★阿修羅♪ > ホロコースト5 > 149.html
 ★阿修羅♪
オウム被害給付金:被害者らが申請---ドイツのホロコースト被害者への給付金支給との類似性
http://www.asyura2.com/08/holocaust5/msg/149.html
投稿者 堀奈 日時 2008 年 12 月 18 日 14:52:17: BV7dSl6KiUiyA
 

オウム被害給付金:被害者らが申請 救済法施行受け
http://mainichi.jp/select/today/news/20081218k0000e040051000c.html

「オウム真理教犯罪被害者救済法」(今年6月成立)が18日施行され、教団による一連の事件の被害者らが各警察本部などに給付金の支給申請を始めた。95年の地下鉄サリン事件で亡くなった営団地下鉄(現東京メトロ)職員、高橋一正さん(当時50歳)の妻シズヱさん(61)ら被害者3人は18日午前9時ごろ、警視庁を訪れ申請書を提出した。
 警察庁によると、給付対象は38都道府県の約6600人。申請期間は18日から原則2年間。被害者らは居住地の警察本部などに申請し、各公安委員会が支給を決める。ほとんどは事実関係が確認できているため、本人確認が済めば支給が認められるという。
 ◇「被害者の実態、把握を」 会見で高橋さん 
 申請後に記者会見した高橋シズヱさんは「警視庁に行くのに霞ケ関駅を通り、ここで主人が倒れて14年目になるんだな、と感慨深く思った。この機会に、警察は被害者が今も苦しんでいるという実態をきちんと把握してほしい」と訴えた。
 ◇オウム真理教犯罪被害者救済法
 今年6月成立。給付対象は地下鉄・松本両サリン事件や坂本弁護士一家殺害事件など8事件の被害者と遺族。被害を6段階に分け、▽要介護の障害に3000万円▽死亡と重度障害に2000万円▽その他の障害や傷病に500万〜10万円が支払われる。財産的被害や元信者は対象外。警察庁は総額約15億円の給付を見込んでいる。

[コメント]
 従軍慰安婦の被害者に補償金が支払われるのと同じ構図でなかろうか?
 ホロコーストの被害者にドイツから莫大な補償金が支払われるのにも似ている。
 被害者と名乗り出る人の中には、補償金目当てにうそを言っているという説もある。

 それに比べて中国は偉大だ。南京大虐殺に対しては日本は莫大な補償金を支払ってもいいはず。
 疑わしきは罰せずという中国は信義を守る国と見た。保証金目当てに騒いでいる一部の中国人は
別だが。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト5掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。