★阿修羅♪ > 中国1 > 234.html
 ★阿修羅♪
「暴行受ける理由ない」 武装警官に憤り 本紙記者ら拘束で(東京新聞)
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/234.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 8 月 05 日 19:54:12: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008080590180941.html

【国際】
「暴行受ける理由ない」 武装警官に憤り 本紙記者ら拘束で
2008年8月5日 18時09分

 【カシュガル=池田実】「暴行を受ける理由はなく、納得がいかない」。新疆ウイグル自治区カシュガルの事件現場を取材しようとしていた本紙カメラマンの川北真三記者(38)は武装警察官に対し、憤りをみせた。

 拘束されたのは、テロ事件発生から半日以上たった4日午後10時45分ごろ。カシュガルに到着し、トラックが突っ込んだ現場に向かっているところだった。

 現場では10人ほどの各国ジャーナリストが取材していたが、「突然、数人の武装警察官に取り囲まれ、そのまま身体の自由を奪われ、連れ去られた」。

 テロ事件現場からやや離れたところでは、取材中の日本テレビの記者も突然武装警察官に羽交い締めにされていた。

 川北記者は、脇腹をけられ、頭を足で踏み付けられた。またテレビの記者はあごなどを殴られたという。

 武装警察官はカメラマンらに対して撮影した内容について強く尋問。軟禁状態の間、彼らは辺境部隊内の敷地内で武装警察らが銃に実弾をこめる場面などを見ていた。

 一方、香港の記者は「拘束後、撮影していたテープを消された」と話している。

(中日新聞)

=============================================

【関連記事】

中国・新疆で爆破テロ 五輪標的か 国境警備隊16人死亡(東京新聞)
http://s03.megalodon.jp/2008-0805-1950-55/www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008080402000240.html

新疆襲撃:邦人2記者に暴行 武装警官謝罪へ(毎日新聞)
http://s03.megalodon.jp/2008-0805-1953-06/mainichi.jp/select/jiken/news/20080805k0000e030030000c.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 中国1掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。