★阿修羅♪ > 日本の事件28 > 486.html
 ★阿修羅♪
小泉容疑者の父「どう対処したらいいのか…【スポニチ】
http://www.asyura2.com/08/nihon28/msg/486.html
投稿者 tk 日時 2008 年 11 月 23 日 15:01:19: fNs.vR2niMp1.
 

(回答先: 「次官刺した」と男出頭 血付着のナイフ所持(東京新聞) 投稿者 gataro 日時 2008 年 11 月 22 日 23:08:36)

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20081123018.html

小泉容疑者の父「どう対処したらいいのか…」

 元厚生次官ら連続殺傷事件に関連し、銃刀法違反容疑で逮捕された無職小泉毅容疑者(46)の父親(77)は23日未明、山口県柳井市の自宅で取材に応じた。父親は、22日夕に小泉容疑者から約10年間途絶えていた電話があったと明らかにした上で「どう対処したらいいのか。わが身をささげないといけない思い」と話した。

 電話があったのは22日午後5時前。「手紙を送ったから読んでくれ。あした着くはずだから」。10数秒で切れた。声は明るく、「嫁さんでももろうたんかな」と感じたという。

 父親によると、小泉容疑者は柳井市の高校を卒業して佐賀大理工学部へ進学。中退し、東京のコンピューター関係会社で働いた。宅配便のアルバイトもしたがいずれも長く続かなかった。

 その後、家業を継ぐためアイスクリーム卸会社の山口県内の営業所などで勤務。約2年間働くと「ええ仕事があった」と言って埼玉県に行き、以来、実家への連絡は1度もなかった。

[ 2008年11月23日 11:18 ]

----

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2008/11/23/03.html

とんでもない動機?「ペット殺され腹立った」

 人影まばらな土曜日の夜。警視庁のある東京・霞が関に衝撃が走った。

 警視庁にレンタカーの軽乗用車で乗り付け、警備の警官に「次官を殺した」と告げた男。助手席には無造作に置かれたポリ袋やリュックサック。警官や報道陣が取り囲み、騒然とする中、鑑識活動が行われた。

 車は同庁正面前の歩道の上に斜めに突っ込むように停車。男をこうじ町署に同行した後、ブルーシートに覆われ、30〜40人の警官が周囲を取り囲み、内部などを調べた。

 同庁は皇居に近い桜田門前にあり、通行量の多い国道に面している。機動隊の車両が軽乗用車と国道との間に入り、渋滞などの混乱を避けようと、警官が緊張した表情で行き交うタクシーなどの交通整理に当たっていた。

 男が出頭したとの連絡を受け、警察庁には刑事局幹部らが慌てた様子で登庁。

 一方、こうじ町署には約70人の報道陣が殺到。周囲にはテレビのニュース番組の中継車などが続々と集まった。

 「男出頭」の一報に、厚生労働省には人事課や広報室など大臣官房の職員が次々と登庁。週末の夜の事態の急展開に、人事課の職員は、幹部への電話連絡に追われた。男が「保健所にペットを殺されたから」と話しているとの報道に、幹部らは「二重にショックだ」と凍り付いた。

 男が銃刀法違反容疑で逮捕されたのは23日未明。その後、さいたま市の小泉毅容疑者(46)だと、明らかとなった。

[ 2008年11月23日 ]

−−−−

容疑者と被害者との接点がほとんどない。

基本的には秋葉原事件と同じ動機であり、「誰でもよい」が批判されたので、「悪い奴」に狙いを変えた、ということか?

まだ、よくわからぬ。父親に送った手紙が謎解きのキーになるのか?

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 日本の事件28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。