★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 544.html
 ★阿修羅♪
加藤周一さん死去=文化から政治まで幅広く評論   【時事通信】
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/544.html
投稿者 愚民党 日時 2008 年 12 月 07 日 08:51:07: ogcGl0q1DMbpk
 

加藤周一さん死去=文化から政治まで幅広く評論

 文化芸術から時事問題に至るまで幅広い分野を論じ、戦後を代表する知識人として知られた評論家の加藤周一(かとう・しゅういち)さんが5日午後2時、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻で評論家の矢島翠(やじま・みどり)さん。

 東大医学部卒。在学中は血液学を専攻する一方で、文学にも傾倒。戦時中に福永武彦、中村真一郎らと詩の運動グループを立ち上げ、戦後発表した「1946・文学的考察」と「マチネ・ポエティク詩集」(いずれも共著)で注目された。

 その後、医学留学で訪れたフランスでも文化研究を続け、その体験を基に帰国後、日本人を多様な視点でとらえた「日本文化の雑種性」を発表。58年から評論、執筆活動に専念した。

 扱うテーマは、日本の古典、ヨーロッパ文化、歴史など多岐にわたり、「文学と現実」「抵抗の文学」「雑種文化」「現代ヨーロッパの精神」、自伝「羊の歌」、小説「ある晴れた日に」など数々の著作を発表。80年には「日本文学史序説」で大佛次郎賞を受賞した。98年には初の書き下ろし戯曲「消えた版木 富永仲基異聞」を発表して話題を呼んだ。

 熱心な護憲活動や平和運動でも知られ、2004年には作家の大江健三郎さんらとともに「九条の会」の呼びかけ人に。核や日米安保などに関する発言も積極的に行った。
 米エール大や独ベルリン自由大など海外の大学で教壇に立ったほか、上智大教授、立命館大客員教授なども務めた。(了)

(2008/12/06-10:59)

http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2008120600193


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。