舗が消防法など関係法令に違反していたことがわかった。07年12月の調査でも3割に違反があり、店舗の入れ替わりが早い繁華街では、経営者の防火管理の知識にむらがあり、設備投資にも消極的な面もあることが浮き彫りになった。

 一方で、ネットカフェや個室ビデオ店など、カラオケ店以外にも多くの客が個室を利用する業態が出てきていることから、消防庁はこれまでは床面積300平方メートル以上に義務づけていた自動火災報知機の設置を、面積にかかわらず義務化し、1日から施行した。

アサヒ・コム
---

622 :607難波の個室ビデオ店火災 朝日:2008/10/01(水) 21:39:36
15人死亡火災 殺人・放火容疑の男「生きるのが嫌に」(1/2ページ)
2008年10月1日21時16分

 1日午前2時55分ごろ、大阪市浪速区難波中3丁目の7階建て雑居ビル「檜(ひのき)ビル」1階の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」付近から出火、大阪市消防局によると、店舗約220平方メートルのうち約40平方メートルが焼け、利用客の男性15人が死亡、女性1人を含む10人が負傷し、うち1人が重体、2人が重傷という。火元とみられる部屋の利用客が放火を認めたとして、大阪府警は同日、殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。今後、店側の業務上過失致死傷容疑についても捜査を進める。

 府警捜査1課は浪速署に捜査本部を設置した。捜査本部によると、逮捕されたのは大阪府東大阪市加納7丁目の無職、小川和弘容疑者(46)。小川容疑者は「生きていくのが嫌になった」「店のティッシュペーパーに火をつけ、バッグの中の新聞紙や下着に燃え移らせた。こんな所で火をつけたらほかの人が死ぬのはわかっていた」などと供述しているといい、捜査本部は「未必の故意」による殺人と殺人未遂容疑が成り立つと判断したとみられる。

 捜査本部によると、小川容疑者は、同日午前1時半ごろ、友人とともに入店。同午前3時前、男性客が個室から下着姿の小川容疑者が出て行くのを目撃している。その直後に個室から煙が立ちこめたため、男性客が室内をのぞくと、バッグから火の手が上がっていたという。

 午前4時前、現場付近で浪速署員が小川容疑者に声をかけたところ、「ごめんなさい」と謝り、「たばこに火をつけたら煙が出た」と震えながら話したという。不審に思った署員が任意同行を求めて同署で事情聴取したところ、「火をつけた後煙が充満し、怖くなった」などと話し、放火を認めたという。

(2/2ページ)

 捜査本部などによると、キャッツなんば店には、個室が32室あり、各室は2平方メートルほどの大きさで、簡易ベッドとテレビ、DVDデッキが置いてある。死亡者の大半はやけどの程度が軽いことから、捜査本部は一酸化炭素(CO)中毒で死亡したとみている。個室のあるスペースへの出入り口は1カ所で、死亡者のうち11人は個室内で、4人は通路で発見された。いずれも出入り口から離れた位置で見つかっており、窓がなく密閉された店内に煙が一気に充満したため、逃げ遅れたとみられる。

 捜査本部によると、亡くなった人のうち運転免許証などを所持していた人は少なく、身元の確認に時間がかかっているという。けが人は32〜77歳の男性9人と51歳の女性1人で、女性を含む3人は同店の外で煙を吸うなどしたという。出火当時、同店の個室は32室中26室が埋まっており、店長と従業員の計3人が勤務していた。

 現場は南海難波駅から西へ約100メートルの、複合商業施設「なんばパークス」近くの雑居ビルが並ぶ繁華街。

アサヒ・コム
---

623 :元気者警部:2008/10/01(水) 21:40:23
↑↑すばやくでっちあげている。
---

624 :元気者警部:2008/10/01(水) 21:51:05
供述はでっちあげられている。
では男のいた部屋の位置はでっちあげているのだろうか?
-----
627 :元気者警部:2008/10/02(木) 00:53:01
>>618
このオヤジは違うだろう・・
見れば、奥のほうはみんな死んでいる。
画像
http://img44.gazo-ch.net/bbs/44/img/200810/170947.jpg

↑以前はめられて摘発をうけていた画像ちゃんねるを使うけど、
このことで運営にリスクがかかるから、ありがたく見るように。

オヤジは入り口のほうにいたんじゃないのか?
供述は勢いよく捏造されている。そのこと(供述の捏造)は間違いないぞ・・。
---

628 :元気者警部:2008/10/02(木) 01:04:15
>>627
-
-
だから、言いたいのは「このオヤジは、放火、殺人者ではなくて、ただ入り口にいたんじゃないんですか。」ってこと。
-
-
-


629 :元気者警部:2008/10/02(木) 01:34:05
>>627>>628
おまえら言っとくけど、ネットカフェとかで、夜の3時に、新聞紙とかを燃やし始める奴がいるか?
よく考えろよ。
---

↑以前はめられて摘発をうけていた画像ちゃんねるを使うけど、
このことで運営にリスクがかかるから、ありがたく見るように。
------
635 :難波の個室ビデオ店火災 送検された。:2008/10/02(木) 21:54:49
この男ははめられている。でっちあげられている。(画像)
また無職ではないのではないか。

ありえないほどすばやく送検しているが、裁判をして有罪にするつもりのようだ。
ありえないずさんな行動だ。やめろ。

個室ビデオ店火災、小川容疑者を送検…死因は全員CO中毒


個室ビデオ店放火事件で送検される小川和弘容疑者(2日午後0時30分、大阪府警浪速署で)=大久保忠司撮影 大阪府警浪速署の捜査本部は2日午後、殺人と同未遂、現住建造物等放火の容疑で逮捕した無職小川和弘容疑者(46)(大阪府東大阪市加納)を送検した。

 動機面を中心にさらに詳しく調べる。司法解剖の結果、15人の死因はすべて一酸化炭素中毒と判明した。


(2008年10月2日14時10分 読売新聞)
------
この男ははめられている。
画像。
http://img44.gazo-ch.net/bbs/44/img/200810/171965.jpg
-----
なんかあせっているな。あまりにもあせって送検している。
内外で止めようとしたのだろうか?
-----
>>633
この内容は、すべてでっちあげである。
--------
自白もしていないだろう。

>殺人と同未遂、現住建造物等放火の容疑で逮捕した無職小川和弘容疑者(46)(大阪府東大阪市加納)を送検した。
------
652 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/03(金) 19:17:46
完全にでっちあげられている。

1万円貸してと知人に土下座 ビデオ店放火の小川容疑者
 15人が死亡した大阪市浪速区の個室ビデオ店放火殺人事件で、無職小川和弘容疑者(46)=現住建造物等放火と殺人などの疑いで逮捕=が事件の約2週間前、知人に土下座して「1万円貸してください」と借金を申し込んだが、断られていたことが2日、関係者の話で分かった。

 妻と離婚後、会社も退職して借金を重ねていたことが既に判明しているが、事件直前には生活が立ち行かないほど金に困窮していたとみられる。浪速署捜査本部は経済的な行き詰まりが動機につながったとみており、裏付け捜査する。

 また、来店した小川容疑者について、店員が捜査本部に「事件当日初めて来た客」と証言していたことも判明した。

 小川容疑者が以前住んでいた大阪府寝屋川市の知人男性(68)によると、小川容疑者は9月中旬、半袖ワイシャツにズボン姿で男性方にミニバイクで乗り付け、いきなり土下座し、大声で「すいません。1万円貸してください」と頼んだ。

 男性が断ると、「分かりました」と言って引き揚げた。小川容疑者が子どものころからの知り合いだったが、金の無心は初めてだったという。
---

653 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/03(金) 19:18:02
完全にでっちあげられている。

放火の小川容疑者、事件前「死にたい」…心臓病で将来悲観か
 大阪市の個室ビデオ店放火殺人事件で逮捕された無職小川和弘容疑者(46)が、事件前、周囲に「死にたい」などと漏らしていたことがわかった。

 小川容疑者は今年に入り、心臓病を患っていたことも判明。現在は「とんでもないことをしてしまった。申し訳ない」と供述しているという。大阪府警浪速署の捜査本部は、小川容疑者が多額の借金に加え、健康上の問題も重なって将来を悲観していたことが犯行の背景にあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、小川容疑者は今年に入ってまもなく、心臓に疾患があると診断されたという。7月からは生活保護を受給していたが、以前から抱えていた数百万円の借金返済に追われて生活は困窮しており、その前後から複数の知人に、「死にたい」などと話していたという。

(2008年10月3日15時14分 読売新聞
---

654 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/03(金) 19:18:31
>>635画像。

---
655 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/03(金) 19:19:53
>>633>>652>>653
10/1早朝の事件だが、10/3にはこれだけの捏造をする方向を出している。

私は、小川氏は、無職ではなく、現役のサラリーマンなのではないかと思っている。
年齢からして、妻子もいるのではないか?

そんな彼を、3日ほどで、無職で心臓疾患があり、家を売った後一人暮らしをしている男にでっち上げようとしているのである。
大阪府警(その内外にいる忍者)の陰謀、でっち上げが、ここにあらわれている。
つまり、住所も経歴も、なにもかもでっちあげて有罪にするつもりだ。

------
673 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/05(日) 01:39:26
大阪府警よ・・そりゃひどすぎる。
でっちあげだ。

個室ビデオ放火の小川容疑者「戸籍売って金作った」

 15人が死亡した大阪市の個室ビデオ店放火殺人事件で、小川和弘容疑者(46)が、数か月前に「内田」と名乗り、知人らに「戸籍を売って金を作った」などと話していたことが関係者の証言でわかった。

 大阪府警浪速署の捜査本部は、虚偽の養子縁組で別人になりすまし、消費者金融からの借り入れを重ねていた可能性もあるとみて調べている。

 大阪府内にある病院の関係者によると、小川容疑者は「内田」と名乗り、1か月ほど入院したが、保険証は持っていなかった。入院中、小川容疑者は「自分は名前がたくさんある」と話したこともあったという。

 小川容疑者が今年に入り、「戸籍を売って金を作った。戸籍はまた戻ってくる」「売った組織は、警察も知らないところ」などと、複数の知人に話していたことも判明した。

 虚偽の養子縁組で姓を変えるのは、本名では借りられない多重債務者が、消費者金融から新たな借り入れをする手口。ブローカーの存在も指摘されている。

 小川容疑者は犯行時、数百万円の借金を抱えていた。

(2008年10月4日03時03分 読売新聞)
---

674 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/05(日) 01:39:41
この内容は、全てでっちあげである。

「今の生活、惨め」 ビデオ店放火 小川容疑者が供述
 15人が死亡した大阪市浪速区の個室ビデオ店放火殺人事件で、無職小川和弘容疑者(46)が浪速署捜査本部の調べに「生活保護を受けるような今の生活が惨めになり、個室に入ってから、ここで死のうと決めた」と供述していることが3日、分かった。

 店内での具体的な心境が明らかになったのは初めて。小川容疑者は「家族と別れて情けなく、このまま生きていても面白くないと考えていた」とも供述。捜査本部は経済的困窮や家族崩壊による孤独感で自暴自棄になり、放火したとの見方をさらに強めている。

 「申し訳ないことをした」と謝罪の言葉も述べているという。

 供述によると、小川容疑者は事件の数日前に知り合った男性に連れられ、現場の「試写室キャッツなんば店」に入店。惨めな気持ちになっていったんは死のうと決意し、ティッシュペーパーに火を付けた。間もなく煙が充満、怖くなって逃げたという。

 小川容疑者が個室に持ち込んだキャリーバッグは、小川容疑者のものではなかったことも判明。捜査本部は一緒に店に入った男性の荷物を預かっていたとみて裏付けを進めている。

2008/10/04 02:02 【共同通信】
---

675 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/05(日) 01:40:09
全て大阪府警と周りの忍者による捏造である。
見てのとうり、不動産、登記、戸籍、企業を巻き込んで、捏造する組織があり、すばやく捏造をしている。かなり慣れているようだな・・。

ビデオ店放火の小川容疑者、借金600万円 自宅を売却(1/2ページ)
2008年10月3日22時7分

 15人が死亡、10人が負傷した大阪・難波の個室ビデオ店放火事件で、殺人と現住建造物等放火などの容疑で逮捕された無職、小川和弘容疑者(46)が昨年4月ごろ、約600万円の借金を返済するため、自宅マンションを売却していたことが関係者の証言でわかった。小川容疑者はその後も借金を重ねており、大阪府警は借金苦などで生活に行き詰まり、自暴自棄となって突発的に犯行に及んだ疑いがあるとみて調べる。

 知人や関係者によると、小川容疑者は大手家電メーカーに勤務時の90年、大阪府門真市に3階建ての自宅を購入した。だがまもなく妻と離婚し、01年末には大手家電メーカーを退職。同社が初めて大規模に早期退職者を募った時期で、同居していた母親もこの後死亡した。

 06年9月には自宅を売却して、同府東部のマンションを購入して移り住んだ。当時からギャンブルなどで多額の借金を抱えており、借金返済目的だったとみられる。

 昨年4月には借金が約600万円まで膨らんでおり、小川容疑者はこのマンションを約700万円で売却し、いったんは借金を完済。その後もこのマンションに賃貸契約で住み続け、この前後の半年間だけ夜間専門のタクシー運転手として働いていた。売り上げは、同僚の平均額の半分に満たない月もあったという。

 しかし昨年末に体調を崩して一時入院。家賃の支払いも滞るようになったため、今年2月に退去し、逮捕時に住んでいた同府東大阪市の賃貸マンションに移り住んだ。知人は「(小川容疑者が)『戸籍を売って、金が入った』とこのころ話していた」と言う。

 小川容疑者はその後も消費者金融などで借金を重ねていたとみられ、付近の住民に「病気をして働けない。生活が苦しい」などと相談し、最近は生活保護を受給していた。

(2/2ページ)

 浪速署捜査本部によると、事件直前の9月下旬には、小川容疑者は大阪・ミナミの路上で、露天商の男性と出会って意気投合。自宅には帰らずに数日間行動をともにしていたとみられ、その男性に連れられて1日未明に個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」を訪れ、放火したとされる。

 捜査本部は、経済的に追いつめられたうえ、体調を崩して仕事ができなくなったことなどが犯行の引き金になったとみて、事件に至る小川容疑者の足取りについて裏付けを進める。

アサヒ・コム
---

676 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/05(日) 01:40:24
これは大阪府警の捏造に関する組織が、弁護士をだきこんでいるか、
あるいは、報道陣の取材がなく、記事が捏造されているかのどっちかだ。
>接見した岡本栄市弁護士(50)が報道陣の取材に答えた。同容疑者は謝罪の言葉も口にし始めているという。

「そんなに燃えるとは」=犠牲者多数に謝罪も−個室ビデオ店放火・大阪
 大阪市浪速区の個室ビデオ店が放火され客15人が死亡した事件で、殺人容疑などで逮捕された小川和弘容疑者(46)が、自殺願望を持ち火を付けたが「そんなに燃えるとは思ってもみなかった」と話していることが4日、分かった。接見した岡本栄市弁護士(50)が報道陣の取材に答えた。同容疑者は謝罪の言葉も口にし始めているという。(2008/10/04-22:39)
------
690 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/06(月) 02:04:45
このマンションは偽の住所である。

小川容疑者宅を家宅捜索 押収資料で動機裏付けへ
 15人が死亡した大阪市浪速区の個室ビデオ店放火殺人事件で、浪速署捜査本部は5日、現住建造物等放火と殺人などの容疑で逮捕した無職小川和弘容疑者(46)の大阪府東大阪市の自宅マンションを家宅捜索した。

 小川容疑者はこれまでの調べに「生活保護を受けるような生活が惨めで、家族と別れて情けない。個室で死のうと決めた」と供述。捜査本部は経済的困窮や家庭崩壊から自暴自棄になったとみており、押収資料を調べて動機の裏付けを進める。

 調べでは、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、同店の個室でキャリーバッグの新聞紙や衣類に放火。逃げ遅れた男性客15人を死なせた上、ビル上階などにいた3人を含む計10人に重軽傷を負わせた疑い。

 捜査本部によると、小川容疑者は事件の数日前、東北地方から仕事のため関西に来た男性と知り合い、大阪・難波周辺の同様の施設を転々とした後、現場の個室ビデオ店に一緒に入店。この数日間、自宅には戻っていなかった。

 今春から生活保護を受けていたが、9月分の家賃は支払っていた。

2008/10/05 10:14 【共同通信】
---

691 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/06(月) 02:05:25
でっちあげだろう。
これらは捏造された内容である。

たぶんこの取材がないと思うが
>取材に対し、小川容疑者が「罪を償いたい」と謝罪の言葉を述べたことを明らかにした。

巻き添え意図は否定 ビデオ店放火容疑者「罪償いたい」
2008年10月5日3時2分

 15人が死亡、10人が負傷した大阪の個室ビデオ店放火事件で、殺人と現住建造物等放火などの容疑で逮捕された無職、小川和弘容疑者(46)に4日接見した国選弁護人の岡本栄市弁護士は取材に対し、小川容疑者が「罪を償いたい」と謝罪の言葉を述べたことを明らかにした。「人を巻き込むつもりはなかった」とも話したという。

 岡本弁護士によると、小川容疑者は「生活保護を受け、恥だと思っていたのに、パチンコなどギャンブルで金を使ってしまう自分が嫌だった」と、事件前の心理状態を説明。犯行の経緯については「個室でDVDを見た後、死のうと思って火をつけた」と話したという。

 火をつけた後は、「煙が苦しくて逃げ出したが、人を巻き込むつもりはなかった」「部屋から出て消防車や煙、炎を見てえらいことになったと思った」と釈明。自分の子どもにも触れ、「(子どもの)人生をダメにしてしまったんじゃないか」と心配していたという。

 岡本弁護士は事件について、「すべて小川容疑者の責任にできるのか。報道を見る限り、店側の防火設備がしっかりしていない」と話し、店側にも被害拡大の責任の一端があるとの見解を示した。

 一方、大阪府警の調べでも、小川容疑者が「生活が苦しい状況が重なり、突然死のうと思った」と供述していることが分かった。小川容疑者は昨年末ごろから精神的な不調に悩み、過去にも自殺を図ったとみられることから、府警は、突発的に放火した疑いがあるとみている。

アサヒ・コム
-----
704 :続報 難波の個室ビデオ店火災:2008/10/06(月) 23:03:48
勢いよくでっちあげて暴走したあと、支持者をあつめている。

警報切った防火管理者「誤作動が度々」…個室ビデオ店放火
 大阪市浪速区の個室ビデオ店が放火され、客ら25人が死傷した事件で、店が入居するビルの防火管理者で、火災発生直後に警報スイッチを切った男性(77)が読売新聞の取材に応じ、「自動火災報知設備の誤作動が過去に度々あった」と証言した。

 これまでビル内で実際に火事が起きたことはなく、その度に警報スイッチを切っていたという。府警捜査1課の浪速署捜査本部は、度重なる誤作動が防火意識を低下させ、防火管理体制の不備を招いた可能性もあるとみて調べる。

 男性は約15年前から7階建てビルの6階に居住。居室内に、ビル全体の報知機を一元管理する受信盤が設置されている。男性は「誤作動は、昨年まではかなりの回数あった」と証言。その度に音を止めていたという。

 男性によると、事件のあった1日は、警報音で目が覚め、これまでと同じようにスイッチを切ったが音が鳴りやまないため、階下に行き、火災に気づいたという。男性は、同様の内容を、府警にも説明している。しかし、大阪市消防局の調査で、店員や一部の客が「警報音がすぐに止まった」と証言。消防隊員が到着した際には、警報音が全く鳴っていなかったことも明らかになっており、「鳴りやまなかった」という男性の証言と食い違っている。

(2008年10月6日14時51分 読売新聞)
----------
管理人「非常ベル止めた」 誤作動と判断 ビデオ店放火
2008年10月6日3時5分
印刷
ソーシャルブックマーク
 15人が死亡した大阪の個室ビデオ店放火殺人事件で、店が入る雑居ビル6階に住む男性管理人が大阪府警の調べに対し、「(事件時に)非常ベルを止めた」と述べていることが、府警への取材でわかった。火災が起きた時、いったん鳴った非常ベルがすぐに止まったと、従業員や客が証言していた。

 府警は業務上過失致死傷などの容疑で防火体制に問題がなかったか捜査する方針で、非常ベルの停止が多くの死傷者を出す結果につながったのかどうかについても慎重に調べる。

 捜査1課の浪速署捜査本部や大阪市消防局などによると、男性はこのビルの元所有者で、今は管理人として6階に住んでいる。消防法で指定が義務づけられているビルの「防火管理者」にもなっている。

 火災があった1階の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」内には、32ある各個室に熱感知器が設置されているほか、通路などに煙感知器が3カ所設置されており、火災を感知すればビル全体に非常ベルが鳴る仕組み。自動火災報知設備をコントロールする「受信盤」は6階の管理人室にあり、府警や市消防局が調べたところ、火災後、受信盤のスイッチが切られていた。

 管理人は府警に対し、ベルが鳴った後に切ったことを認めており、市消防局に対しても、「誤作動だと思った。うるさいのでベルのスイッチを消した」と説明したという。ビル関係者によると、これまでも何度か誤作動があり、そのたびにベルを止めていたという。

 市消防局は従業員や客の証言などから、ベルが鳴っていた時間は5分前後とみている。火災で亡くなった15人の客のうち、11人は個室内で死亡していた。管理人は事件後、今のビル所有者に「防火管理者を辞めたい」と申し出ているという。

アサヒ・コム
----
715 :元気者警部:2008/10/07(火) 17:37:38
続報

再起の誓い、借金で行き詰まる ビデオ店放火容疑者(1/2ページ)
2008年10月7日15時1分

 「お袋のために、世の中に恩返しする」――。15人が死亡した大阪・難波の個室ビデオ店放火事件で、殺人と現住建造物等放火容疑などで逮捕された小川和弘容疑者(46)は事件1カ月前、知人に再起を誓っていた。大手家電メーカー勤務の安定した生活から一転、借金に追われ、転居を繰り返す日々に。自己嫌悪と希望との間で揺れた心のうちを明かしていた。

    ◇

 「これから仲良くしてくれますか」

 今年6月、精神に不調を抱える人たちが通う大阪府東大阪市の支援施設を訪れるようになった小川容疑者は、初対面の男性に話しかけた。「先に言っておきますが、僕、話が長いんです」。そう言って、この男性にたびたび身の上話を聞かせた。

 大手家電メーカーに勤めていたころ、大阪府門真市の一戸建てで家族と暮らしていた。その後は離婚、退職、同居の母の死去……。自宅は06年9月に手放し、長続きした職はなく、ギャンブルなどで多額の借金をし、転居を繰り返した。

 この男性は小川容疑者とほぼ同い年だったが、小川容疑者はいつも敬語で話しかけた。「母親の遺産を酒やギャンブルで使い果たした」「母親のお墓もまともに立ててあげられなかった」と悔い、「死にたい。ぜいたく癖が抜けない」と時には涙を見せながら嘆いたという。

 施設に通い始めたころ、小川容疑者は生活保護を受給し始めていた。「生活保護の範囲内で暮らせるだろうか」「本当なら絶対にもらいたくない」。不安の一方で自尊心ものぞかせた。酒が入ると、「起業してふた花、み花咲かして……。これで終わる人間と違うんや」と強がった。

 事件1カ月前。しばらく会っていなかったこの男性に小川容疑者が電話してきた。「生きがいを見つけたんや。今、手話を習っている。手話を覚えて世の中の役に立ちたい」。打って変わったように元気な声だった。「お袋のためにも、必ず社会復帰する」。そう誓ったという。

(2/2ページ)

 だが、言葉とは逆に経済的には追い詰められていた。別の知人には「おしゃれ」とほめられていた服を売りながら生活している、と漏らした。

 「1万円貸してください」。9月中旬、10年間以上会っていなかった同府寝屋川市の知人宅の玄関先で土下座する小川容疑者の姿があった。

 大阪府警によると小川容疑者はその2週間後の9月末、自宅マンションを出た。所持金はなく、自宅にも現金は残されていなかった。

 小川容疑者は10月1日午前1時半ごろ、数日前に大阪・ミナミで知り合った占師の男性と一緒に大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」に入った。1500円の利用料は男性に立て替えてもらい、「明日支給される生活保護費で返す」と約束した。その1時間あまり後、個室に入り、男性から預かったキャリーケースに火を放ったとされる。(北村哲朗、太田泉生)

アサヒ・コム
-----
750 :元気者警部:2008/10/10(金) 21:29:52
>>655
放火という発表がさかんに報じられているが、これは捏造である。
こういう場に客としてやってきて、自分の席に放火する犯人が、日本の歴史上、はたしていただろうか?ありえないといえる。

報道される内容は、でっちあげであり、彼はまちがいなく無実である。

また、この人物は、無職ではないだろう。
発表されている彼の発言(自白)、彼の身分、行動、証拠などは全て捏造されている。
現在、大阪府警の内部で、犯罪を捏造しようとしているのだ。

現在、彼は、不当に拉致、監禁されて、一方的に罪を捏造されようとしている。
これは凶悪な犯罪行為である。
現在の状況で、すべきことは、
大阪府警に機動隊を突入させ、小川容疑者とされる人物を奪還し、正しくその言い分を聞くことだ。
それが最も正しい行動であると思われる。
---------
彼らも、現在、不当に監禁され、しつように罪を捏造されようとしている。
他にも多数がそういう状態である。同様のことが言える。

【冤罪】
八王子市の無差別殺傷事件
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1189635798/172
事件はプロによる犯行である。歩いていた無関係の無実の人を逮捕し、そのまま全ての証拠と証言をでっちあげ、起訴した。
現在すでに殺人罪で起訴されている。
記事
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1189635798/172-201

参考 逮捕後、自白しないで、精神鑑定で不起訴にならず起訴される場合。野地卓の場合。
http://www.asyura2.com/08/bd53/msg/556.html
---
801 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/14(火) 19:06:42
続報
なにい・・?
無実の人がはめられている。でっちあげられている。(>>673)

個室ビデオ店放火後の数分間「記憶ない」と小川容疑者
 15人が死亡した大阪市の個室ビデオ店放火殺人事件で、逮捕された小川和弘容疑者(46)が弁護人に対し、「火を付けた後、数分間の記憶がない」と話していることがわかった。

 岡本栄市弁護士が12日、小川容疑者に接見後、報道陣に明らかにした。

 岡本弁護士は、公判段階で小川容疑者の精神鑑定を請求する方針を示した。

 岡本弁護士によると、小川容疑者は犯行時の行動について、「死のうと思い、火をつけたが、直後のことは思い出せない。数分後、煙とにおいがひどくて我に返り、我慢できずに個室を出た」と話したという。

 記憶がない理由について、岡本弁護士は「眠り込んだのか、ぼーっとしていたのかは分からない」と述べた。

(2008年10月12日21時32分 読売新聞)
---
826 :元気者警部:2008/10/15(水) 20:13:50
でっちあげられている。
でっちあげがすすめられている。

大阪の個室ビデオ店放火、小川容疑者を簡易精神鑑定へ
 大阪市浪速区の個室ビデオ店放火事件で、大阪地検は、小川和弘容疑者(46)(逮捕)について、簡易精神鑑定を実施する方針を固めた。

 小川容疑者は逮捕後、取り調べに対し「生きるのが嫌になり、どうでもいいと思った」などと供述する一方、接見した弁護人には「人を巻き込むつもりはなかった」と殺意を否定。「火をつけた後、数分間の記憶がない」とも話した。

 弁護人は公判段階で正式な精神鑑定を請求する方針を示しており、公判では責任能力の有無や程度が争点になる可能性がある。このため、地検は10日に小川容疑者の心理テストを実施。さらに、専門医の意見を聞き、起訴前に責任能力があることを確認したい考えとみられる。

(2008年10月15日11時03分 読売新聞)
----
833 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/16(木) 17:50:49
???
無実の人が、でっちあげられているのは間違いない。
本人が心神喪失の上に、検察などから言い含められているのではないか?

「事件後、記憶ない」=ビデオ店放火で容疑者−地検、簡易鑑定で判断・大阪
 大阪市浪速区の個室ビデオ店放火事件で、殺人容疑などで逮捕された小川和弘容疑者(46)が接見した弁護士に「事件後2、3分の記憶がない」と話していることが15日、分かった。
 大阪地検は、公判で争点となることが予想されるため、簡易鑑定を実施して同容疑者の犯行当時の精神状態について慎重に調べる方針。
 岡本栄市弁護士によると、小川容疑者は火を付けたことは覚えていると説明。しかし放火後、寝ていたのか意識がはっきりとしていなかったのか定かでなく、煙とにおいに我慢できなくなって逃げ出したと話しているという。(2008/10/15-21:59)
----
842 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/16(木) 18:48:01
でっちあげ

「事件前日に幻覚作用のお茶」 難波の放火・小川容疑者
2008年10月16日10時24分

 大阪の個室ビデオ店放火事件で、殺人と現住建造物等放火などの容疑で逮捕された小川和弘容疑者(46)に接見した岡本栄市弁護士は15日、小川容疑者が「事件前日に幻覚作用を感じるお茶を飲んだ」と説明していることを明らかにした。
小川容疑者は、このお茶と事件との関係について「影響があるかもしれない」とも話したという。大阪地検は、小川容疑者への簡易鑑定を実施し、事件当時の精神状態を調べている。

 岡本弁護士らによると、小川容疑者は事件前日の9月30日昼ごろ、大阪・ミナミで知り合った露天商の男性らと奈良県の宗教関係者の自宅でブラジル産のお茶を飲んだ。
小川容疑者は岡本弁護士に「お茶に変なものが入っていて気分が良くなかった」「覚せい剤のような成分が入っているかと思った」と説明したという。宗教関係者は朝日新聞の取材に対し「お茶は正規に輸入した合法なものだ」と話している。

 また、小川容疑者は「自分自身しらふで(事件を)起こすとは理解できない」「直後の2、3分は記憶がなく、煙が充満して怖くなって逃げた」と話しているという。

アサヒ・コム
----------
指令が?

現場を指揮した消防職員急死 難波・個室ビデオ放火事件
2008年10月16日10時26分

 大阪の個室ビデオ店放火事件で、現場の消防隊や救助隊の指揮にあたった大阪市消防局浪速消防署の警防担当司令(54)が11日に急死していたことがわかった。消防局によると死因は心不全で、事件との因果関係は不明だという。

 警防担当司令は78年採用。事件翌日の2日に局内で医師の診断を受けたが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や一酸化炭素中毒など事件の影響とみられる所見はみられなかったという。
関係者によると、警防担当司令は「私は大丈夫だから、隊員をみてあげて」と部下を気遣っていたという。

アサヒ・コム
----
853 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/17(金) 20:16:03
罪をきせられようとしている。冤罪。

小川容疑者に責任能力=大阪ビル放火、簡易鑑定で
 大阪市浪速区の個室ビデオ店が放火され、客16人が死亡した事件で、殺人などの容疑で逮捕された小川和弘容疑者(46)について、大阪地検による簡易精神鑑定で刑事責任能力があることを示す診断結果が出ていたことが17日、分かった。
 鑑定では、専門家が小川容疑者に心理テストや問診などを実施。その結果、「犯行当時、善悪を区別し、それに従って行動する能力があった」と診断された。(2008/10/17-17:47)
---
862 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/19(日) 01:02:56
すべての証拠と証言をでっちあげている。
罪をきせている。
本人が真実を語れるように手助けするべきだ。

殺人罪で起訴方針 ビデオ店火災、責任能力「あり」
2008年10月18日13時24分

 16人が死亡した大阪・難波の個室ビデオ店放火事件で、殺人や現住建造物等放火などの容疑で逮捕された無職小川和弘容疑者(46)について、大阪地検は17日、簡易精神鑑定の結果、刑事責任能力に問題はないと判断した。小川容疑者は大阪府警の調べにも殺意を認めたとされ、地検は殺人罪が適用できるとして、勾留(こうりゅう)期限の22日にも起訴する方向で捜査している。

 地検は公判で責任能力が争いになる可能性も見据え、専門医が心理テストや問診をする簡易鑑定を実施。その結果、事件当時の精神状態について「物事の是非善悪を適切に判断し、それに従って自らの行動を制御する能力があった」と診断されたという。

 府警の調べでは、小川容疑者は現場の店は初めてだったが、入店後に通路を歩き回って構造を把握したとされる。小川容疑者は弁護人に「巻き込むつもりはなかった」と説明しているとされるが、地検は客や従業員がいる密閉状態の店内で放火すれば多数の死者が出る可能性があるとわかったはずだとして、殺人罪の成立に必要な「未必の故意」が立証できるとみている。

アサヒ・コム
---
864 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/19(日) 01:07:17
>>863
のjiji.comの記事から、弁護士に話している内容がうかがえる。
これは納得できる内容である。

すると、その前の記事の内容はなんだったのだろうか?
↓↓↓↓↓↓↓
>>801
個室ビデオ店放火後の数分間「記憶ない」と小川容疑者
 15人が死亡した大阪市の個室ビデオ店放火殺人事件で、逮捕された小川和弘容疑者(46)が弁護人に対し、「火を付けた後、数分間の記憶がない」と話していることがわかった。

 岡本栄市弁護士が12日、小川容疑者に接見後、報道陣に明らかにした。

 岡本弁護士は、公判段階で小川容疑者の精神鑑定を請求する方針を示した。

 岡本弁護士によると、小川容疑者は犯行時の行動について、「死のうと思い、火をつけたが、直後のことは思い出せない。数分後、煙とにおいがひどくて我に返り、我慢できずに個室を出た」と話したという。

 記憶がない理由について、岡本弁護士は「眠り込んだのか、ぼーっとしていたのかは分からない」と述べた。

(2008年10月12日21時32分 読売新聞)
この発言はヘンだ。
↑これはガセネタではないか?

関連
>>826>>833
---

865 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/19(日) 01:07:43
↑岡本栄市弁護士が12日、小川容疑者に接見後、報道陣に明らかにした。

多分、この部分がガセネタなのだろうと思う。

どうだろう?
---
882 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/20(月) 02:19:46
>>863
彼は、「火を付けた記憶もない。(中略)寝た。煙とにおいで気が付いた」
と言っている。
この発言は、もっともである。

最初の報は、ガセネタと見たほうがいいだろう。17日に、これぐらいちゃんとした発言をする人間が、12日に、>>864このような破滅的な(>>629ありえない)発言をするはずもないからだ。

つまり、この場合、弁護士が12日に最初の接見をした、その内容が、報道陣に語ったことにされ、でっちあげられて報道されている。
しかも、その内容は、完全にでっちあげの罪をきせている。
---
884 :難波の個室ビデオ店火災:2008/10/20(月) 14:24:52
この流れだから、
弁護士に圧力かけるかもしれないな・・
---
914 :難波の個室ビデオ店火災・起訴:2008/10/21(火) 21:56:06
殺人罪で起訴されることになった。
本人は、まったく罪を認めていない。

全ての自白と、証拠をでっちあげている。
確実に冤罪だ。

放火の小川容疑者を22日起訴 大阪地検、殺人罪を適用
 16人が死亡した大阪・難波の個室ビデオ店放火殺人事件で、大阪地検は21日、殺人と放火などの罪で無職小川和弘容疑者(46)を、拘置期限の22日に起訴する方針を固めた。

 地検は、密閉構造の店内で放火したことを重視。逮捕した府警と同様、小川容疑者には火を付ければ死傷者が出るという「未必の故意」があったと判断し、殺人、殺人未遂罪の適用を決めた。

 一方、小川容疑者の弁護人によると、小川容疑者は当初、放火したことを認めた上で、捜査当局に「死んだらごめんなさいという気持ちがあった」と供述。しかし、最近の接見では「本当は火を付けた記憶がない」と話しているという。

 小川容疑者は浪速署捜査本部のこれまでの調べに「生活保護を受けるような今の生活が惨めになり、個室に入ってから、死のうと決めた」と供述。地検が実施した簡易精神鑑定では「犯行当時、刑事責任能力があった」との結果が出た。

2008/10/21 19:20 【共同通信】
---

915 :難波の個室ビデオ店火災・起訴:2008/10/21(火) 22:03:00
この部分も、確実に、全てでっちあげられている。
>弁護人によると、捜査当局に「死んだらごめんなさいという気持ちがあった」と供述。
>これまでの調べに「生活保護を受けるような今の生活が惨めになり、個室に入ってから、死のうと決めた」と供述。
---
922 :難波の個室ビデオ店火災 起訴:2008/10/22(水) 20:37:43
この内容はでっちあげられている。
> 小川容疑者は逮捕当初、大阪府警や地検の調べに対し、「自殺するつもりで火を付けた。死人やけが人が出るのはわかっていた」と容疑を認めたが、その後、「死ぬつもりはなく、放火もしていない。自分のたばこの不始末ではないか」と否認に転じているという。

個室ビデオ店放火、小川容疑者を殺人罪などで起訴
 客ら25人が死傷した大阪市浪速区の個室ビデオ店放火事件で、大阪地検は22日、大阪府東大阪市加納、無職・小川和弘容疑者(46)を殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の罪で起訴した。

 これまでの調べでは、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、同区難波中の雑居ビル1階「試写室キャッツなんば店」個室で、ティッシュペーパーにライターで火を付け、持っていたバッグ内の新聞紙などに放火し、男性客16人を殺害、客や近隣住民の男女9人に重軽傷を負わせた、とされる。

 地検は、小川容疑者が密閉状態だった店内の構造を把握し、火を付ければ他の客らが死亡するかもしれないという認識があったなどとして、殺人、同未遂罪の未必の故意があったと判断したとみられる。

 小川容疑者は逮捕当初、大阪府警や地検の調べに対し、「自殺するつもりで火を付けた。死人やけが人が出るのはわかっていた」と容疑を認めたが、その後、「死ぬつもりはなく、放火もしていない。自分のたばこの不始末ではないか」と否認に転じているという。

(2008年10月22日17時03分 読売新聞)
---

923 :難波の個室ビデオ店火災 起訴:2008/10/22(水) 20:38:02
別の報

小川容疑者を起訴=脱出困難、殺意認定−個室ビデオ店放火・大阪地検
 大阪市浪速区の個室ビデオ店に放火して16人を死なせたとして、大阪地検は22日、殺人や現住建造物等放火などの罪で無職小川和弘容疑者(46)を起訴した。同容疑者は当初「人が死ぬかもしれないと分かっていた」と供述したが、現在は殺意を否定。同地検は店の構造が袋小路で逃げにくく、ソファなどの可燃物が多かったことなどから、殺意があったと判断した。
 起訴状によると、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」の個室で自殺を企て、持っていたバッグの上にティッシュを置き放火。同店を全焼させ、男性客16人を一酸化炭素中毒などで死なせ、6人を殺害しようとして4人に重軽傷を負わせた。
 同地検の簡易精神鑑定で、専門家は「善悪を区別し、それに従って行動する能力があった」と診断。同地検は刑事責任能力を問えると判断した。(2008/10/22-20:17)
---

924 :難波の個室ビデオ店火災 起訴:2008/10/22(水) 20:38:13
別の報

容疑者「出火時、寝ていて記憶ない」 ビデオ店放火
2008年10月22日6時37分

 大阪の個室ビデオ店放火事件で、殺人と現住建造物等放火などの容疑で大阪府警に逮捕された小川和弘容疑者(46)が捜査側の調べに対し、「出火当時、寝ていて記憶がない」と容疑を否認したことが捜査側への取材でわかった。府警はこれまでの調べから、小川容疑者が未必の故意による殺意を持って放火したとの見方を強めており、大阪地検は22日、小川容疑者を殺人などの罪で起訴する。

 府警などによると、小川容疑者は離婚後、勤務先の大手家電メーカーをリストラ時に離職。自宅を手放し、最近は生活保護で暮らしていた。府警の調べに対しては当初、1日未明にビデオ店でDVDを見た後にこれらのことを振り返り、「何でこんなところにいるんだろうと惨めになった」と事件直前の心境について述べたという。

 さらに、火をつけたことを認めたうえで、「突発的に死にたくなった。(ほかの客が)一緒に死んだらごめんなさいと思った」と、「死んでもかまわない」という未必の殺意を認める趣旨の供述もしていたという。

 しかし最近になって、「出火当時は寝ており、放火はしていない。自分の部屋が出火元とすれば、たばこの火の不始末が原因かもしれない」「(火をつけたとされる)キャリーバッグを持ち込んだ記憶もない」と否認に転じたという。

 捜査関係者によると、ビデオ店の店員らが事件当時、小川容疑者がキャリーバッグを持って個室に向かうのを目撃したとの証言を得ているという。さらに同じ素材のバッグやテレビなどを使って燃焼実験し、小川容疑者の供述にもとづいてティッシュペーパーに火をつけバッグに移したところ、実際に炎が上がり、事件現場と同じような焼け方をしたという。

 小川容疑者は、店が複雑な構造で、ほかにも複数の客がいることを認識していた、とも述べているとされ、捜査当局は小川容疑者が殺意を持って火をつけたとみている。

アサヒ・コム
---  
942 :難波の個室ビデオ店火災・起訴:2008/10/24(金) 17:17:06
ビデオ店放火、小川容疑者起訴 大阪地検「殺意明らか」
2008年10月22日21時33分

 16人が死亡した大阪・難波の個室ビデオ店放火事件で逮捕された無職小川和弘容疑者(46)について、大阪地検は勾留(こうりゅう)期限の22日、殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の罪で大阪地裁に起訴した。小川容疑者は最近になって「火をつけていない」などと否認に転じたとされるが、大阪府警の調べに容疑を認めたとされる供述や、火災現場の構造などの裏付け捜査から殺意を立証できると判断。殺人罪での起訴に踏み切った。

 起訴状は、小川容疑者が1日未明、大阪市浪速区の雑居ビル1階「試写室キャッツなんば店」の個室で放火して自殺しようと決意した、とする内容。ほかの客への殺意をもって、キャリーバッグの中の衣類と新聞紙の上に、ティッシュペーパー数枚を置いてライターで火をつけて店内約240平方メートルを全焼させ、個室にいた男性客22人のうち16人を一酸化炭素中毒などで殺害、残る6人中4人にけがをさせたとしている。

 地検は、店内は密閉状態で避難が困難な構造▽個室にはソファベッドなど可燃物が多数あった▽就寝中の時間帯に放火すれば多くの客を死なせる恐れがあった――などの状況があり、小川容疑者もこれらを認識していたと判断。「殺意は明らか」としている。けが人は従業員らを含め9人とされるが、殺意の立証が可能な範囲で立件した。簡易精神鑑定の結果、責任能力にも問題はないとしている。

 一方、小川容疑者の弁護人はこれまでの取材に対し、「放火や殺意を認めた自白は意図的に作られた」と主張している。今後、簡易鑑定の内容を検証する予定で、公判で本格的な精神鑑定を求めることも検討している。

 今回の事件で、府警は、店やビル側の防火上の問題点も重なって多数の死傷者が出た疑いがあるとみており、業務上過失致死傷容疑で捜査を続ける。

アサヒ・コム
---  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。