★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 405.html
 ★阿修羅♪
パラレルワールド/10月14日にマシュー君がいう高次元の使者が来なかったこの世界
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/405.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2008 年 11 月 02 日 21:11:54: 8EItFG7yGzQIA
 

下らない話で恐縮ですが、ご興味のある方は空耳と思って読んでください。
私の知人に「どうも自分は元はパラレルワールドに居たのかも知れない。」と言う、超能力と霊能力を持つ人がいます。

以前に知っていたご家庭や店に行くと住所も名前も家族構成も一致するんだけれども顔つきや性格(大抵は前に知っていたその人達と較べてずっと悪い性格になっているそうです)が違っていたり、
知っていた行政書士さん等の事務所に用事があって行くと確かにそこに行政書士さんの事務所があるが名前も違っていて以前の行政書士さんはどこに行ったのか分からない等なんだと言います。

彼がもと居た世界では哺乳類のアヌンナキ神というのがいて、そのアヌンナキ神が有色人種のルーツとなるアヌンナキと地球の猿類とのハイブリッド地球人類を創造したというのです。
それで彼の世界では最後の審判というのが始まって神が余りにも厳しいので彼は逃げ出したくなって『神のいない世界を強く望んだ。』というのです。
「人間の脳の発する周波数が数ある未来の中から自分が行く世界を決めてしまう。この世界はあらゆる世界の中でも悪人ばかりでナチス帝国や悪魔崇拝に近い世界で最悪だ。アヌンナキも爬虫類で白人が地球人類のルーツの世界のようだ。でも神がいないので前よりはましに感じて満足している。」
と彼は言います。

どうも彼はちょっと高次元の世界から来たようですが、彼は信じられないくらい大雑把な性格なので「だいたい同じ世界ならいい。」とこの世界にそこそこ満足しているそうです。
彼も私も神を望んではいませんが、彼の話が本当なら、今の世界と違う未来を望むならば神を望む心とか責任とか勇気とかに鍵があると思わざるを得ません。

マシュー君や高次元に近い心を持つ予言者は高次元の心を持つ人達の世界に近いので、予言する使者や予言も高次元に近い世界では実現するものの低次元の心を持つ人達の世界では実現しないという事が言えるそうで、自ずと今の私達の心や世界のレベルとか暗澹たる未来が分かります。


今年のノーベル賞受賞者もパラレル・ワールドを肯定↓
『パラレルワールド』(ミチオ・カク) - Minor Swing @Room
http://blog.goo.ne.jp/rei-17/e/57a92729bdb16524a9285f83864975c4
「【追記】
ノーベル物理学賞の発表があり、三人の日本人が同時受賞されました。
素粒子物理学の分野での功績を認められたということです。
おめでとうございます。
米シカゴ大の南部陽一郎名誉教授は「自発的対称性の破れの発見」
小林誠名誉教授、益川敏英教授は「CP対称性の破れの起源発見」
『パラレルワールド』の中にそれについての記述が確かにありました。
何のことかさっぱりわかりませんが(笑)

本の中でも何人かの日本人の名前がありましたが、
もしかしてこの方々のお名前も乗っていたのでしょうか?
もう図書館に返却してしまったので確認できません。
『パラレルワールド』をお手元にお持ちの方、どうぞご確認下さいね。   」

『火星幻想】モントーク実験と次元の狭間に棲息する爬虫類人/遺跡調査というイラク侵攻の隠された目的』
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/250.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。