★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 474.html
 ★阿修羅♪
米國合衆國次期大統領バラク・オバマと2008年F1世界王者ルイス・ハミルトン
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/474.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 20 日 21:46:54: Gsx84HOp6wiqQ
 

 
 
 
 
モーター・レーシングは奴等の重要なパンとサーカスである。
バラク・オバマとルイス・ハミルトン。
共に黒人と白人のハーフ。
而もハミルトンはマクラーレン・メルセデスに乘つてゐる。
偶然では有り得ない。
 
 
ルイス・ハミルトン:プロフイール 【 F1-Gate.com 】
http://f1-gate.com/hamilton/lewis_hamilton.html
 
 
 
 
また、バーニー・エクレストンは2000年に
獨逸のメデイア企業にF1コマーシヤル權の75%を賣却するが、
其のメデイア企業が直後に倒産し(キルヒ)
結果的にバイエリツシユ・ランデスバンク、JPモルガン、
リーマン・ブラザースの3社の信託銀行がF1コマーシヤル權
(此れとてF1權利の一部)の75%の權利を有した。
すべてロスチヤイルド系銀行だ。
(F1フアンはかう云つた金融の背景にも注目していくと流れが見えやすい。
リーマンだけは某メデイア鬪爭で知られる方も増えましたが。)
 
 
F1マインドサーカス/2008: バーニーへの手紙                
『私たちは危險ををかすがゆゑに金をうけとつてゐる』 by ジル・ビルヌーブ
http://f1mind.seesaa.net/article/4476449.html
 
 
 
 
2008年08月07日
夏の夜の怪談〜其の2

 昨年獨逸フランクフルト郊外で開催されたマクラーレンSLRの試乘會での出來事です。試乘會の基地はロスチヤイルド家ゆかりの古い建物のホテルでした。館内には世界の富豪と成つたロスチヤイルド家の初代マイヤー・アムシエルの五人の息子達の繪が飾つてあつたのです。其の晩はメルセデスのエンジニアと懇談し、ぐつすりと二階の部屋で眠りについたのでした。
 扨て、此處からは夢の出來事です。
「部屋の外で人の聲が聞こえたので廊下にでました。子供の聲がするドアの前にきたのですが半開きに成つてゐたので扉を開けました。すると、夕方みた五人の子供達の一人の坊やが部屋の中央に立つてゐたのです。<グーデンターク>と獨逸語で聲をかけると坊やはこちらを振り嚮きました。其の時、坊やの顏は眞つ白ののつぺらぼうだつたのです。
私は思はず大聲をだしたら、夢から覺めたのです」
時計を見るとジヤスト深夜三時でした。
 次ぎの日は同じフランクフルトでも違ふホテルに泊まりました。昨夜の怖い思ひがあつたので、ゆつくりと眠れると期待してました。ところが、其の夜も同じ夢を見ました。坊やが振り嚮くと顏がないのです。叫んで夢から覺めて時計を見ると三時でした。其の次ぎの日も、また次ぎの日も、、、、。日本に歸國するまでロスチヤイルド家に取り憑かれたみ度いでした。
 
 
夏の夜の怪談〜其の2 - 清水和夫 【 みんカラ 】 ブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/360795/blog/9814988/
 
 
 
 
Re:オバマが、自分は”雜種だ”と公言してゐたのも氣になる
http://www.asyura2.com/08/dispute28/msg/456.html
投稿者 仁王像 日時 2008 年 11 月 09 日 14:43:44: jdZgmZ21Prm8E
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。