★阿修羅♪ > 不安と不健康14 > 184.html
 ★阿修羅♪
晴れぬ視界:ヨコスカ・米原子力空母配備/上 被爆経験…続く恐怖、後遺症 /神奈川【毎日】
http://www.asyura2.com/08/health14/msg/184.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2008 年 9 月 21 日 16:07:07: YdRawkln5F9XQ
 

晴れぬ視界:ヨコスカ・米原子力空母配備/上 被爆経験…続く恐怖、後遺症 /神奈川【毎日】
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20080921ddlk14040129000c.html

 ◇信用できぬ「安全」−−裏付けせぬ国や市
 眼下の東京湾を米軍艦船が行き来する。米軍横須賀基地がある横須賀市中心部から南東約4キロ、高台の新興住宅地に建つ自宅で、主婦の村山恵子さん(69)が語る。「放射能は目に見えないから怖いんです」。6歳の時、長崎市で被害に遭った「入市被爆者」だ。

 最近発覚した米軍艦船事故が村山さんの頭をよぎる。配備間近の原子力空母「ジョージ・ワシントン(GW)」内の火災、原潜「ヒューストン」の放射能漏れ。「米軍は何か起きても公表しないことがある。信用できません」と怒りをにじませる。

 生家は爆心地から約1・5キロだった。長崎県島原市のおば宅にいて直撃は免れたが2日後、母弟と長崎へ。数日後から下痢続きの急性症状に襲われた。弟は体中からうみが出て15歳の若さで、母は子宮がんで25年後に他界。村山さん自身も背中にうみがたまり、病気がちになった。68年に夫の転勤で横須賀に移り住んだ後も、忘れたころに現れる皮膚のできものに「がんでは」とおびえる。

 「放射能の恐怖と後遺症は延々と続くのです。悲しみと憎悪も」

 その放射能を抱えるGWは、安全なのか。米海軍作成の「原子力軍艦の安全性に関するファクトシート」(06年)は、艦内の加圧水型原子炉に関し「4重の防護壁があるため、爆発しても放射能が短時間に放出されることはない」と言う。

 昨年11月、原子力空母事故を想定した初の合同防災訓練に、米軍が応じた。ただ「放射性物質が漏れ、住民や環境に悪影響が出る事故は起きない」と言い張り、市民は参加できず、今年も同様だ。一方、市は「安心感確保のため」(蒲谷亮一市長)、市民参加の別訓練を10月下旬に行う。

 県原爆被災者の会横須賀支部「なぎさ会」(258人)の楠本光雄事務局長(72)は「シートを信用し、受け入れを容認しているのに矛盾した対応だ」と批判する。

 シートを盾に安全性を強調する国や市。GWに立ち入る権限がないのは事実だ。だが村山さんは言う。「裏付け調査もせずに、うのみにする姿勢はあまりにも安易だ」。不信や不安も重なり、悪夢がよみがえる。

   ◇   ◇

 GWが25日、米海軍横須賀基地に国内で初めて配備される。放射能漏れ事故や米兵犯罪の恐れがもたらす不安、「仕方ない」というあきらめや無関心。たちはだかる軍事機密の壁。原子炉を積んだ巨大艦船と、軍都ヨコスカはどう向き合っていくのか。視界は晴れぬまま、その日が来る。

毎日新聞 2008年9月21日 地方版

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康14掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。