★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板3 > 221.html
 ★阿修羅♪
京都議定書に関連する記述は、少し勉強してから投稿してください。
http://www.asyura2.com/08/nature3/msg/221.html
投稿者 スパイラルドラゴン 日時 2008 年 5 月 31 日 01:08:43: 0zaYIWuUC0gac
 

(回答先: 為政者側を擁護してきたのは御用学者たち。 投稿者 ダイナモ 日時 2008 年 5 月 30 日 19:39:35)

あなたの思考能力をフルに発揮しても、京都議定書のカラクリを解き明かすことは出来ないと思います。
でも、次に紹介する本を読めば、地球温暖化問題に対してはブッシュ大統領が一方的な悪では無いことが理解できると思います。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2
http://www.amazon.co.jp/%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%82%8A%E9%80%9A%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B2-Yosensha-Paperbacks-029-%E6%AD%A6%E7%94%B0%E9%82%A6%E5%BD%A6/dp/4862481825

(一部引用)

ヨーロッパの作戦に対して、日本はまったく無防備だったが、アメリカは対抗策を打った。それが1997年7月にアメリカ上院でバード民主党議員とヘーゲル共和党議員が中心となって提出した「バード=ヘーゲル決議」であった。

アメリカでは、政府が調印してくる国際条約を上院が批准する。それも賛成が3分の2以上でなければならない。だから国際条約について、議会は十分な力を持ったいたのだ。そして、ゴア副大統領が京都に行く前に「決議」を行った。

その内容は驚くべきものだ。

「アメリカ経済に深刻な被害を与えるような条約、発展途上国による地球温暖化防止への本格的な参加と合意が含まれない条約には批准しない」

つまり、京都議定書では発展途上国が二酸化炭素の削減に反対することが確実だったから、アメリカは最初から京都議定書で締結された条約を批准しないことを、内外に表明してゴア副大統領を送り出したのである。

その決議は全会一致(95:0)であった。批准には3分の2の賛成が必要なのに、ゴア副大統領の支持基盤である民主党も全員がこの決議に賛成した。

日本のマスメディアは、ブッシュ大統領が京都議定書に反対したと言っているが、これは見当外れの解説だ。

アメリカは当初から「署名しても批准せず」であったから、ゴア副大統領の署名は、地球温暖化を政治課題にしている自分の保身のためであり、どんな条件で署名しても、発展途上国が削減協力に入らない限りは、安心して署名できたのである。

もちろん、そのことをヨーロッパ勢はよく知っていた。

 ヨーロッパ勢の作戦は、自分たちがアメリカより強い立場にあって会議を主導できること、アメリカは抵抗せずに調印し批准しないこと、中国やインドは削減の義務を負わないこと、そしてターゲットとなった日本だけが義務を負うことになること、それはやがて日本の経済発展を阻止して、自らの国の産業に利すること・・・それらはすべて計算済みだったと思われる。

(引用終わり)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 環境・エネルギー・天文板3掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。