★阿修羅♪ > 国家破産60 > 869.html
 ★阿修羅♪
Re: いい事言いますねぇ
http://www.asyura2.com/08/hasan60/msg/869.html
投稿者 Ddog 日時 2009 年 1 月 02 日 12:41:33: ZR5JcjFY1l.PQ
 

(回答先: いい事言いますねぇ 投稿者 DOMOTO 日時 2008 年 12 月 31 日 17:15:02)

どうもありがとうございます。

先日ビートたけしが東条英機を演じた「あの戦争はなんだったのか」があり私はほんの数分程度しかみることができませんでしたが、原作の保阪正康氏の新潮新書は熟読いたしました。同じく新潮新書の井上寿一著「昭和史の逆説」を読むと、天皇陛下はじめ誰もが無謀とはわかっていたが、誰もが「ノー」とは言えず、曖昧のまま坂道を転げ落ちるように太平洋戦争に突入していってしまった。時代の流れと言ってしまえばそれまでのことだが、どうも昨今のアメリカも同じように見えます。

米ソ冷戦に勝利した米国がつかの間の美酒に酔い、愚かなクリントン政権が今日の米国の新たな衰退の原因となる種を撒いた。ウォール街を甘やかせ、エンロン事件やITバブルを発生させ崩壊させた。ITバブルを対処療法で乗り切ろうとしたグリーンスパン。さらに擬似戦争経済でバブル崩壊に対処したブッシュ政権。この二名を悪人役を演じさせる素となったのは、新国務長官の夫クリントン政権とオバマ新政権のスタッフ達である。日本が太平洋戦争に転げ落ちていく過程と、昨今の米国情勢は重なる部分が大いにある。

小室直樹著「新戦争論」序文
{{{--------------------------------------------------------------------------

戦争は高度な文明の所産である。

それゆえ「野蛮な戦争はもうごめんだ」。という主張は、自己矛盾をはらんでいる。戦争は野蛮な行為ではないからである。

第一次大戦と第二次大戦の戦間期に、パシフイズムといわれる運動が、ヨーロツパを席巻したことがあった。パシフィズムとは「平和主義」という意味だ。学生も労働者も野蛮な戦争はもういやだ、絶対に銃はとらないと叫んだ。どの国の政治家も、この運動に賛意を表した。そうしないと、次の選挙での当選が望めなかったからだ。失言して本心を言ってしまい、大臣の座を追われる政治家の多い日本の現在と、似ている。

それでは平和がもたらされたか。歴史は皮肉なことになった。パシプイズムは、世界史上、もっとも悲惨な、もっとも大きな戦争をもたらした。彼らの平和運動は、ヒットラーの揺藍(ゆりかご)となったのだ。なぜ、そんな馬鹿なことになったのか。それは、一にかかって、全員が、戦争を野蛮な行為と誤解した点にある。

本質を誤った運動は、たいへんな副作用をもたらす。平和をとなえ、願えば平和がくるという、心情的な「念力主義」は、役にたたないだけでなく、危険だ。戦争を、人類が生みだした最高の文明として、とらえ直し、論理をそこから再出発させる必要がある。

戦争は制度である。

国家とか経済とか家とか学校とか、われわれの杜会は、多くの制度を生みだした。制度とは、何かの目的を達成するための枠組みである。戦争も同じ制度なのだ。その目的は、国際紛争の解決、ということにある。
この前の大戦を、日本は、世界中を相手に戦った。この大戦の原因を一言で言えば、北東アジア大陸の支配権をめぐる抗争ということになろう。日米両帝国主義の存続にかかわる大紛争だった。紛争は解決されなければならない。そのままでは、国際杜会は「中毒症状」におちいり、機能しなくなる。癌の重症患者のように、たとえ危険度は高くても、手術=戦争を行なうよりほかはない。手術は実際に行なわれ、国際杜会は健康になった。

健康になって得したのは、戦勝国だけではない。日本もそうだ。日本は、戦争なしで、当時の満州や中国での利権を放棄する用意はなかった。当たり前のことだ。敗戦によって強制的に放棄させられた。死闘の後だから、あきらめもついたのだ。完全にあきらめさせられたために、戦後まったく別の大戦略に転換できた。そして高度成長を達成し、自由貿易の利益をほとんど独占的に享受できるという幸運に恵まれたのだ。

制度としての撃を、結果として、もっと有効に利用した国こそ、日本なのだ。この事実がありながら、多くの日本人は、それをまったく意識していない。奇妙なことだ。
戦争は高度に力跡的な緋跡である。この大前提を、ひとりひとりが、しっかりと把握することなくして、われわれの杜会から、戦争がなくなることはないだろう。
-------------------------------------------------------------------------}}}

米国は国内に矛盾が生じたときに戦争を引き起こす。それがイラク戦争であったのかもしれないが、どうやら次の戦争はそれですまない可能性を考えなくてはならないかもしれない。オバマやヒラリーは平和主義者のような言動が目立ち、歴史の流れのシンクロ率が上昇するのではないかと私は大変危惧しています。

しかしながら、高度に複雑に絡み合った世界経済を見た場合、例えば米国の兵器の部品に中国製品が使われたり、中国の兵器も主力戦闘機の部品供給を握るロシアの支援がなければ、戦争遂行は不可能。今日BRICsやG7の個別の国が戦争を引き起こしたとしても、たちまち物資不足に陥り工業製品農作物の供給が簡単に止まってしまい、物理的な戦争は不可能かもしれない。(マクドナルド理論:マクドナルドがある国同士は、世界物流に組み込まれているため戦争が引き起こせない:コソボとか例外はあったが・・米中が物理的戦争が不可能な理由の一つとして引き出される)

歴史の流れからすると、何らかのリセット行為が用意かもしれない。

イスラエルのパレスチナ攻撃がその引き金の一のような気がしてなりません。今日イスラエルロビーは巨大詐欺事件で弱っている点、金正日の病気説とともに北朝鮮の動きが気になるところです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産60掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。