★阿修羅♪ > 中国1 > 344.html
 ★阿修羅♪
中国の戸籍制度では生まれてくる子供は母親の戸籍が継承される。
http://www.asyura2.com/08/china01/msg/344.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 12 月 13 日 22:13:40: YdRawkln5F9XQ
 

(回答先: Re 中国は「自殺大国」世界一 > 中国を良く知るには「戸籍制度」 投稿者 kokopon 日時 2008 年 12 月 13 日 09:46:06)

http://www.chinalabo.com/taki/lecture/lecture_27.html

 長年の血の出るような勉学の結果、晴れて上海戸籍(都市戸籍)を手にした若者が故郷に錦を飾り、出身地のかわいい娘さんと結婚するのは中国では稀なケースである。
 現在の戸籍制度では生まれてくる子供は母親の戸籍が継承される。このためせっかく自分は上海戸籍となっても結婚相手の女性が農村戸籍なら生まれてくる子供は農村戸籍のため子供に自分と同じ苦労(大学の入試も戸籍により入試問題が異なり上海戸籍者は優遇されている)をさせなければならない。これは何とか避けたいと考えるのはいずこも同じ。
 そこで何とか上海戸籍の女性と結婚し子供も上海戸籍となることによって初めて自分の努力が報われることとなる。一方、もともと上海戸籍の若者は相手がいくら素敵な女性でも子供が農村戸籍では親、親戚、友人に面子がない。友人や知人が結婚すると聞き、必ず話題になるのは相手の戸籍である。もし、農村戸籍の女性なら「彼は何か欠陥があるのか?」と噂されることとなる。お解りいただいた通り、かくして上海の女性(正確には上海戸籍の女性)は上海の男性はもとより地方出身者からも憧れの的となりいつの間にか「モテモテの自分」を意識し家庭に君臨する。

 上海の男性の友人は多いが一様に「奥様」には弱い。カラオケやマッサージで夜9時を過ぎる頃から頻繁に携帯電話が鳴り出し、ひどいのになると30分おきにチェックが入る。共稼ぎが多いこともあるが彼は家に帰ると「料理、洗濯、掃除」を受け持っている。
 中国ジョーク集に「中国、三つの宝(中国三宝)」と言うのがある。一つは「万里の長城」二つ目は西安にある「秦の始皇帝兵馬俑」、三つ目は「上海の男性」。
上海女性の強さも結婚すると権利落ちとなるはずだが、身についた習慣で上海男性は一般的にやさしい。むしろこの厳しい監視下でそれでも何とかごまかしながら遊ぶというスリルに密かな楽しみを見出している。

 さて、長々と中国の戸籍制度の仕組みを書いてきたが、会社を経営するにおいて、この戸籍制度を知っているか知らないかで大きな差が出てくる。とりわけ優秀な学卒者や通訳の採用、社員の定着率において企業進出の工場立地決定の重要な判断基準となる。
 中国ではレベルの高い学卒者、優秀な幹部や技術者は大都市に集中する傾向となり、これらの人材を多く必要とする企業は土地の価格や労働コストと併せて事前に十分検討しておかないと工場が実際に動き出してから人材確保と定着率に苦労することとなる。
 上海で工場を経営している経験から言うと、概して農村戸籍者は辛抱強くよく働く。賃金は同じだが先月号でお伝えしたとおり福利コストが安い(上海戸籍者の1/3以下)ので多いほど有利で当社の場合も現場作業者の80%以上が地方出身者となっている。
 なお、以前はこの地方と地元出身者の比率を労働局が一定の規制をしていたが、現在は自由(上海市青浦区)となっている。


お詫び:前回レポート(No.26)で“1988年頃、大学生の就職状況が悪かった”
とありますが“1998年”の間違いです。 お詫びして訂正いたします。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 中国1掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。